プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
【突入!海上輸送作戦】乗り越えろ!バニラ湾夜戦! クリア
艦これ【突入!海上輸送作戦】乗り越えろ!バニラ湾夜戦! クリア!


1511_E-5_1.jpg
第1艦隊(ギミック解除時は江風→島風に)



1511_E-5_2.jpg
決戦支援艦隊


E-4で結構気分が疲れきったし、海域ボーナスもそう魅力的ではなかったので、乙難易度にて攻略。
(丙だと小鬼群が多くって手こずる、という話を見かけたので)

実際、かなり楽でした。
輸送ゲージの破壊はドラム缶を増やすと安定しなかったので、自分のとこでは3〜4個積むのが限界
だったので、ここでの出撃回数は多少多かったですが。
戦力ゲージの破壊は普通に電探など装備出来る分、特に問題は無かったです。1回大破撤退しただけで
あっさりとクリア出来ました(ラストアタックのみ、支援艦隊使用)
ギミックの解除も楽でしたね。江風を他の艦に変えるだけで、小鬼群が出没するHマスルートへ一直線ですし。
(道中の戦闘は1回も無し)
編成が軽いので資源にも優しく、バケツに余裕があれば迷わずギミック解除してからのボス戦がオススメです。

資材等の増減は

バケツ-40
燃料+4000
弾薬+2000
鋼材+4000
ボーキ+3000

と、遠征や任務での増分の方が多く、逆に資源が溜まるという結果に。


イベントを通しての増減だと

バケツ-260
燃料-15000
弾薬-16000
鋼材-10000
ボーキ増減無し

と、それなりには減ってます。大半がE-4での消費ですが^^;
この後は、ドロップ艦を目当てに掘りの作業に入りたいと思います。
今回、ドロップ艦一切入手出来てないんですよね…


hagikaze.jpg




スポンサーサイト
【突入!海上輸送作戦】西方戦線!機動部隊派遣 クリア
艦これ【突入!海上輸送作戦】西方戦線!機動部隊派遣 クリア!


1511_E-4_1.jpg
第1艦隊


1511_E-4_2.jpg
第2艦隊


1511_E-4_3.jpg
道中支援艦隊


1511_E-4M_1.jpg
1511_E-4M_2.jpg
Mマス撃破部隊


とりあえず丙難易度にしてグラーフ掘りをしていたのですが、若干資源に不安が出てきたので
中止、甲難易度での攻略に切り替えました。

…いやぁ、結構辛かったですね。ギミック解除無しでも削りの間はまだ良かったんですが、ラスト
アタックがどうにもならず。万全の状態でボスマスに到達しても、C敗北がせいぜいでしたから…

というわけで、時間制限は気になるけど仕方なくMマスとJマスの撃破から。
Mマスは割と適当な編成・装備でも楽勝だったんですが、Jマスは若干手こずりました。手前の
戦艦4隻のマスがネックでしたね。Mマス攻略の部隊を基本に、摩耶を第1艦隊に入れて
秋月をItaliaに変えたような記憶が(記録を取り忘れて、このあたり曖昧)

ラストアタックは水上部隊で行ったのですが、MマスJマスを叩いただけで状況は一変しました。
それまでは全艦無傷の状態でボスマスに到達しても、運が良ければ大破まで持っていける感じでしたが
退避などで対潜要員が減った状態でも、大破〜撃破まで追い詰めることが出来るように。
(実際クリアした時は、千代田と浦風が退避してました)

まぁとにかく、敗北の連続で精神的に辛いマップでした。

資材等の増減は

バケツ-100
燃料-13000
弾薬-12000
鋼材-11000
ボーキ-4000

と、かなりの消耗。最初の掘りを含めると、弾薬・燃料はさらに4000〜6000ほど減ってます。

Fw190T.jpg

…ラストのE-5は、特にこれといった報酬も無いようなので乙難易度で攻めたいと思います。
丙難易度は小鬼群が増えて逆に厄介、なんて話もあるようなので…




万博記念公園
DSC_5788

引きこもりのくせに、この週末は連日のお出かけでした。
エキスポシティがオープンした直後なだけあって、万博記念公園駅は人でいっぱいでしたね。
大半の人がエキスポシティに行くのかな、と思ったけど、公園の方に行く人も結構多かったです。

