プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
iMac+iPadでデュアルディスプレイ環境
iPad/iPhoneを、MacやWin機のサブディスプレイに出来るアプリ「Duet Display」をインストールしてみました。
デバイスにアプリをインストール、Mac/Winにクライアントアプリをインストールすれば、あとはUSBで
接続するだけの簡単設計。
もちろんマルチディスプレイとしても使えますし、ミラーリングでの使用も可能です。
個人的には、ミラーリング時に画面の拡大が出来れば、かなり有り難いんですが…
設定を見る限り、出来ないっぽいですね。残念。


有線接続のおかげで、タイムラグもほとんどなく快適に使えます。指でタッチして操作も出来ますし
Apple Pencilを使えばタブレット的な使い方も出来ますので、Photoshopなどでの作業が、かなり効率的に
なりそうです。
年間2,400円のサブスクリプションに登録すれば、Apple Pencilの筆圧感知機能などにも対応出来るようです。
(未登録なので、使い勝手などは未確認)

自分の環境だと作業スペース的にはメインモニタだけで充分なんですけど、画像処理の時にApple Pencilが
使えるようになるのは、結構恩恵が大きいです。
艦これなど、ゲームをする時の専用ディスプレイにするのもアリですねw
なかなか便利に使えそうなアプリです。



・Duet Display公式サイト(クライアントアプリはここからダウンロード)
Duet Display 公式サイト

・App store(iOS用アプリ、16/10/29現在で価格1,200円)
Duet Display





スポンサーサイト
秋刀魚漁 in 艦これ 2016
今年も秋刀魚漁イベントが^^;
FGOのハロウィンイベントと被っていたのでどうしようかと思ったけど、案外あっさり集まって一安心。

出撃した漁場は

1-5
3-2
3-3

でした。今回は1-5での収穫が結構多かったですね。


samma_1.jpg
1-5出撃艦隊


samma_3.jpg
3-2/3-3出撃艦隊


1-5はS勝利が安定しませんでした。最上の装備を弄るか、戦艦を入れて攻撃回数を増やした方が
良かったかも。


tairyoki2016.jpg
報酬はもちろん、今年の大漁旗を選択!




スター・トレック BEYOND



『スター・トレック BEYOND』公式サイト


お待ちかねのスタトレ映画最新作が公開!ということで、早速観に行きました。
アクションシーンは多めでしたが、何というか、昔の「スタートレックっぽさ」があって良かったです。
スポックとマッコイが、コンビで活動するシーンも多かったのも一因ですかね。
リブート版では、そういうシーンは少なめな印象だったので…
マッコイの冗談に笑い出すスポックのシーンと、敵戦闘艦に乗り込むスポックが、「私は医者だ!」と
お約束のフレーズで不平を漏らすマッコイを、無理やり巻き込むシーンが特に好きですね。

スポックストーカー疑惑や、あっさりジェイラの罠に掛かったカーク&チェコフなど、ユーモラスなシーンも
多めだったり。
(オリジナルシリーズなら、罠に掛かるのはチェコフ一人だったかも知れませんけどw)



ビジュアル的にも萌えポイントがボチボチと。
透明な球体の中に作られた宇宙基地ヨークタウンの美麗かつ未来的なビジュアルと、そこへドッグ入りする
エンタープライズの映像とか、もうたまりませんでしたね。

エンタープライズの見せ方もなかなかに凝っていて、格好良いアングルの多い事!
でも残念ながら、エンタープライズの出番はかなり少ないんですけどね^^;
このあたりのシーンは、3D上映で観ると臨場感があって良いですね。それ以外のシーンは、2D上映で
充分な感じですけど。



ストーリーも、大げさに見えた話が、結局最後は個人的な小さいスケールに集約しちゃう残念感(というか
妙に人間臭い話になる所)も、スタトレらしくて良しw
クラールの主張も「連邦の未来のために」だとか最初は大層なことを言ってましたけど、蓋を開けてみれば
めっちゃ私怨というか、逆恨みな感じでしたからね。
(クラールの経歴を考えれば、多少は理解出来ない話でもないですが)
まぁ話の展開が多少すっ飛ばし気味で、分かりにくいシーンも多かったりもするので、そのせいで
逆恨みにしか見えないのかも知れませんけど。
分かりにくいといえば、クラールの風貌がちょくちょく変わるのはちょっと混乱しましたね。
(敵さん、人数は少ないんですが、このおかげで誰が喋ってるのかよく分からなかった箇所が^^;)

でもさすがに、敵艦隊の攻略法が「俺の歌を聴けー(チュドドドドーーーン)」みたいなのは如何なものかw
マク□スかw それともマ○ズ・アタ○ク!かw
宇宙船でおおっぴらにロックサウンドを鳴らせるとか、コクレーン博士も大喜びですねw
さすがにこの展開は面白過ぎたので、もうちょっと何とか考えて欲しかったですw

