プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
劇場版 艦隊これくしょん
『アニメ艦隊これくしょん -艦これ-』公式サイト

TVアニメ版、なんとも微妙だったのですが劇場版も観てきました。
まぁ案の定、劇場版も微妙でしたねぇ…^^;
艦隊戦はよく動いてて非常に良かったんですけど、お話の方はさっぱり。
TV版である程度描かれてた、艦娘と深海棲艦の関係にスポットを当てていたんですけど…
ものすごく安易な設定を説明する為のお話、といった内容でしょうか。本末転倒ですね。
吹雪の特殊性についても描かれてはいたんですが、どうしても取ってつけたような感じが否めない。
とりあえず、TV版で中途半端だった如月の件はまとめてきたので、そちらが気になっていた向きには
悪くないのかもしれませんが。

下手にストーリーを展開させるより、大規模作戦を展開して、艦隊戦メインに持っていった方が
良かった気はしますね。
実際、冒頭の夜戦とかアイアンボトムサウンドでは、見せ場のある艦もぼちぼちいて、観てて
楽しかったですし。比叡の探照灯とか、ぽいぽい無双とか。大和さんも格好良かったですね。
修理費用を想像して、悲鳴上げそうになりましたけど^^;

心残りなのは、足柄さんの出番が無かった点。劇場版では完全にモブ化して、姿が確認出来ただけで
終わってるんですよね。いつか、砲雷撃戦で大暴れする足柄さんをアニメ化して欲しいんですけど…




スポンサーサイト
【発令!「艦隊作戦第三法」】E-5 渚を越えて クリア
艦これ【発令!「艦隊作戦第三法」】E-5 渚を越えて クリア!


1611_E-5-a1.jpg
第1艦隊(前進ギミック解除)


1611_E-5-a2.jpg
第2艦隊(前進ギミック解除)




1611_E-5-1.jpg
第1艦隊(ボス攻略)



1611_E-5-2.jpg
第2艦隊(ボス攻略)



1611_E-5-3.jpg
道中支援艦隊


いよいよ最終海域。ここは乙難度で攻略しました。

まずは出撃地点を移動させる、前進ギミックの解除から。
…当初は重ための編成で出撃して遠回りのルートに。ボスマスで燃料・弾薬不足で全くS勝利が
取れなくって苦労しました。いやー失敗した^^;
それよりもCマスの航空戦でS勝利が全く取れなかったので(基地航空隊を突っ込んでもダメ)
ギミック解除は丙にして行いました(甲難度へ変更しない限りは、一度解除したギミックはそのまま)
丙難度だと、Cマスの航空戦でS勝利を取らなくても、ギミック解除出来ますね。
G、H、AマスのS勝利は必要かもしれませんが、こちらはどうとでもなりますし。


前進ギミック解除後は、ボス戦へ。
長門、酒匂、プリンツ・オイゲンがいるため装甲ギミック解除は無しで。
ボス戦は特攻がとにかく強いので、たどり着けさえすれば問題ないのですが、道中撤退率が高い高い。
特にOマス。ヲ級が極悪ですね。特に最終編成の時は、支援艦隊、航空隊の支援を出していても
かなり厳しかったです。とにかくここを抜けないと話にならないので、対空装備が充実しているなら
ガチガチに固めていった方が良さそうです。
道中支援艦隊は必須。
ボスマスは、S勝利にこだわらなければ支援無しで充分。駆逐古鬼を撃ち漏らす率は上がりますが
特攻艦さえ揃っていれば、ボスの撃破は全く問題ないはずです。

CR.jpg
軽巡の攻撃でも、特攻効果のおかげでこのダメージ



資材等の増減は

バケツ-120
燃料-24000
弾薬-15000
鋼材-8000
ボーキ-21000

でした。とにかく、編成が重たい、空襲の被害も出る、道中撤退率が高いという事で、資源もガンガン減って
いきましたね…
まだ朝風掘りの作業が残っているのですが、頭が痛いです。分が悪くても、E-4ボスで掘る方がマシかなぁ…

まぁ何はともあれ、2016年の秋イベントもなんとかクリア出来ました。
今回は高速艦縛り・航空マスでのS勝利あたりがネックで、お札的にはかなり厳しいイベントだったのでは
ないでしょうか。逆に、難易度に拘らなければ割と楽なイベントでもあったと思います。
ギミック解除が多くて、面倒ではありましたけど…^^;


1611_E-5_clear.jpg

F4F-3.jpg

Saratoga.jpg

asakaze.jpg
E-5、Oマスで朝風さん!