この日の自分は、園内にある国立民族学博物館で開催された『時を超える南インドの踊り』を
見に行きました。

研究公演『時を超える南インドの踊り』 (国立民族博物館公式サイト内)

なんでも、ヒンドゥー寺院で行なわれていた奉納舞踊をルーツとした踊りだそうで。
ストーリーが設定されている踊りが多くって、ジェスチャーの要素に結構重点が置かれている印象でした。
一応、解説が書かれたパンフレットも配布されてはいたし、なーんとなくは理解出来るんですが、TVなどで
字幕解説付きで観られたら、もっと理解しやすかったかもしれません。

演目の中に子守唄があったのですが、ラスト、寝かしつけた子供を置いて
(ホントに子供がいるわけではありません、あくまでジェスチャーのみです)
ステージからはける途中で客席から拍手が起こってしまい、慌ててステージ中央に戻ってきて
再度寝かしつけるところからやり直す、という1幕もあったり^^;

2時間半たっぷりと音楽と踊りが楽しめて、費用は博物館の入場料のみとか、実にお得な催しでした。
この博物館、研究公演という形で、この手の催しがぼちぼちあるようなので、今後チェックしていけたらと
思います。
展示の方も、世界各国、古代からつい最近のものまで幅広い展示で、大物も多く楽しい場所なので
割とおすすめです。近くに寄られて方はぜひ覗いてみてください。




奈良〜宇治
DSC_5709

紅葉シーズン!ということで、ライブ以外では久しぶりのお出かけです。
一応紅葉の状況なんかが載ってるサイトを確認して、奈良〜宇治あたりを狙って
出かけてはみたんですが、奈良公園はほとんど葉が落ちてて、さっぱりでした。
ということで早々に奈良を後にして、とりあえず宇治の方まで移動。


DSC_5736

改修が終わった平等院鳳凰堂をサクッと見て、目的地候補の三室戸寺と醍醐寺の状況を
ネットで確認してみたんですが、どうにも状況はよろしくない雰囲気。
京都市内の方も微妙らしかったので、今年の紅葉狩りはこれにて終了、となりましたw


このまま帰るのもなんだったので、京阪宇治線の駅(と伏見稲荷)を回って、ユーフォニアムの
キャラクターパネルを見てから帰りました。アニメは見てなかったんですけどね^^;

DSC_5762
宇治駅。改札の外、階段の下にあるので、京阪を利用しなくても撮れるのがいいですね。

DSC_5767
宇治駅。改札を入ってすぐのとこにありました。

DSC_5771
黄檗駅。中書島方面ホームの、改札を入ってすぐのところでした。

DSC_5774
六地蔵駅。ここの改札口は一個だったかな?やっぱり改札を入ってすぐのところでした。

DSC_5777
京阪本線、伏見稲荷駅。大阪方面ホームの中程にありました。


紅葉の方は不作だったけど、京阪宇治駅は構造が結構面白くって、歩き回って疲れた甲斐は
まぁあったかな、という1日でした。

DSC_5765




IMAXシアター in EXPOCITY
IMG_3205.jpg

先日11/19にオープンした大阪EXPOCITY。
ここに日本初となるIMAX次世代レーザーを導入したシネコンも新設されたので
早速行ってきました。

109シネマズ大阪エキスポシティ 公式サイト

次世代IMAX - IMAX WITH LASER:109シネマズ


現在IMAX 3Dで公開中なのが『エベレスト3D』と『ジュラシック・ワールド』だったので
比較しやすいように、一度別のシアターで観た『エベレスト3D』を観ることに。
(比較云々よりも単純に、もう一度観たかったというのが大きかったですけど)