そんなアレなもありますけど、スポック大使の死をきっかけに艦隊を去る決心をするスポックと、3年近くに
及ぶ深宇宙の任務に疲れ果て、艦を降りる決意を固めていたカーク。
これらの葛藤については作中ではほとんど語られないんですが、無くなってしまった故郷やスポック大使への
スポックの思いや、艦から降りて後悔だらけだったオリジナル・カークとリブートカークの対比など、色々と
考えさせられました。ストーリー的には味付け程度の要素にしかなってないかも知れませんが、個人的には
これが結構効きましたね。
エピローグ直前に出てくるスポック大使の遺品は、完全にオールド・ファンを泣かせにかかってますし…w
ええ、涙が滲んできましたよ。あれはちょっと卑怯ですねw

最後にはもちろん、二人ともエンタープライズに残る事になります。
新しく建造されたNCC-1701-A、エンタープライズA型が飛翔するシーンでFin!

今作も満足の内容でした。チェコフの扱いがどうなるか気になるところですが、次回作も楽しみです。
…それにしても、リブート版のA型は新造艦なんですね。老朽艦を改装しただけのオリジナル版とは
えらく扱いが違う…^^;



パンフレットに、オリジナルシリーズのオマージュや関連のあるポイントが色々と記載されてましたけど
最後に自分が気付いた(もしくはそう思い込んでる)シーンをいくつか挙げておきます。


・宇宙基地ヨークタウンの名前の由来
 これはパンフレットにも書かれているんですが、オリジナルシリーズでのエンタープライズA型の
 改装元となった、同型艦のUSSヨークタウンから取られています。

  リブート版エンタープライズA型:ヨークタウン基地で建造
  オリジナル版エンタープライズA型:USSヨークタウンを改装

 この微妙な繋がりが、パラレルワールド感があって良いですね。
 カークがA型に着任する流れも

  リブート版:自ら志願していた副提督の席を蹴って、引き続き艦長の座に
  オリジナル版:提督から降格して艦長の座に

 と、経緯は全然違いますけど、微妙な繋がりを感じます^^;


・アルミタッド上陸後の、カークとチェコフのユニフォーム
 いつものユニフォームではなく、前開きのタイプで、肩に黄色いラインの入った青いユニフォームを
 着ていましたけど、これ『スタートレック:エンタープライズ』のユニフォームに似てるんですよね。
 最後はNX級の船に乗り込みますし、オマージュっぽい気がします。


・基地から宇宙空間に投げ出されそうになったカークを、マッコイ&スポックが救いに行く
 これは考え過ぎかも知れませんが、劇場版5作目のヨセミテのシーンを思い出しました。
 あの時カークを直接救ったのは、スポックだけでしたけど。


自分が気付いたポイントは、これくらいですね。うーん、精進が足らぬw



(2016.10.31 追記)
2回目観に行って、パンフレットに書かれていた「緑色の大きな手」を確認してきましたw
セリフの方は、残念ながら字幕だと割愛されてます。ヒアリング、大事ですね…

あと、ラストの方でUSSフランクリンのクルーの写真が表示されて、どんどん「closed case」になっていくシーン。
最後にエディスン(クラール)と二人のクルーが表示されるんですけど、左側の男性クルーって多分マナスです
よね。
そうなると左側の女性クルーは、カークたちを嵌めた女性宇宙人って事になるのかな… 基地には、囚われた
彼女の仲間なんて全く居ない感じだったし… とか思ってたら、パンフにちゃんと書いてましたね^^;
彼女とマナスが、生き残りのクルーが変化した姿のようです。





Kalafina特別野外コンサート(スターダスト・イリュージョン in 環水公園)
ひーさんの故郷、富山で行われる「スターダスト・イリュージョン in 環水公園」というイベントで
Kalafinaのフリー観覧ライブも催されたので、行ってきました。
フリーなので、てっきりカラオケで歌うだけかと思っていたら、直前のわーさんのブログで、キー
ボードのサクちゃんも参加するとのサプライズ発表が。無料なのにマジですか。太っ腹やでぇ…
というか、ミニライブとはいえピアノオンリーで全曲披露って初めてなのでは。


Kalafina、野外イベントという事で()天気は朝からあいにくの雨模様。
お昼過ぎくらい会場に到着、その後は雨雲レーダーをチェックしながら戦々恐々の待機時間でしたw
情熱大陸東京に引き続き、ここでもKalafina大活躍でした。
フードの付け根の縫い目から、雨がバンバン漏れてくるのはちょっといただけませんけど。
リニューアル版の再販を希望したいw 次のライブのアンケートで忘れずに書かなきゃw