【発令!「艦隊作戦第三法」】E-4 シャングリラ捜索追撃 艦隊前進配備(殲滅戦) クリア
艦これ【発令!「艦隊作戦第三法」】E-4 シャングリラ捜索追撃 艦隊前進配備(殲滅戦) クリア!


201611_E-4_1.jpg
第1艦隊


201611_E-4_2.jpg
決戦支援艦隊



E-4、輸送作戦に引き続き殲滅戦を。

…超楽でしたw なぜかボス戦が全部反航戦になったんですけど、支援無しで5回のうち2回S勝利でした。
ラストアタックのみ、支援を出してあっさり終了。
航空戦マスと潜水艦マスでたまに事故りますけど、この辺りはどうしようもないですね。




資材等の増減は

バケツ-10
燃料-1200
弾薬-300
ボーキ-400

でした。編成の軽さもあってか、丙とはいえ拡張海域とは思えない程の低コスト海域でした^^;
最終海域は乙に戻して頑張りたいと思います。長門、酒匂、プリンツがいれば結構楽みたいですし。




【発令!「艦隊作戦第三法」】E-4 シャングリラ捜索追撃 艦隊前進配備〜輸送作戦
艦これ【発令!「艦隊作戦第三法」】E-4 シャングリラ捜索追撃 艦隊前進配備〜輸送作戦


201611_E-4_0.jpg
第1艦隊

E-4、色々と攻略情報を漁っているだけで心が折れましたw 丙難度で行きますw

ここは、輸送ゲージ破壊と戦力ゲージ破壊の2段構えの海域なので、とりあえず輸送作戦から。
基本的に難易度の低い輸送作戦な上に丙難度ですから、問題は特になくゲージ破壊までこぎつけました。
ただ、輸送マス直前の戦闘が若干厳しかったです。制空権が取れないんですよね。
以前のマップでも同様の問題にぶち当たったんですが、やっぱり水戦は作っておくべきでした。

あと、ボスマスに行くための索敵値がちょっと厳しいようです。航巡が鈴谷・熊野コンビでは
結構ギリギリでした。丙難度では330あたりがボーダーラインのようです。

資材の増減は、ほとんど無しでした。
さて、次は殲滅作戦。丙難度だし、簡単にクリア出来ると信じたい^^;



【発令!「艦隊作戦第三法」】E-3 発令!艦隊作戦第三法 クリア
艦これ【発令!「艦隊作戦第三法」】E-3 発令!艦隊作戦第三法 クリア!


201611_E-3_1.jpg
第1艦隊


201611_E-3_2.jpg
第2艦隊


201611_E-3_3.jpg
決戦支援艦隊




ここも甲のクリア報酬がイマイチだったので、乙難度で。
防御破砕ギミックは有るけれど、ゴリ押しでも行けるという話だったのですが
どうもうちの編成では厳しいようだったので、結局E-2に戻ってギミック解除する羽目に。
乙難度だと、E-2攻略の時点からギミックを意識していれば大して面倒でも無さそうですね。
ちょっと失敗しました^^;

ギミック解除の条件は

・E-2、全部の航空マス(4ヶ所)でS勝利
・E-2、基地防衛で、制空権確保かつ損害0を3回
・E-3、Dマス、Hマス、Jマス、Cマス、KマスでS勝利

らしいです。E-3の分は、2回の出撃で全部こなせられるので意外と手間がかかりませんでした。
第1艦隊に低速艦を混ぜると D、H、J を通るルートに。軽空母を低速の艦に変えるだけでOK。
第一艦隊の正空母を駆逐艦にして水上部隊を編成。これで C、K を通るルートに入ります。
敵もそんなに強くないので(こっちは連合艦隊なので、数で押せる)主力艦を入れなくても
充分にこなせると思います。
E-2の分は、潜水4隻の編成で行きました(航空マスでS勝利確定)
道中の駆逐艦・軽巡が結構攻撃を当ててくるのと、空襲部隊がやけに強い編成が出る場合があるので
こちらは多少運任せでしたけど。


