FC2ブログ
プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
レッド・スパロー
『レッド・スパロー』公式サイト



『レッド・スパロー』日本版予告 (2018年)



ロシアの女性スパイを描いたサスペンス作品。
叔父に才能を認められ、母と自分の生活を盾に利用される形で女性スパイとなったドミニカが
アメリカと通じているロシア政府高官(モグラ)を炙り出すために、CIAのエージェントと接触…
といった内容。
状況が状況だけに、ドミニカが祖国の為に動いているのか、それとも任務を利用して、叔父の
影響下から逃げようとしているのか、そのあたりがはっきりしないままストーリーが展開して
いくので、ハラハラ感が堪りませんでした。
前半の、スパイ養成学校でのシーンは割と退屈ではあるんですけど。

モグラ本人から「自分を突き出して、君が後を継いでくれ」などと言われたりもするんですが
結局最後は、叔父に濡れ衣を着せてモグラとして処分させ、CIAとのコネクションを保ったまま
ロシア内での自分の地位を確立する、という終わり方。
作中ではドミニカの思想など全く明かされてないので、モグラ氏と同じく親アメリカの反政府の
道へ進むのか、それとも…? といった、なんとも後味の悪い終わり方も最高でした。
実際、最後のモグラ氏も浮かない顔を見せてたように思えますし。

叔父を嵌めるのも、最初からそのつもりで動いてたのが作中で示されていたり、なかなか
不気味なキャラではあるんですよね、ドミニカ。
このあたりやら細かい展開はイマイチ初見ではついていけないところもあったので、原作を
読んで補完する事にします。

最後に、非常にどうでもいいんですけど、あのおっぱいでボリショイのプリンシパル設定は
無茶があるのでは←

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tlot.blog.fc2.com/tb.php/373-c1e9443a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)