シアタールームの入り口で3Dメガネを受け取って、長い長い通路を通って(ホントに長いw)
シアタールームの中へ。第一印象は、スクリーンがとにかくデカい!
(周囲のお客さんからも、しきりに「デカい」というつぶやきがw)
TOHOのTCXスクリーンとサイズがあまり変わらない、箕面のIMAXシアターとは別物でした。
比率もちゃんと、1:1.43ですしね。
客席は結構急角度で、今回エグゼクティブシートに座ってみたんですが、前の人の頭が若干
スクリーンにかかりそうなのが、ちょっと気になりました。
(スクリーンの中央しか使わない、通常の映画では全く問題ないですけど。)
まぁ、多少の妥協は必要なんですかね…^^;


ちなみに大型IMAXスクリーンの凄さは、映画本編上映前の予告編だけで目一杯伝わってきました。
1:1.43比のスクリーンを、目一杯に使って飛翔するミレニアム・ファルコン号と、視界いっぱいに広がる
星空をバックに浮かび上がる『STAR WARS』のタイトルロゴ。
いやもう、この大画面のインパクトだけで観に行きたくなりますね!ってか観に行きます。
3D映像での『ザ・ウォーク』の予告も、TCXスクリーンで観たのとは段違いの迫力。
3D映像のクオリティ自体が違うのか、それとも大画面補正で違って見えるのか、とにかくインパクトは
十分でした。


『エベレスト3D』映画本編の方は、画質の違いはあまり分かりませんでしたけど、音響の方も
なかなか良かったです。結構な音量が出てましたけど、特に聴きづらいシーンはなかったですし
先日観た時のDolby-Atmos環境と比較しても、サラウンド感など遜色はなかったように思えます。

もちろん通常のシアターよりもお値段は張りますが、それだけの価値は十分にありますね。
交通の便は若干不便ではありますが(モノレールがお高め)早速ポイントカードも作ってしまったので
今後それなりに通うことになりそうですw 次に来るのはスターウォーズの時かな?


(余談)
シネマのすぐ隣りに、ガンダムグッズの販売&カフェスペースが設けられた「GANDAM SQUARE」という
施設があるのですが、ここの入り口に巨大ガンダム&ザクのモニュメントが。

DSC_5785

DSC_5783

IMG_3207

夜間なのでライトアップされており、目やバーニアが光っておりました。
残念ながら、ライトサーベルは光ってませんでしたけど。

全高約5mということで、なかなかの迫力でした。




【突入!海上輸送作戦】抜錨!海上輸送部隊 クリア
艦これ【突入!海上輸送作戦】抜錨!海上輸送部隊 クリア!


1511_E-3_1.jpg
第1艦隊



1511_E-3_2.jpg
第2艦隊


E-3は結構つらい、という話を耳にしたので、乙難易度にして挑戦しました。
ボスマスS勝利が意外と取れなかったんですが、輸送作戦なのでA勝利でも問題ないし
道中は危なげないしで、結構楽出来ましたw
途中までは第1艦隊の駆逐艦は全スロットドラム缶にしてたんですが、ラストアタックの時は
ゲージもほぼ減り切っていたので、暁、ヴェールヌイだけ通常装備に変更しました。
一応旗艦に、艦隊司令部施設を載せていましたが使う機会はなかったです。


資材等の増減は

バケツ-40
燃料-1400
弾薬-1600
鋼材-1300
ボーキ-300

とまぁ、連合艦隊の割に少なめで済んだと思います。


kashima.jpg


E-4はフォッケウルフ目当てで、甲難易度で頑張りたいと思います^^;




【突入!海上輸送作戦】コロネハイカラ沖海戦 クリア
艦これ【突入!海上輸送作戦】コロネハイカラ沖海戦 クリア!