E-3BOSS.jpg
ギミック解除後のボスセリフ



そしてE-3ボスまでの道中は、潜水艦マス×1、航空戦マス×2だけで、途中撤退の危険性も低いので
決戦支援艦隊は惜しまずに出しておくのをオススメします。
ボスの取り巻きもそう強くはないんですが、なにぶん相手も連合艦隊で数が多いので、開幕で
数が減らせるとS勝利率が上がりますので。


資材等の増減は

バケツ-40
燃料-6000
弾薬-3000
鋼材-1800
ボーキ-2700

でした。出撃回数も少なく済んだので、連合艦隊マップの割には軽い消費で済みました。
次のE-4、試製甲板カタパルトが手に入るようなので甲難度で行きたい気はするんですが
難易度も相当みたいなので… 悩むところです。まぁカタパルトは1個余ってるし、丙難度でも
良いような気はしますけど^^;


1611_E-3.jpg

CT.jpg

yamakaze.jpg

ドロップ運皆無な自分ですが、珍しく削りの間に新規艦ドロップしましたw




【発令!「艦隊作戦第三法」】E-2 本土防空戦 クリア
艦これ【発令!「艦隊作戦第三法」】E-2 本土防空戦 クリア!


1611_E-2.jpg
第1艦隊



クリア報酬が大発と戦闘糧食の数くらいしか変わらないようだったので、E-2は難易度を落として乙で。
まぁ戦闘回数が多くって面倒ではありましたけど、比較的苦労はせずに済んだかな、と。

道中は大した事ないんですが、ボスマスが結構厳しいですね。
艦戦多めでないと制空が取れませんし、マップが広いので、基地航空隊の支援も効果が薄いようですし。
(陸攻だけだと、ガンガン落とされてダメージが通りにくい)
航空隊は基地防衛に専念させて、削りの間から決戦支援を出すのが一番良かったのかもしれません。


資材等の増減は

バケツ-30
燃料-4000
弾薬-300
鋼材-3000
ボーキ-4000

でした。航空隊の損害や配備コストで、ボーキが結構減ってますね。
弾薬の減りが異常に少ないのが謎なんですけど…
まぁ合間に消化してた任務で、そこそこ稼いでたんでしょうかね。
次のマップはギミック解除も大変そうだし、とりあえずは乙難度のままでいきたいと思います。


SBD.jpg

TBD.jpg




【発令!「艦隊作戦第三法」】E-1 海上輸送作戦 クリア
艦これ【発令!「艦隊作戦第三法」】E-1 海上輸送作戦 クリア!


1611_E-1.jpg
第1艦隊
(削り時は睦月、如月ともに大発×3)



艦これ、秋イベントが始まりました。また頭の痛い日々が始まりますね…w

今回はもう最初から難易度を落とそうかとも思ったんですが、ボスマスS勝利の必要がない輸送任務だったので
とりあえずは甲難度でスタートしました。

まぁ楽でしたね。途中撤退は1回のみで、ボスマスはS勝利4回、A勝利4回でクリア。
対潜艦さえ育っていれば、特に問題のないマップだと思います。雷電が貰える甲難度一択ですね。


資材等の増減は

バケツ-7
燃料-1100
弾薬-300
鋼材-200

でした。次のE-2は、空襲もあるし面倒そうですね…^^;


raiden.jpg



Kalafinaの新譜『Winter Acoustic "Kalafina with Strings”』はライブ感溢れる名盤
IMG_4503.jpg


ぶっちゃけ言いたい事は、タイトルが全てですw


2012年から始まった、ストリングスカルテット&ピアノ編成でのXmasライブ。ほぼ毎年恒例となっている
ライブなんですが、同編成でのアレンジで録音された、スタジオ収録盤が今回リリースされました。
既存のKalafina曲のストリングス&ピアノアレンジver.が6曲、クリスマスの定番曲が6曲。
そして、新曲のKalafinaクリスマスソングが1曲と、全部で13曲収録されています。

アレンジ違いの曲って、割とイマイチな事になってるケースも良くありますが(汗)全くそんな事もなく
どの曲も、また新しい魅力に溢れた曲になっていました。4年前からライブで積み重ねてきた事も、色々と
効いてるんでしょうかね。

クリスマスソングもまた良いんですよ。個人的には華やかさに満ち溢れた『もろびとこぞりて』と
『Jingle Bell』が特にお気に入りです。

梶浦さん曰く「結構色々本音が詰まってる」らしい、新曲の『やさしいうた』がまた、タイトル通りに
優しさに満ち溢れたしっとりした素敵な曲で…
この曲だけでも充分、アルバムを買う価値があるんじゃないでしょうか。