ステージが地べたに設定されてて(一段上げたりしてない)ちょっと後ろからでも見づらそうだとか
雨の吹き込みも結構あって、これキーボード置く場所あるの?とか、うだうだやっていると、あっという間に
リハーサルの時間に。ちなみに雨は、リハ開始の頃が一番酷かったですねw
大雨の中、私服姿の3人が登場してリハ開始。
私服でのリハって、意外と珍しい気が。貴重なものが見られましたw
リリースイベントのリハなどでは主にモニタスピーカーなどの確認はメインっぽい感じがするんですけど
この日はそれ以外に『into the world』の一部を繰り返して、歌い方の確認をするところなども見られました。
一番印象的だったのは、リハ開始直後の一番雨がひどい時間帯。けーこさんがボソッと言った
「雨の音も音楽にしちゃおう」という言葉でした。
ちなみにリハの合間にはけーこさん、ひーさんとツーショット自撮りをしたり、対岸にあるスターバックスを
撮影したりと、結構フリーダムでしたw
リハの後は、スタバを背景にサクちゃんふぃなちゃん4人で記念撮影もw
最後はわーさんけーさん「(悪天候で)ごめんね」と連呼しながら帰って行きましたw
まぁでも、リハの後半にはだいぶん雨もおさまっていて、本番の頃には降らなくなってたんですけどね。

嵐を呼ぶユニットという評価もありますが、何気に本番中にはあんまり天気荒れないんですよね。
主にその前後が荒れるという…w まぁどっちにしろ大変ではあるんですけど←


そして18:00になって、スターダスト・イリュージョンのイベント開始。
スマホアプリを利用したキャンドルリレーで、星が浮かび上がったスマホの画面を客席でかざして
Kalafinaの3人を迎え入れる、という企画があったのですが、残念ながらリレーが上手くいかずに頓挫。
代わりにスマホのライトを付けて迎え入れるという流れになりました。
そして3人による公園内のイルミネーション点灯式の後、ライブが始まりました。


セットリストは

1.storia
2.輝く空の静寂には
3.ひかりふる
4.君の銀の庭
5.ring your bell
6.into the world

 アンコール

7.アレルヤ


の7曲。もう名刺曲と言っていい『storia』からライブはスタートしました。その後挨拶を挟んで
『輝く空の静寂には』〜『ring your bell』まで一気に披露。
いやぁ、ピアノonly もいいですねぇ。特に『君の銀の庭』はお気に入りです。っていうか自分、この曲
好き過ぎるだけなのかも知れませんけど…^^;
『ひかりふる』は基本しっとり系の曲だけど、クライマックスではボーカルが結構パワフルなんですよね。
サクちゃん、ピアノ一人で対抗するの大変そうだなぁと思いながら聴いてました^^;
『ring your bell』は全編しっとりver.で。例のブレイクのところでは、案の定拍手が起こってましたね。
でもそれを想定してか、以前よりもブレイクの時間が長くなってる気はしました。気のせいかも知れませんw

最後、アンコールで披露してくれた『アレルヤ』は、11月発売のアコースティックアルバムからの選曲との
事でした。これでアルバム収録曲が1曲分かりましたね^^;
2コーラス目ではけーこさん、ちょっとハスキーというかスモーキーというか、そんな歌い方をされてたのが
印象的でした。CD音源の方でもこういう歌い方をされてるのかな?リリースが待ち遠しいです。
ひーさんとけーこさんのマイクが入れ替わってたようで、曲の途中でマイク交換してたのも面白かったです。
けーこさんがスーッとひーさんの横に来て、マイクを持った手を降ろさせて、スムーズに入れ替えてました。
あまりに自然過ぎて、一瞬何をやったのか分からなかったですw
さすがにこの程度のトラブルは、エレガントにさばきますねぇ… さすがでした。


MCでは、上手側客席に小さいお子さんがいらしてたようで、最初の挨拶の時にけーこさんが超反応
してましたw
けこ「できるだけそっち見るね…♡」

…モニタスピーカーの関係かあまり立ち位置を変えられなかったみたいで、次のMCでは
けこ「あまりそっちに行けなくてごめんね…♡」
とも言っておりました。本当お子様好きですねw

他にも、環水公園が綺麗なロケーションで、という話から
ひ「Hikaruが住んでた時はそんなに…」
とか身も蓋もない話が飛び出したりしてましたねw
公園内にある天門橋、ここの上が展望台になっていて対岸まで届く糸電話(58m!)が設置されてるんですが
ここの話になった時に「赤い糸で、愛の糸電話になってるの!」とか言いながら、ひーさんの後ろから
手を回して肩を抱いてたけーこさん。ラブラブかよw
ちなみに高所恐怖症のひーさん、以前に来た時に展望台に登ったのは登ったらしいんですけど、案の定
表にはほとんど出られなかったそうで。
ひ「覗いた程ー度!」
の、何となく自慢げなイントネーションが非常に可愛かったですw


北陸新幹線が東京から金沢まで伸びてから、けーこさんの周りでも富山に行く人が増えたりとかいう話も
ありましたし、これからどんどん開発も進んで行くんですかね、富山。
Magiaツアーの時は富山駅、自動改札も有りませんでしたしね(今は普通に有ります、自動改札)。
サンダーバードが金沢止まりになって、関西からのアクセスは若干悪くなったんですけど、またきっと
ライブもあるだろうし、自分も行く機会は多くなりそうです。


イベント後のKalafina公式に、リハの途中でけーこさんが撮ってた写真も上がってましたので
興味のある方は是非。