プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
浅間白桃、買ってみた。
IMG_4146.jpg

桃の季節…という事で、たまたまメルマガで目に付いた浅間白桃がすごく気になったので、買ってみました。
通販で果物(というか生もの)って、怖くって手を出した事が無かったんですけど、ものは試しという事で
恐々チャレンジしてみたんですけど、これが大当たり。

通販サイトの謳い文句の通り、大ぶりで果肉も果汁もたっぷり。なめらかな食感と、齧るたびに果汁が
溢れ出てくるというよりも、バンバン飛び出してくるレベルのみずみずしさ。
もちろん風味も甘味もしっかりあって、非常に美味しかったです。

収穫時期が短い上に収穫量も少ない品種という事で、気軽にバンバン食べるのは無理なんですけど
来年また時期が来たら、ぜひ食べたいですね。というか絶対食べる。





スポンサーサイト
伏見稲荷、宵宮祭。
DSC_6694


毎年この時期に行われる万灯神事目当てに、伏見稲荷大社の宵宮祭に行ってまいりました。
その名の通り境内中に大量の提灯が提げられて、辺り一面真っ赤に染まるという、なんとも幽玄な
お祭り。
基本人混みが嫌いなのと、タイミングが合わなくてこれまで行けてなかったんですが、今年は
思い切って行ってみたんですが… やっぱりすごい人出でした^^;

楼門〜本殿辺りはまだよかったんですが、千本鳥居に向かう道が完全に詰まっていて、そこでしばらく
足止めを食らいました。この日はまだ気温が高くなくて助かったんですが、そうじゃなければ
道中の水分補給は必須でしたね。油断してました^^;

あと、提灯に照らし出される楼門や千本鳥居などは確かに壮観ではあるんですが、スマホの画面など
余計な光源が多いのは若干興ざめですね。
千本鳥居の中みたいな場所では、仕方ないとはいえスマホで撮影する際のライトや画面とかも
結構目に入りますし。
(某ライブみたいに、千本鳥居の中は光りもの禁止とか出来ないんですかね←)

それでもこれだけの光景はそう見られないので、機会があれば再度行きたいと思います。
今回は千本鳥居で力尽きたので、次回は山頂の方にも行ってみたいですし、翌日の本宮祭も
合わせて覗いてみたいですね。



DSC_6662
『いなり、こんこん、恋いろは。』の飛び出しいなり&うか様が。
原作も完結しちゃいましたけど、未だにこういうの置いてくれてるんですねぇ。


DSC_6714
日が暮れてきて、いい感じになってきました。


DSC_6718

DSC_6799
提灯だけでなく、数多くの行灯画も。


DSC_6748
千本鳥居の中。入り口は完全に詰まってましたけど、ここまでくればちゃんと流れてました。


DSC_6818
完全に日が暮れて、提灯に照らし出される楼門。


DSC_6836
明るいうちには無かった、うか様のパネルが!いなりのパネルも、どこかに出てたのかなぁ…




PEACE MAKER 17巻
IMG_4109.jpg

お待ちかねの最新刊。…って、えっ?これ最終巻なんです?
まだvsハイマン、バケット、ホープvsニコラとか、結構なカード残ってますよね?
1巻分でホント終わるの大丈夫?と思って読んだんですが、あんまり大丈夫じゃなかった感がw
ラストは綺麗にまとまってはいるんですけどねぇ、やっぱり物足りないなと思う点はありました。

ハイマン戦はサクッと終わらせながらも、なかなかいい感じにまとまってたんですけど
バケット戦はイマイチ印象が薄いですね。格闘系の相手なら、前巻のアトラ戦が良かったせいで
それを超えられなかった感じがありますね。
コールもだいぶん弱ってたおかげで善戦出来たんだな、ってとこもありますし^^;


一番肩透かしだったのが、ニコラvsホープ。まぁそうなるな、という結末ではあるんですけど
ここはやっぱり、もっとハードにガッツリやって欲しかったところです。残念。
(おかげで直前のニコラとエイドリアンとのやりとりも、微妙に台無しな感じに^^;)


とまぁ、微妙な点ばかりあげちゃいましたけど、いい最終巻だったと思います。
最後の兄弟対決も、いい雰囲気でしたしね。
皆川先生、また新作を描かれているみたいなので、そちらも楽しみです。