でもまぁこのアルバムの一番の魅力は、タイトルにも書いてある通り「ライブ感」に尽きます。
いつものレコーディングと違って、3人のボーカルが別録りではなく同時録音だったようで、この効果が
てきめんに出てるんでしょうね。
このアルバムが醸し出してる雰囲気は、紛れもなくスタジオライブのそれです。

ライブでのパフォーマンスに力を入れてきたKalafinaの魅力が、これでもか、と言わんばかりにたっぷりと
詰まった、渾身の一枚に仕上がっていました。
オリジナルアルバム以外で「なにこれすごいな!」と思えるアルバムをさらっと出してくるあたりに
チームKalafinaの地力が感じられますね… 素晴らしい。

今誰かに「Kalafinaのアルバムで、オススメは?」と聴かれたら、迷わずこのアルバムを推しますねw
季節モノという事もありますけど、今のKalafinaが一番よく伝わる1枚だと思いますので。





ダン・ブラウン『ロバート・ラングドン・シリーズ』〜今更感は気にしない〜
最新作『インフェルノ』の劇場公開をきっかけに、今更ではありますがシリーズ全部読みました。
映画の予習で読んだ『インフェルノ』から始まって、あとは順番に『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』
『ロスト・シンボル』と読み進めていったんですが… いやー面白かったですね。一気に読んじゃいました。
こんな魅力的なシリーズを、今までスルーしていたのかと若干後悔していますw
個人的に、このシリーズで一番魅力的だった要素は

溢れるオカルティズム

でしょうか。作中に登場する、イルミナティにシオン修道会などの秘密結社、様々な宗教儀式や秘儀の数々。
いやー萌えますねw (『インフェルノ』では、そういう要素は無かったですけど)
ここに著名な美術作品なども絡めて、細かいところまで薀蓄満載で語ってくれるんですよね。
詳しい人なら先読み出来そうだし、詳しくなくても置いてけぼりになる事もなく楽しめます。
その上虚実ないまぜにして、もっともらしくセンセーショナルにやってくれるんだからたまらない。
オカルトが元気だった時代(なんだってキ○ヤシ!なアレとか、もっと古くは飛○昭○氏とか色々)を
過ごしてきた層には、特に直撃しそうな作風だと思いますw

敵味方の立場が曖昧なまま展開するストーリーも、スリリングで良いですね。細かいところをちゃんと
拾って読んでおけば納得出来ないような急展開も無く、安心して読める点も良いです。

自分の一番のお気に入りは『ダ・ヴィンチ・コード』ですね。
『インフェルノ』はオカルト感が薄いし『ロスト・シンボル』はちょっとオカルト要素強すぎかな、と。
何より『ダ・ヴィンチ〜』は、オプス・デイの人たちの哀しい顛末と、ソフィーが生き別れの家族と再会する
シーンがなんとも言えないんですよね…

来年には新作の『Origin』も控えてるようですし、日本語版の刊行が楽しみです。
出来るだけ早めに出て欲しいなぁ…




高慢と偏見とゾンビ
『高慢と偏見とゾンビ』公式サイト

先日劇場で見かけた予告で、完全にやられましたねw
ガーターベルトにナイフを仕込み、ドレス姿で武器を手に取りゾンビに立ち向かう五人姉妹!
萌えない訳がないですわ。
恋愛小説の名作にゾンビ要素を足してみたという、聞くだけで頭が痛くなりそうな設定も非常に魅力的。

ゾンビに蹂躙されつつある英国だとか、飛び回るハエを事も無げに指で摘んで捕まえるヒロインとか
組手をしながら姉妹の語らいをするとか、おバカで愉快なシーンが満載なんですけど、さすが名作を
下敷きにしてるだけあって、何気に良い話なのが腹立たしいw
『高慢と偏見』のあらすじを確認してみたけど、大筋はそのまんまですね。そもそも『〜ゾンビ』の
原作小説の方は、文章もかなりの箇所が、原典まんまだとか。

ゾンビの設定も結構練られていて、おバカなパロディ作品と言えども、軽率に作られてる訳ではなさそうな
ところがまた素晴らしい。意外な名作映画でした。
あらかじめ『高慢と偏見』を読んでおくと、もっと楽しめたかも…