FC2ブログ
プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』公式サイト


3月いっぱいで日本での上映権が切れるという事で、数カ所の映画館で再上映されてたので
観に行ってきました。

ポップな雰囲気のポスターなどを見てると、嬉し恥ずかしラブコメディな映画なのかな、と
思ってたんですけど、結構ガチなサスペンス復讐劇でしたわ…
とは言っても序盤は普通にラブコメ要素強めだし、全体的にコミカルな作りではありましたけど。


映画の内容は、めちゃくちゃツボでした。まずヒロインが可愛い。めちゃくちゃ可愛い。
終盤のアレも凄みと目力が半端なかったですし、可愛いだけじゃないのも良いですね。

お話の展開も、かなり好みなんですよね。喪失感のあるお話が大好きなもので←
好きになった女性が実は既婚者で子供も出来てたとか、切な過ぎますわ…
ってか、既婚女性がシンドゥールと呼ばれるメイクをする習慣がある国でこんな目に遭ったら
きっとトラウマになります私w
また、オームが死ぬシーンもめちゃくちゃ悲しい。
オーム役のシャー・ルク・カーンが良いキャラクターしてて、ものすごく魅力的だったんですよね。
一発でファンになりました←チョロい


復讐劇ではあるんですけど、視聴後明るい気持ちになれるのも、この作品の良いところです。
前半の緩いパートの存在はもちろん、エンドロールがめっちゃ楽しげなんですよね。
出演者はもちろんスタッフさんも登場して、歓声を浴びながらレッドカーペットの上を
練り歩くという非常に楽しい映像になっておりまして…
編集さんやメイクさんなど、本当に大勢のスタッフさんが楽しそうに登場されて、ほっこりします。
こういうの、もっと一般的になりませんかね^^;


エンドロール



上映権が切れるに伴い、ソフトの方も廃盤になるという話を見かけたので、慌ててBDも買いました。
Amazonではまだ普通に手に入るみたいですけど…
また劇場で観られる機会が出来れば嬉しいんですけどね。




(18.04.18追記)
BD特典のメイキング映像を観たんですが、劇中に登場する撮影スタジオのエピソードがビックリでした。
作中では

 ・70年代に建設されるが、ムケーシュが燃やす→現代編では廃墟化。オームが改修して再利用

という流れで、てっきり撮影は廃墟化前・改修後のシーンを撮った後に、実際に燃やしてから廃墟化した
スタジオのシーンを撮ったんだと思ってたんですが、実際の撮影でも

 ・スタジオのセットを作って撮影→燃やして廃墟化したシーンを撮影→セットを改修して撮影

という流れだったそうで… メイキング映像でシャー・ルクが「セットには投資した」と言ってましたが
手間暇掛けてるんですねぇ… こだわりがすごい。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tlot.blog.fc2.com/tb.php/370-30f12e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)