涼宮ハルヒの獄音 in 塚口サンサン劇場
『涼宮ハルヒの獄音』告知


涼宮ハルヒアニメ10周年、ということで第1期の一気見イベントが開催されました。
立川はさすがに遠い&チケットの競争率も高そうだったので、塚口の方へ行くことに。
(声優さんたちのトークショーが生で見られる立川も、捨てがたかったんですけどねぇ)



上映順は以下の通りでした。

・涼宮ハルヒの憂鬱 I〜VI

 休憩

・トークショー(立川からの中継映像)

 休憩

・涼宮ハルヒの退屈
・ミステリックサイン
・孤島症候群(前後編)

 休憩

・朝比奈ミクルの冒険 Episode:00
・ライブアライブ
・射手座の日
・サムデイ イン ザ レイン



ハルヒのナレーション(イベント用に新録!)と、スターウォーズのOPロール的なアレで、
谷川流氏といとうのいじ氏のコメントが流れてから、本編開始。
久しぶりに観ましたけど、やっぱり名作ですねぇ…

ちなみに音響は、2chではなく5.1chでの上映だったようです。塚口といえば重低音ウーファー上映で
有名ですけど、この日は控えめの低音でした。
(まぁ、そんなにドッカンドッカン鳴らすような作品ではないので、当然でしょうけど^^;)

『ライブアライブ』『朝比奈ミクルの冒険 Episode:00』の音も面白かったです。
『ライブア〜』のライブシーンは綺麗にいい音を鳴らすんじゃなくって、いかにも音響のよろしくない
場所でライブをやってるような音になっており、雰囲気出てましたね。

『朝比奈ミクル〜』は、サラウンドではなく(ちゃんと)2chの音になっており、セリフとナレーションで
音質がガラッと違ってるとか、劇場の音響だと、作りのチープさがよく分かって良かったです。
画像もノイズやら輪郭部のゴーストやら、良い感じにひどい出来なのが、大画面だとよく分かりましたし。


立川で行なわれたトークショーの上映、中継って予算的に大丈夫なのかな…とか心配してたんですが
なんと、ニコ生の画面を劇場のスクリーンに映すという荒技が披露されましたw マジですかw
塚口場内では、ところどころから「ニコ生だ…w」とか声上がってましたw
さすがにコメント表示はオフになってましたけど^^; 途中、ニコ生のトラブルで映像が止まったのはご愛嬌。

トークショーでは何より、後藤さんのお元気な姿が見られたのが嬉しかったです。
過去イベントでアメリカに行った時、英語の出来ない平野&茅原の代わりに色んな手続きをした話とか
(それ普通、スタッフさんのお仕事ではw)
『恋のミクル伝説』は一発録りでOKが出た上に「あんなに褒められた事は無い」というお話を聞かせて
くれました。


エンディングは、ハレ晴レユカイフルバージョンが流れるイベント向けに編集されたver.でした。
一番最後に表示されたメッセージ「Good bye for now」がなんとも意味深でしたね。
3期か何らかの新展開を期待しちゃいます。
…その前に『涼宮ハルヒの消失』リバイバル上映もして欲しかったりはしますけど^^;


IMG_4096.jpg
12月に発売予定の、BD-BOX収録内容。1期の音声が5.1ch化されてはいますが
旧盤を持ってる人間には微妙な内容。


IMG_4093.jpg
物販はスルーする予定だったんですが、思わず幾つか購入。




インデペンデンス・デイ リサージェンス
『インデペンデンス・デイ リサージェンス』公式サイト

前作を観たのが相当昔で、内容もほとんど忘れた状態で観に行ったのは、若干失敗でした。
本作も前作同様「宇宙人が攻めてきたから撃退した」って程度の内容ではありましたが、それでも軽くおさらいしておいた方が、より楽しめたと思います。


基本、頭の中身空っぽで楽しむ系の映画ではあるんですが、それでも気になる点が幾つか。

・ビジュアル的なインパクトが薄い
 前作であったような「巨大宇宙船がホワイトハウスを破壊」みたいな、分りやすいビジュアルが
 ないんですよね。破壊の規模は本作の方が遥かに上がってるんですけどねぇ。

