プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ 舞妓ver. 1/8 フィギュア
DSC_5159

舞妓マミさん!発売延期になってたものが、先日ようやく到着しました。

ピンク地の着物のマミさんも可愛いんだけど、このフィギュアのどこが一番ツボかといえば、足元のベベ。


DSC_5155
うん、可愛い

DSC_5156
あー、可愛い

DSC_5157
やっぱ可愛い(確信)


いいですなぁ。続編を作るときはぜひ、なぎさだけじゃなくベベも出して欲しいですね。

マミさんはマミさんで、チラリと覗く足袋が良い感じですね。


画像の枚数が多くなりそうなので、マミさんの画像はリンク先から。


続きを読む


スポンサーサイト
艦これアップデート・15/06/26
恒例のアップデート。今回は一部艦娘のグラフィック差し替え、また夏限定の
グラフィックやボイスの追加などもありました。


sho.jpg
祥鳳さん改、グラフィック変更。いでたちは変わらないんですね^^;
高波改もグラフィック差し替えらしいですが、まだ未改造のため未確認。

shira.jpg

mura.jpg
白露、村雨が水着に(期間限定)


obo.jpg

ake.jpg

saza.jpg

ushi.jpg
第七駆逐隊も、揃って水着に(期間限定)


それにしても、この季節限定&グラフィック、いつも妙高型とは無縁なんですけど
そのうち足柄さんの水着姿もお願いしたいですね。



(15/07/12 以下リンク先に中破絵追加)


続きを読む


MacOSX『写真』アプリ、マイフォトストリームが同期しなくなった
…という事で、しばらく難儀してたんですが、環境設定からいったん

マイフォトストリームオフ→オン

その後再起動で、無事同期してくれるようになりました。
ある意味、一番基本的な対策だけで解決出来たので、ここしばらく面倒な思いしてたのは
いったい何だったんだろうか、と。


…それにしても、アプリの名前に『写真』とか一般的な名詞使うの、止めてほしいんですけど^^;
(『メール』もそうだったけど)
検索かけて情報漁るのが、すんごく面倒なので^^;


Yuki Kajiura LIVE Vol.#12 "7days special" 7DAY〜日本語封印Special
YK LIVE Vol.#12も、ひとまず千秋楽。


セットリストは東京5日目と同じ。


この日は前の方だけど割とスピーカーよりで、音の方が非常に気になってたんですが
(Magiaツアー、同会場ほぼ同じ席で、酷かった経験が^^;)
そこそこいい感じで聴けて、一安心でした。

この日、何が良かったと言えばやっぱり『I swear』ですね。
けこさま、東京公演とはまた歌い方を変えてきてて、オリジナルからは幾分離れて
自身の歌い方が結構出てきてた感じでした。うん、やっぱり良いですね。
もちろんオリジナルも良いんだけど、良かれ悪しかれ歌ってる本人の独自性が出てきたものが
聴きたいという気持ちもあるので。特にこの曲は、絶対合うとも思ってたし。


以下、MCの内容を覚えてる限り


MC(2回目)
(『paradigm』の曲紹介より)
梶さん「この曲は、主人公の女の子と敵…荒耶が戦うシーンで、ビルからアレーって落ちちゃうの。
    『あらヤだ!』みたいな」
梶さん言っちゃったよw

この後は、お約束のお題トーク。テーマは「最近のささやかな出来事」
ただし、日本語封印公演という事で「ふういん→ふーいん→ふーん」という事で
「ふーん」という微妙な相槌で客席にも参加して貰い、またトークした本人にもダメージが及ぶという
まさに誰得よ、な企画となっていましたw
(最後の方には梶さんも、申し訳ない気持ちでいっぱいになっていた様子w)

トップバッターはわかなから
わかな「昨日、ゆり姐と前世の話をしてたんですよ。ゆり姐は黒人のシンガーで、自分は
    エジプトで、王様に歌を聴かせる人でした」

  『ふーん』

 その後、梶浦さんにも普通に「前世は何だったんですか?」と聞いちゃうわかなw
 梶さんが客席に「自分の前世を知ってる人!」と聞いても、(自分から見える範囲では)
 誰も手を上げずw 「(前世を知ってる人は)稀な存在なんだよ」と梶さん。
 どうやらわかなちゃんのエジプトへの憧れは、ここからきてるみたいですね。
 (スタパでエジプトに超反応してるとことか、
  倶楽部での「スフィンクスの前でテトテトメトメを歌いたい」発言とかもきっとそうw)