1511_E-2.jpg
第1艦隊



前作戦に引き続き、E-2も甲難易度で。
ルート固定要員にレベルの低い子が多くって、なかなか苦労しましたね。
神通、雪風はそこそこのレベルですが、浜風、三日月、皐月がLv30〜40だったので
攻撃は通らない、一撃大破が多いなどなど。
1戦目の大破撤退が多くって、精神衛生上あまりよろしくないマップでしたw

中途半端にドラム缶を分配するよりも、強い艦は通常装備で弱い艦にガン積みの方が
安定してました。削りの間はドラム缶合計8個積んでたのですが、ゲージがほとんど削れてたので
ラストアタックの際はドラム缶4個に減らして出撃しました(上の画像はその時の装備)。
熟練見張員や電探で命中を上げたおかげか、昼戦の間から相手の耐久をガシガシ削ってくれて
安定感がありました。
水雷戦隊ということで資源の消費が軽いので、ドラム缶少なめで行った方がかえって
出撃回数が減って、バケツの節約になってたかもしれません。


資材等の増減は

バケツ-40
燃料+700
弾薬+2000
鋼材+2000
ボーキ+1400

バケツは減りましたけど、遠征などのお陰で資源は逆に増えましたw

E-3は結構厳しいという噂だし、報酬の方も無理して甲を選ぶ程ではないようなので
乙難易度で攻めたいと思います。




【突入!海上輸送作戦】輸送作戦!前路掃討 クリア
艦これ【突入!海上輸送作戦】輸送作戦!前路掃討 クリア!


1511_E-1_1.jpg
第1艦隊


1511_E-1_2.jpg
第2艦隊



2015年秋イベントスタートしました。
今回は輸送作戦ということで、資源に優しいイベント…だと信じたい。


初戦はいきなりの連合艦隊マップですねw
初戦ということで甲難易度を選択、適当に編成を組んで、水上打撃部隊で出撃してみました。
最初空母無しで行ってみると、Hマスであっさり大破撤退だったので制空権が取れるように
空母を入れた編成で再度出撃。ストレートであっさりとクリア出来ました。
Hマスさえ超えればボス戦はかなり楽だったので、戦艦は入れずに重巡多めの編成でも
良かったかもしれません。


資材等の増減は

バケツ-25
燃料-2000
弾薬-3000
鋼材-200
ボーキ-200

…まぁ初戦ですし、こんなところですかね。
次のマップはルート固定要因で、メンツはほぼ勝手に決まりそうです。
悩まなくていいのは楽ですねw




Kalafina LIVE TOUR 2015〜2016『far on the water』 in 日本特殊陶業市民会館
IMG_3171.jpg

大阪公演から3週間ぶり、名古屋公演へ行ってまいりました。
(残念ながら、香港は欠席)

香港公演から、若干セットリストに変更が入りましたね。
ツアー途中にテコ入れをしたのか、それとも昨年に秋ツアーもあったし
本ツアーでも2days公演だし、追加公演もあるしということで、東京・大阪の
セットリストが特殊だっただけなのか、理由は謎です。

以下、セットリストと雑感など。




セットリスト
 1.こいびとの昔語りの夕暮れの
 2.monochrome
 3.五月の魔法

  MC

 4.空色の椅子
 5.lapis
 6.輝く空の静寂には

  MC

 7.むすんでひらく
 8.misterioso
 9.One Light
 10.nightmare ballet
 11.into the water
 12.in every nothing
 13.闇の唄
 14.believe

  MC

 15.灯影
 16.うすむらさき
 17.identify
 18.signal
 19.音楽
 20.heavenly blue

  MC

 21.far on the water

  アンコール

 22.ring your bell (in the silence)
 23.ring your bell
 24.storia

  MC

 25.アレルヤ




セットリストの変更箇所は

・『misterioso』の後に『One Light』
・元々『One Light』があったところが『heavenly blue』に

の2点。黒系の衣装で『One Light』を歌う構成になって
アルバム収録曲の『heavenly blue』がレギュラー化(大阪では歌ってない)と
こっちが本筋のセットリストって気はしますね^^;


