プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
これが私の人生設計
『これが私の人生設計』公式サイト

塚口サンサン劇場で流れた予告を観て、ホイホイ釣られて行ってきました^^;


予告編


期待以上に笑える作品でしたね。近くの席にいらした方など、笑い過ぎで途中から若干辛そうな
感じになっておられましたしw かなり推せる作品です。
(自分も最後の会議でヴォルポーニが資料を持ってくるシーンはかなりヤバかったです。腹筋的に。)

ゲイの面々がネタ要員にされる事が多いので、それが気になる方もいらっしゃるかもしれませんけどね。


世界中で活躍する女性建築家が、郷愁に駆られて故郷のイタリアに戻り仕事をしようとするのですが
どうもイタリア、結構な男性優位社会らしくって、四苦八苦するというストーリー。
ワガママな顧客に振り回されてり、ふと立ち寄った公営住宅で、年金の督促だかと間違われて
住人にものすごい勢いで怒鳴られたりとか、まぁなんとも生き辛そうな国で^^;
バイト先のレストランのオーナー、フランチェスコ氏がやけに親切にしてくれるので
「これってもしかして、恋の予感!?」と思ってたら、フランチェスコ氏ガチホモだったりとか^^;
(これで最初は大ゲンカしますが、すぐに仲直りして親友同士に)
まぁ、登場シーンからしてアレでしたしね、フランチェスコ氏w

おかげで、(男の)腹チラとか(男の)お尻とか、サービスシーン()も多めでしたw
女子的にはともかく、男子的には全然嬉しくないですけどね(白目


笑いどころ満載のコメディ作品ではありますけど、セレーナの仕事に対する思いや、フランチェスコと
息子の関係など、普通にいいシーンも幾つかあるのもポイント高いです。
かなりの良作だと思うんですが、上映館が少ないのは非常に残念。

ピエトロ(モヤシ男)とセレーナの関係とか、社員たちのリパモンティ氏への手のひら返しが
唐突過ぎるところは若干気になりますけどね。
特にミケーラ、あんなけ良い笑顔でリパモンティ氏と子供のやり取りを眺めてたのに…^^;


8月にはセル版とレンタル版がリリースなので、自宅でまた楽しみたいと思います。
イタリア映画って初めて観たんですけど、なかなか侮れませんね…!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tlot.blog.fc2.com/tb.php/249-63956ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)