ゆり姐「わかなにせっかちと言われた」

  『ふーん』

 「知ってた」かおりさん談
 わかなさんによると「話を聞かない」との事。
 梶さん「基本アーティストって、人の話を聞かないよね」
 けこ「えー、私聞きます」
 梶さん「正確には聞かないんじゃなくって、ちゃんと聞くんだけど、最終的に判断するのは自分だから」
 ゆり姐「うん、聞くけど私には必要ないって感じ」
 と、梶さんのフォローを蹴散らして終了w


けいこ「行きの新幹線、梶浦さんとゆり姐の間に座ってて、その時に梶浦さんから
    リラックスグッズのセットを貰った。(入れ物のチョイスとか)Wakanaにそっくり」

  『ふーん』


かおり「晴れ女です、そして耳を動かせます」

  『ふーん』

 この日の大阪、雨の予報だったんですが逆に晴れだすレベルでしたw
 東京にいるかいないかで気温も違う、なんて事もあって「織田か松岡修造か」というお話w
 あと、イヤモニが密着し過ぎて外しにくい時とか詰まったような感じになった時など
 「フンッ!」って耳を動かすと、隙間が出来て外しやすくなるそうです。


戸丸さん「今朝、メダカに餌をやってきました」

  『ふーん』

 生き物が好きな戸丸さん。
 梶さん「シャム猫とか飼ってそうなイメージなんですが、メダカなんですね」



MC(3回目)
お題トークの続き。

JRさん「電動自転車買いました。超便利です」

  『ふーん』


強様「リハの時に、普段そういうのは食べないんだけど、Wakanaの差し入れのミルキーをふと食べてみたら
   歯の詰め物が取れた」

  『ふーん』


今野さん「オープンカー買いました。梅雨の時期は乗れないけど楽しいです」

  『ふーん』


是永さん「生まれて初めて、髭を伸ばしてます。でも左右のバランスがおかしい気がして
     せっかく伸ばしてるのに(揃えようとカットして)どんどん短くなっていきます」

  『ふーん』


大平さん「人と会話をしてて、『あ、その時まだ僕生まれてないです』って初めて言われた」

  『ふーん』


梶さん「大阪公演の、本番前の円陣の掛け声。日本語オンリーは『日本語でいくで!』
    日本語封印は『日本語はあかん!』でした」

  『ふーん』



MC(4回目)
お題トークの続き。
赤木さん「泳げなかったんですが、15m泳げるようになりました」

  『ふーん』


Remiさん「最近っていうか」
梶さん「別に昔の話でもいいですよ」
Remiさん「今朝の話なんですけど」
梶さん「すごい最近の話じゃないですか」
Remiさん「サンドイッチを食べました」
梶さん「…これは心置きなく言えますね、はい!」

  『ふーん』


…とまぁ、全体的にひどいMCでしたねw
最後の方のMCでも、梶さん「こんなマニアックな公演に来るなんて、なんて音楽バカ」とか
「(サントラSP、日本語オンリー、日本語封印)揃って見に来るなんて、音楽好きも大概」とか
そんな表現で、非常に嬉しそうに話してらっしゃいましたw
7days(うち2日はソワレ・マチネ公演)のハードスケジュールの千秋楽という事で、何かおかしな
スイッチが入ってたんでしょうかね?
最後のタオル投げでは、勢い余って(?)ステージ上にタオル投げちゃいましたし^^;

舞台からはける時に、アルプス一万尺?をやりながらはけてったJRさん&わかなも可愛かったですw


今ツアー、どの公演も非常に良かったんですが、とりあえずの反省点は
「サントラSP、東京のチケットも取っておけばよかった」
に尽きますかねw




Yuki Kajiura LIVE Vol.#12 "7days special" 7DAY〜サントラSpecial
梶浦さん7daysライブも、いよいよ最終日。まずはマチネ公演の、サントラSPから。

サントラSP、自分はこの公演が初めてだったのですが、やっぱり音がクリアな国際フォーラムでも
聴きたかったかな、と^^;
というか、最初の2曲、アコーディオンが入った、いかにもヨーロピアンな雰囲気の曲を聴いて
「なんで自分、大阪1公演しかチケット取らなかったんだ」と思いましたね…



以下、セットリストと感想など。
(セットリスト、とてもじゃないけどメモし切れなかったので某海外サイトを参考に^^;)

セットリスト
 1.トラブルメーカー
 2.そこに生きる人たち
 3.My Story

  MC

 4.Motherland Nostalgia
 5.曲がり角の先
 6.にぎやかな日々
 7.今を生きる

  MC

 8.EAT-MAN THEME
 9.aerial fight
 10.Tonky
 11.daily life, you and me
 12.another state of emergency

  MC

 13.Decretum
 14.Desiderium
 15.Salve, terrae magicae
 16.Vanari Strigas
 17.Symposium magarum
 18.Numquam vincar

  MC

 19.first love
 20.sweet memories
 21.we're gonna groove
 22.carnival in blue

  MC

23.hit it and run!

