プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
脊髄腫瘍になりました。 〜入院まで
前回からの続き。

検査で腫瘍が発覚し、帰宅した後もひたすら病気や入院などについて調べてました。
今回初めて知ったのですが、健康保険の制度に限度額適用認定証というのがあるんですね。
大雑把に言うと、通常は3割負担の医療費が定額+α になる制度です。
自分の場合、これを利用すると入院費用がほぼ一桁万円台でおさまりそうだったので
大きな心配事がひとつ減って、一気に気が楽になりました。
(実際は諸々で10万円越えましたけど)


週明けには、会社にも報告。こちらもあっさりと受け入れてもらい、一安心。

その週のうちに、紹介状を持ってB病院へ。
足と手の状態を軽く調べた後、早めに手術を受ける事を勧められる。
「最短なら1週間後の手術が可能です」
さようなら、Kalafinaわくわくホリデーホール公演その他諸々…

その後詳しい診断の為、採血、心電図、肺活量、検尿、レントゲン、CT撮影、MRI
撮影(造影剤を使用)を受ける(...ってこれ既に、手術準備の検査も入ってますよね?)

「A病院のMRIを見た時は、悪性かと思いましたが」
勘弁して下さい。
「まあ良性の神経鞘腫と見てよいでしょう」
良かった。
「脊椎も壊しにかかってきてるので、ボルトなどで補強しないとダメですねこれ」
なるほど…


この後手術のリスクを説明される。
「髄膜のパッチがうまく適合しなかったり、手術痕に膿が発生すると、再手術」
「手術後は一時的に、麻痺症状が悪化する事も」
(どちらも数%くらいの確率と言われました)

足の状態を見る限り、うまくいけば1週間〜2週間で退院、5月には復職可能。
また症状の改善も期待出来るだろう、との事でしたので、最短の日程で入院・手術の
日程を組んでもらいました。手術前日からの入院。

翌日、職場に欠勤届けを提出。帰り道、病院で貰ったしおりをもとに入院用の小物を
買い込む。だいたいは100均で揃いましたけど、ストロー付のボトルだけ通販で購入。

さらに翌日、追加検査をしたいので1日入院を早められないか、との連絡有り。
恐らく大丈夫だとは思うが、腫瘍の中に血管が大量に走ってる事があり、手術の内容にも
影響するので造影剤を使ったCT撮影をして、確認しておきたいとの事でした。
うーん、あと何回輪切りにされるんだろう^^;

入院前日~入院当日頃には左足がかなり疲れやすくなって、油断してると膝が笑うように…

続く。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tlot.blog.fc2.com/tb.php/319-f9604ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)