この日はCD先行でチケットを取ったので、席はかなり後方。というか4階でしたw
かなり高い上に、ステージまで急角度。
(最初のMCでわーさんが「高いですね… 怖くないですか?」と言い出すレベルの高さw)
見づらい、ということはなかったですが、ステージ後方のスクリーンは、ほとんど
見切れてて見えなかったですね。
その代わりステージの構造はよく見えました。大きい半円形の階段がステージ中央に
ドン!とある構造なんですけど、5段+4段の構造になってるとか、アンコール登場時の
旗をなびかせるサーキュレータ、最上段のは床下に仕込んであったとか。

ただ一つ困ったのが、シートのヒンジ部が前の方にあるみたいで、深めに腰掛けると
お尻がシートと背もたれの間に落ちそうになるのはいただけなかった。
(前のめりの姿勢の人が多かったですが、あのシートだと、自然とそうなりますね)
下を見下ろすと結構怖かったりもするので、次回はちゃんとFC先行で
チケット取っておきたいと思いますw


公演内容は、香港2公演の翌週という事もあってか、声がどうにも低調気味。
音響の関係もあってはっきりとは言えないんですが、珍しい事にけいこの声にも
疲れが出ていたような気がします。1月のライブにも、若干の不安が。
(12/22クリスマス大阪、12/24,25クリスマス東京、12/28 CDJ、
 1/11大阪追加公演、1/16,17台湾、1/22,23 8th、1/30,31SPファイナル
 …ってよく考えたらこれ、かなりハードなんじゃ)
まぁそれで歌唱が崩れたりなどはほとんどなかったんですが、やっぱり
インパクトはだいぶんスポイルされていたように思えます。

『灯影』の間奏で派手なノイズ(かなりの大音量で、ガッガッと)が入る
音響トラブルもあったりと、残念ながら色々と気になる事があったライブでした。
それといつもの事ですが、『monochrome』の手拍子もやっぱり残念でしたw


MCの方は、いつも通りの流れでした。
2回目のMCは、けいこの「さっきわかなが歌ってた『ナーツゾラヲシタイー♪(裏声で)』
って曲なんだけど」というモノマネから始まり「Wakanaが語り部みたい」という
いつものお話から、わかな&ひかるのカントリークラブの話へ。
ちなみに部員募集中だそうですw

3回目のMCはやっぱり、fotwレコーディングについて。
ひかるのレコーディング時の衣装は、この日は『うすむらさき』の時の衣装を。
薄紫色で、どうしてもスカートにしたかったけど手持ちがなく、仕方なくシャツを
スカートのように腰に巻いてレコーディングに臨んだそうです。
わーさんが「あれ、シャツだったの!?」と驚いてたので、かなり自然な感じに
スカートっぽくなってたんでしょうね… 意外とおしゃれ番長なひかるさんでした。
ひ「みんなもやってみて!」
け「男性はダメでしょ」
ですねw

アンコールのMCは、いつものお約束通りグッズ紹介を。
この日はファスナーポーチでした。2012年に一度グッズ化してたんですが
(『to the beginning』ライブの時に、事前販売したBOXに付いてました)
好評だったということで、本ツアーで再度グッズ化したそうです。
実際自分も前回のファスナーポーチを使ってて、もう一つくらいは欲しいなと
思っていたのでちょうど良かったです。もちろん買いましたよ。


最後の追い出し曲がまた『未来』に戻っていたのですが、ここでもトラブル発生。
激しく音飛びして、音楽ストップという状況。
でもおかげで、けいこ&ひかるのアカペラ『未来』が追い出し曲になって
なんとも贅沢な状況にw
ステージから二人の姿が消えても、しばらく歌ってくれてましたし。
こういうトラブルは歓迎ですねw

次は富山公演。ひかるの凱旋公演だし、今野師匠はお休みだけど、また森本さんの
演奏が聴けるし、お魚もきっと美味しいだろうしという事で、色々と楽しみですw




エベレスト3D
『エベレスト3D』公式サイト


先日劇場で流れてた予告をチラっと見て、気になって観に行きました。
タイトルからしててっきり、エベレストの雄大な自然を3D映像で!
というだけの内容かと思っていたんですが、蓋を開けてみれば
1996年に実際に起こった、エベレスト大量遭難事故を扱った映画でした^^;
この事故や商業登山の事など、全く知らない事ばかりだったので
いや、いい勉強になりましたね^^;