  アンコール

24.アコーディオンソロ〜moonflower

  MC

25.Red Rose

  MC

26.a farewell song



ほぼ作品ごとにパートが分かれていて、花アン→SOA→まどかマギカ→色々
といった流れですかね(SOAパートの頭にEAT MANが入ってますが)
サントラ系はほとんど持っていないので、初聴きの曲がほとんどでした。
それにしても、パーカッションの存在は結構大きいですね!音的にも、スペース的にも^^;
オーチャードSPではもしかしたら、生パーカスで『elemental』とか聴けちゃうのかな、と
ほのかな期待が^^;
(っていうかストリングスもカルテット編成だし、ステージのスペース的に大丈夫なんだろうか)
イーリアンパイプの音も独特ですね。こちらもなかなか、クセになりそうです。

最初のMCでは本番前の円陣の掛け声「俺が主役だ!」の紹介と、お題トークの代わりになんと
「楽器で一芸を」というテーマを。これは期待出来そう…(実際凄かった。色んな意味で)
「一芸」トップバッターは、イーリアンパイプの中原さん。
お題目は忘れましたが、和風のフレーズから始まって、途中からエキゾチックなフレーズを演奏されてました。

2回目のMCでは、まずブラックバーン校長のお話を。
「大人になった貴方たちが『学生時代が一番良かった』と言うのであれば、私の教育は失敗だった」
いいですね。花アンは見てなかったけど、私も校長のファンになりそうです。

そのあとは「一芸」の続きを。

ジュニアさん「サメに襲われた途端、携帯電話が鳴り出す」
 デーデン……デーデン…デーデンデーデンデーデン ティロリロティロリロ、ティロリロティロリロ
 (以下繰り返し)
…楽器を使った一芸というかこれ、宴会芸じゃん^^;


強様、おもむろにシンバルを取り外し、スティックを首元に刺し、外したシンバルを
背後に掲げてもらい、合掌。

『千手観音』

あかん、完全に宴会芸だw ドラムを使った芸だけど、ドラマーの芸ではないwww


中島オバヲさん「簡単に出来るラテンパーカッション」
…あまり簡単に出来そうな気はしなかったんですが^^;
梶浦さんが、リズム譜をブログに上げてくださるそうです。ひと月以内に^^;
楽しみですねw


是永さん「大阪府警24時」
パトカー的なフレーズを弾いたあと、ギターを顔の前に持って行き
『えー、こちら異常なし、どうぞ』
…ギターって人の声、拾えるんだw 確かに、弦さえ振動させりゃあ良いんでしょうけど^^;


3回目のMCでも、引き続き「一芸」のコーナーが。
赤木さん「一人でカリビアン(後ろに汗だくのオバヲさんがいるイメージで)」
スタッカートかけまくりのオカズ入れまくりーの、凄い音数の、超絶技巧演奏でした!
いやぁ、良いもの聴きましたね。


今野さん、赤木さんの演奏に触発されたのか突如予定変更。FBMライブでも披露されてた
『toss the feather』を披露!かっけーっす!FBMズで唯一、宴会芸以外の技を披露されましたw
(当初は是永さんの芸との合わせ技だった模様w)


梶浦さん「踏切」
ペダルを踏みながら、F、F#を弾けばOKだそうですw


4回目のMC、やっぱり「一芸」の続きが
佐藤さん「音飛び」
レコードの音飛びの要領で、同じ箇所を数回繰り返したあと「ピー」音で締め。
そして小さくガッツポーズw


大平さん「エアーリフティング」
リフティングが得意だけど、さすがにボールを持ち込むのはアレだったので、エアーで。
…楽器じゃないから仕方ないけど、なんかもう、色々とw

まぁそれなりに盛り上がったあと、最後の曲を。そしてアンコールへ。


ステージウィングのところから、佐藤さん(Acc.)登場。
演奏しながら客席へ!佐藤さんの演奏、もう目の前でガッツリ見ちゃいました!
カッコよかったですねぇ。梶さんもMCで言われてたけど、アコーディオンのカバーを外してあるので
メカニカルな機構が丸見えなのも、萌えですねw

そしてシークレットゲスト(FBでネタバレありましたけど^^;)の、笠原さん登場!!