・第二の宇宙人
 地球に攻めてくるのとは別の宇宙人が出てくるんですが、囮役以外に何らストーリー的には
 出てくる意味がなくって、この存在は本当に必要だったのか?と。
 まぁ「別の宇宙人がもたらした超テクノロジーで勝利!」なんて展開にならなかったのは
 一安心でしたけど^^;

・新キャラの影が薄い
 前作の主人公スティーブンの息子やら、ホイットモア大統領の娘やら色々と出てきて、見せ場も
 それなりに用意されてるんですけど、残念ながら有象無象感しかなかったですね。
 旧キャラたちの見せ場も多くって、そちらにほとんど喰われた印象です。
 (中国人パイロットの子がやたらと可愛かったんですけど、この子はほぼ見せ場も無し。残念)


あたりですかね。前作の事件で「世界が団結した」割には、多国籍感が薄いのも気になりますけど。




変態仮面 アブノーマル・クライシス
『変態仮面 アブノーマル・クライシス』公式サイト

IMG_4068.jpg


前作を観てなかったのでちょっと悩んだのですが、ものは試しにと思い観てきました。
原作は結構好きでしたしね。


変態仮面のビジュアルの再現度と、アクションシーンは素晴らしかったんですけど、テンポ感が自分には
致命的に合わなかったですね。間延びしたコントを見ているようでどうにも。
映画としては、さっぱりダメな印象です。
ブラを被った変態仙人が長口上をしてるところなんかは、妙にシュールで好きなんですけどね^^;




チャラン・ポ・ランタン ツアー2016『唄とアコーディオンの姉妹劇場』 in 味園ユニバース
昨年に引き続き、今年もチャランポが味園ユニバースに帰ってきました。
「え、昨年と同じ会場とか、もしかして動員増えてない…?」
なんて余計な心配もしましたけど、会場レイアウトが大幅に変わっていて、前回よりもずっと多くの人が!
(小春さんがミスチルのツアーサポートをしており、それをきっかけにライブに来られたという方も)
そのかわり、メインフロアの座席が丸パイプ椅子になっていたり(前回はソファ)場内の装飾も多少
簡易だったりと、雰囲気はだいぶんスポイルされていましたけどね。

そのかわりと言ってはなんですが、セットリストは昨年とは比較にならないくらい充実してました。
(昨年は、CMメドレーでかなり尺を取ってましたから…^^;)
MCの流れから、急遽?『私間違ってた』も披露してくれたり、なんてのもありました。

メドレーコーナーは今年もあったんですが、昨年よりもずっと控えめ^^;
「EDにこそ名曲がある」という流れから『ロマンティックあげるよ』のイントロが始まったところは
結構感動でしたね、かなりお気に入りの曲だったので…
アンコールでの『ムスタファ』では、ももはん客席突入芸がw
しまいには小春さんまで、アコーディオン置いて客席の方まで来てくれて、ハイタッチしちゃいましたよ^^;

この日は客席にちょっとKYな方がいらして、ステージからももはん&小春さんが嗜めるなど、微妙な
空気の時間帯もありましたけど、最後は盛り上がって終われたので満足でした。

この動員だと、次回は味園ユニバースじゃあ厳しいかな?雰囲気のあるいい会場ではあるんですけど
丸パイプ椅子に長時間は、結構辛いものがありますし…^^;
こういう面白い会場でライブが出来るのも、今のうちなんですかねぇ…?


以下セットリスト

1.アコーディオンソロ
2.私の宇宙
3.忘れかけてた物語
4.サーカス・サーカス
5.時計仕掛けの人生
6.シャボン
7.恋のバカンス(カバー曲)
8.プレゼント
9.好き同士

10.アニソンメドレー
  スポ根編(アタックNo.1〜エースをねらえ!〜行け!タイガーマスク〜ゆけゆけ飛雄馬〜タッチ)
  EDの名曲編(ロマンティックあげるよ〜月灯りふんわり落ちてくる夜〜ははうえさま)
  藤子不二雄編(ユカイツーカイ怪物くん〜忍者ハットリくん〜お料理行進曲)

11.月
12.明日に架ける橋(カバー曲)
13.ソトデナイ
14.ちゃんとやってるもーん&ワーカホリック
15.空中ブランコ乗りのマリー
16.あの子のジンタ
17.千秋楽
18.最後の晩餐
19.終わりなき宴
20.メビウスの行き止まり
21.ムスタファ
22.今日のさよなら