プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
シン・ゴジラ
『シン・ゴジラ』公式サイト


結構話題になってるようなので、自分も観てきました。
(国産ゴジラ映画を観るのは、実はこれが初めて)

いやあ、良かったですね。変に愁嘆場などを挟まず、削ぎ落せるところは削ぎ落としたつくりとか
好き嫌いは結構分かれそうな作品だとは思いますけど。

まぁとにかく、詰め込みたいものだけをギュッと詰め込んだって感じでしたね。
セリフも早口だったり、非常に密度の濃い内容でした。
(とは言っても、別に一本調子にはなっていない絶妙なバランス)

ゴジラ出現~初上陸あたりのグロテスクかつ間の抜けたデザインのゴジラと、まだ微妙に緊迫感に
欠けた政府の対応など、前半はユーモアさえ感じさせる雰囲気で淡々と話が進むんですが、
(街や住人の被害などは、それなりに描かれてはいますけど)
第4形態に進化して、巨大化かつデザインもヤバげに進化したゴジラが再上陸したあたりから緊張感が
増し始め、自衛隊の作戦展開で盛り上がっていく流れから、放射熱線で東京3区を壊滅状態にするシーンで
ゴジラの凄さを見せつけ、一気に最高潮に!いやー、ここの展開は燃えました。街も燃えてたけど。


ゴジラ再上陸のあたりから、総理の雰囲気も一変するとこも良いんですよね。肚を据えたというか。
前半では閣僚たちに圧されるままに決断を下していただけでしたが、発言の芯に確固たるものが
感じられるようになりましたし。
(最初に自分の意思ではっきりと決断をしたポイントは、攻撃中止のシーンかな?)
誘導弾の使用許可を求められた時点で、武器の無制限使用を許可するシーンや、立川への拠点変更に
反発するシーンなど、ここの総理は格好良かったですね。その後すぐに (-ノ-)/Ωチーン ですけど。

後釜の里見総理代行もいいキャラでしたね。「腹の中が読めないお人(泉ちゃん評)」との事で
最初は全てを飲み込んで、粛々と敗戦処理をしてるだけといった風でしたが、最後にはキッチリ仕事して
矢口プランを実現させる、立役者の一人となりました。


他にも、自衛隊の攻撃がゴジラに通じず叫び声をあげながら机を叩いて、本当に遺憾そうに
「遺憾ながら」と米軍への援助を提案する花森防衛大臣や、「思ったより想定外すぎるぞ」という
名言を残した、想定外おじさんこと中村内閣府特命担当大臣、矢口のサポートに尽力した、もはや
女房役と言って過言ではない泉政調副会長など、印象的な登場人物ばかりなのも、この作品の大きな
魅力ですね。


映画の製作にあたっては、外野の意見をシャットアウトして横槍が入らないようにしたという話があったり
ゴジラとの最終決戦では、無人新幹線爆弾に始まって特殊建機部隊の突入、無人在来線爆弾など
いわゆる「はたらくくるま」がフル活用されていたり、モノレール基地横での矢口とカヨコの会話シーンで
カメラがどんどん引いていって、肝心の矢口たちは画面端に追いやられ、画面主体がモノレールになって
「あ、これもしかしてレールが撮りたかったんですか?」的な絵面になっていたりと、色んな意味で
撮りたいものを撮ったんだろうな、という感じですね。
牧元教授の遺した「私は好きにした。君たちも好きにしろ」という言葉が、この作品における監督からの
一番のメッセージに思えました。
(牧元教授といえば、カヨコが持ってきた教授に関するファイル。表紙に書かれたNCC-1701の文字は
 トレッキー的には見逃せませんでしたね←でも末尾の2199までは読めなかった人)


自分の場合、テンポが速すぎて1回の視聴ではイマイチ理解出来てないポイントもあったので、出来れば
2回以上の視聴をオススメしておきます^^;
10月からは、塚口サンサン劇場でウーファー重低音上映もやってくれますし、こちらも期待大です!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tlot.blog.fc2.com/tb.php/265-34de5784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)