『moonflower』を披露したあと、MCに。笠原さん相手に「一芸」は、さすがに気が引けたとの事で
テーマを変えての質問でした。「声の美味しいところ」だったかな?
ちなみにお答えは「役に成りきる」でした。たまたま今やってらっしゃるオペラ2本で
大人しい奥さんと強気な奥さんの、二つの役をやってらっしゃるとの事で、一言だけ実演もありました。
「あなた…大丈夫?」
「ちょっとあなた、どういう事!?」
うん、どっちも萌えですね←節操無い

次の曲は、梶さん「イカれてる時に書いた、アホな曲」という事で「みんな踊っていいのよ」とw
全員スタンドアップで、『Red Rose』を。踊ってる人は… あまり見なかった気がする^^;

ラストは、以前から聴きたかった『a farewell song』を、オリジナルの笠原さんの歌唱で!
いやもう堪りませんね(^ρ^)
笠原さん、オーチャードの歌唱も楽しみです!!




Yuki Kajiura LIVE Vol.#12 "7days special" 6DAY〜日本語オンリーSpecial
YKライブ、あとは大阪3公演を残すのみ。

というわけで、まずは大阪初日の日本語オンリー公演 in NHK大阪ホール。


セットリストは東京4日目と同じ。


音響はやっぱり、国際フォーラムの方が良かったですね。
特に出だしの数曲は、「これは聴きづらい」ってレベルだったのが残念。
まあ、途中からは気になるレベルではなかったし、アンコールの『edge』は
逆に国際フォーラムより聴きやすかったです。おかげでテンションもかなり上がりましたw
カバー曲、改めて聴いてもやっぱりクオリティ高いですね。
わーさん、以前からYKライブでは安定度が高い印象でしたけど、今ではもう
安定度だけじゃない、それ以上のものが出てきてますよね。頼もしいです。
わーさんといえば『水の証』も、大阪公演の方が自分は好みかな。先週のはちょっと
あっさりし過ぎだった気がするので。
あと『時の向こう 幻の空』で、けぇがかおてぃの肩に手を回してたんですが、身長差がw
かおりも困り顔でしたねw


以下、MCの内容を覚えてる限り


MC(2回目)
お題トーク「好きな日本語」

わかな:(2つ有ります!と言って)「超巨大生物」「超古代文明」
このあとはお約束の、メガロドントークを。
 梶さん「(深海まで)探しに行けたらいいのにね。トリトンみたいに」
 わかな「…へっ?」
さすがにわかなさん「海のトリトン」はご存知ない模様w

 梶さん「『超古代文明』と『古代文明』って、どう違うの?」
 わかな「紀元前4000年より以前のもの、ってWikipediaに…」
ちゃんと定義、あったんですね。

 わかな「『超』とか付くと、テンション上がるんですよ!」
 梶さん「なるほど、萌えですね。『超ひとりごと』とか『超星屑』とか」


ゆり姐:「いいね!」
普通の意味だけでなく、嫌味っぽい「いいね〜」とかもw


けいこ:「熟成」「発酵」
 梶さん「(『熟成』は放置している間に、というイメージで)
    昔書いて放ってあった曲が熟成してたらいいな、なんて」


かおり:「悪くない」
『elemental』の例のパートは、めっちゃドSな気持ちで歌ってるらしいですw
 梶さん「かおりちゃんだから、あの歌詞」
レコーディングも一発OKだったとか。


赤木さん:「夢だ、夢があるのだ」
スーパー歌舞伎「三国志」の、諸葛孔明のセリフだそうです。
 梶さん「スーパー歌舞伎、今度はワンピースをやるんだって」
けーかおあたりが反応してましたねw


MC(3回目)
引き続き、お題トーク「好きな日本語」
JRさん:「感謝」


強様:(まずは、好きというか苦手?な言葉から)「お題」
   (最近好きな言葉は)「無欲」
この、ライブ恒例の「お題」が苦手で、過度な緊張を強いられるそうですw


今野さん:「泡盛」
自分も大好きですw


是永さん:「解放」


大平さん:「逆転満塁本塁打」
 梶さん「…若干のクドさが、わかなちゃんに通じるものがありますね」
大平さん、この言葉は好きでもご自身は、地道に前進していく派だそうです。



MC(4回目)
(カバー曲コーナーについて)気がつけば、see-sawの曲だらけに。
人が変われば当然歌も変わるんですが、例え同じ人が歌ってても、年月が経てば
やっぱり違ったものになるのが面白い、といった趣旨のお話を。



MC(5回目)
アンコール前から曲紹介を
梶さん「…『edge』これはsee-sawのカバー曲になります。次が『Parallel Hearts』
    そしておっと危ねぇ!!」
…勢い余って、次に演る曲まで紹介しそうになった梶さんw

そしてラストの曲『ユメノツバサ』が終わって、「たこ焼きは、食べた!!」という謎の主張から
最後の挨拶をして、ライブ終了w


大阪初日も、楽しいライブでした!