有名な事故なだけあって映画内では細かい説明はあまりなく、後から
Wikipediaなどで調べて「ああ、あのシーンはこういう事だったのか」
という箇所が非常に多かったので、観に行く前にちゃんと予習出来ていれば
より楽しめていたと思うので、機会があればリベンジしたいと思います^^;

当事者が出版した書籍も幾つかあるので、こちらもチェックしたいんですが
一部はもう入手出来ないようで…

 ・ジョン・クラカワー著『空へ - 悪夢のエヴェレスト』
 ・ベック・ウェザーズ著『生還』
 ・アナトリ・ブクレーエフ、ウェストン・デウォルト共著『デスゾーン8848M』(中古のみ)

 (以上全て、Amazon商品ページへのリンクです)

とりあえず『空へ』だけでも、そのうち読んでみたいと思います。
(『生還』はどちらかというと、著者自身の半生記らしいので)


映画自体は、フラットな立場から丁寧に描かれていたんじゃないでしょうか。
(実際の事故で色々と物議を醸し出した、台湾隊の件はほとんどスルーでしたが)
あまりドラマチックな展開にも持っていかず、比較的淡々と話が進むので
盛り上がりには多少欠けてましたけど、これはこれで良かったと思います。
事故の主な要因は天候の急変なんでしょうが、そこに至るまでの細かな問題の
積み重ねが、地味に丁寧に描かれてて… ある意味ホラー的な楽しみ方も
出来るかもしれません^^;
(そもそも冒頭の「実話を基にした映画」「商業登山」のワードだけでもう
 不穏な結末しか予想出来ませんでしたし)


映像は「凄い!」って事はないにしても、まぁ良かったんじゃないかと^^;
それにしても、邦題にわざわざ「3D」と付け足して、日本国内ほとんどの劇場が
3D上映だけというこだわりっぷりですが、そこまでする必要はあったのかな?
という気はしましたけど。


派手さを求める向きにはオススメしづらいですが、個人的にはお気に入りの作品です。



(15.11.23 追記)
2回目観てきました。
結末を知っていると、序盤の公募隊のメンバーが意気揚々と出発するシーンを観るだけで
泣けてきますね(涙)
ジョン・クラカワー著『空へ - 悪夢のエヴェレスト』を読んだ後なので、若干の内容の違いも
気になりました。バルコニーで待機していたベックとジョンのやり取りなど。
映画でアレンジしたのか、他の資料や著書からの引用なのか。
ブクレーエフの著書が入手しづらいのがつらいところです。

ジョン・クラカワーといえば、公募隊のメンバーに「なぜ山に登るのか?」と問いかけるシーンで
ヤスコさんが「七大陸最高峰を6つ制覇して、あとはエベレストだけだから」と答えて
「それは答えになってないよ」と言われるシーン。
1回目に観た時はもう一つピンとこなかったんですが、ようやく分かった気がします。
「なぜ山に登るのか?」の問いに、「そこに山があるから!」という定番のセリフでロブたちが
茶化して答えるものだから、次にジョンは「なぜエベレストに登るのか?」とヤスコに問いかけます。
ここでヤスコさん、不意を突かれたようなリアクションだったので、おそらく前段のやり取りが
理解出来てなかったのではないでしょうか。
(他のシーンでも英語に堪能な感じでは無かったし、Wikipediaにも英会話能力に幾分の問題が
 なんて話も)
話の流れとしてはジョンは登山する事の意義が聞きたかったんでしょうが、直前のやり取りが
理解出来なかったので、自分に投げかけられた「なぜエベレストに登るのか?」という問いに
そのまま単純に答えてしまったのかな、と。

あと、最後に「ロブの遺体は今もエベレストに眠っている」とありますが、2010年に
スコットらの遺体と一緒に回収され、荼毘に付されてるそうですね。