プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
Mac、iPhone、iPadの動画キャプチャ
MacやiPadの動画キャプチャがやりたかったのでちょっと調べてみたら、簡単に出来る事が判明。
しかも無料で。標準でMacにインストールされてる『QuickTime Player』に、動画キャプチャの機能が
普通についてたんですね^^;


Mac画面のキャプチャリングは『Quicktime Player』を起動して、メニューの『ファイル』から
『新規画面収録』を選択、真ん中の赤いボタンを押せば録画開始。
(全画面、もしくは選択した範囲のみのキャプチャが可能)
録画停止は、メニューバー右側に出てくるボタンで。いやー簡単ですね。

録画ボタン横の「v」を押せば、音声入力の設定も可能。
デフォルトだと内蔵マイクしか選べず、周囲の雑音なども録音されちゃいますので、これを解決する為に
オーディオユーティリティの『Soundflower』をインストール。『システム設定』の『サウンド』で
出力を「Soundflower」に変更。QuickTimeの音声入力も「Soundflower」にすれば、クリアな音声付きで
キャプチャリング出来るようになりました。Macのスピーカーから音が出なくなるのが難点ですけど。
(この点は『LadioCast』というアプリを併用すれば解決するみたいです)

capture01.jpg
『システム設定』で音声の出力を『Soundflower(2ch)』に


capture02.jpg
QuickTimeの音声入力も『Soundflower(2ch)』に変更


…キャプチャが終わったら、忘れないうちに
音声出力の設定を『内蔵スピーカー』に戻しておきましょう。
このままだと、スピーカーから一切音が出ないまんまなので。


iPhoneやiPadの画面キャプチャも『QuickTime Player』で可能。
USBでMacと繋いで『Quicktime Player』を起動、メニューの『ファイル』から『新規ムービー収録』を
選択すればOK。
デフォルトではMac内蔵のカメラが選択される為、自分の顔がディスプレイに大写しになりますので
録画ボタン横の「v」を押して、入力ソースを先ほど繋いだiPhoneもしくはiPadに切り替えましょう。

capture03.jpg
iPadの名前が表示されるのでそれを選択(ちょっと痛々しい名前なのでモザイクをかけてます^^;)


あとはMacの画面キャプチャとだいたい同じ要領です。
iPadの画面だと、1600×1200の解像度で結構綺麗にキャプチャ出来ました。




Quicktime Player、動画編集機能が無くなってからほとんど使う機会が無くなってたんですけど
いつの間にやら便利な機能が増えてたんですねぇ…


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tlot.blog.fc2.com/tb.php/250-d9f28605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)