クトゥルー・オペラ 邪神降臨
fc2blog_20150616211642670.jpg
CMF、3月刊行分。

1980〜1982年に朝日ソノラマから刊行された作品(4部作)の復刊。

1999年に復活する(予定だった)邪神たちと、世界各国から集められた
7組の双子の超能力少年・少女たちのバトル!
なんとも時代を感じる設定ですけど、ストライクゾーンの世代には堪らないですよねこれ。
敵として出てくる邪神も、クトゥルー、ハストゥール、クトゥグァ、ナイアルラトホテップ、
アザトート、etc、etc…
とか、ほぼ邪神オールスターズの様相を呈しております。

ただ、この邪神たちが死ぬ死ぬ。後半はそれなりに苦戦もし、犠牲者も出ますが、とにかく
邪神たちが滅びまくる。クトゥルーに至っては、まだ序章的な内容の第1部のラストで、あっさり
さっくり瞬殺されちゃう始末。
超能力vs怪獣もの、なんて表現もされてるようですが、邪神がわざわざ「わしだ!アブホートだ!」
とか「きたなこわっぱ!燃やしてくれるわ!」なんて言ってくるあたり、怪獣というよりむしろ
ショ◯カーの怪人的な趣が…^^;
とはいえ、単純な超能力バトルものという訳でもない気はします。

物語のオチは、邪神を全部倒す→過去にタイムスリップして、未来の自分たちに次の戦いを託す
といった流れなんですよね。
おそらく、邪神が全滅した後には平和な時間軸が存在するのでしょうが、双子たちにはそんなものは
存在しない訳です。過去にタイムスリップした後も、死ぬまで邪神たちと戦う。
そして再び生まれてきた時代でもやはり、邪神たちと戦う。
特定の時代のあらゆる平行世界で、延々と邪神たちを滅ぼすだけの存在。
そう考えると、一気にコズミック・ホラー感が湧いてくる気がします…




Yuki Kajiura LIVE Vol.#12 "7days special" 5DAY〜日本語封印Special
fc2blog_20150616002631367.jpg


昨日に引き続き、今日は日本語封印ライブへ。
この日は席が前の方で、開演前から若干テンパり気味でしたw
音自体はある程度後ろの方が確かに良いんだけど、ステージ上の音が
直接届く場所も、それはそれで良いんですよね。




以下、セットリストと感想など。

セットリスト
 1.overture 〜 swordland
 2.luminous sword

  MC

 3.voyager
 4.jubilee
 5.空の境界 未来福音 M-7
 6.in the garden of sinners
 7.paradigm

  MC

 8.I miss you
 9.lotus
 10.absolute configuration

  MC

 11.I swear
 12.everytime you kissed me
 13.my long forgotten cloistered sleep

  MC

 14.rainbow 〜main theme〜
 15.Sword Art Online M15
 16.cynical world
 17.目覚め
 18.she has to overcome her fear
 19.zodiacal sign

  MC

 20.heigen
 21.maybe tomorrow

  アンコール

 22.crush
 23.alone
 24.bloody rabbit
 25.contractor

  MC

 26.Historia: closing theme



開演前に皆から「2曲目で立ってください!」と言われてたおかげで
最初にRemiさんが登場した時点で「2曲目ってluminous swordですかー」
と分かっちゃいました^^;
梶フェスの時はRemiさん&かおりだけだったけど、この日はRemiさん&歌姫全員で。
やっぱりこの曲は、Remiさんのが一番ですね。
あと、この曲でわかなちゃんと目があった気がするわ(*´∀`*)

最初のMCでは挨拶を。ライブ前の円陣組んでの掛け声、日本語オンリーでは
「日本語でGo!」だったのが、日本語封印ライブでは 「日本語はNo!」だったそうですw

次のパートは、NHKの報道番組で使われた『voyager』から始まって、『jubilee』
そして空の境界メドレーを。
『jubilee』では珍しく、ゆり姐さん入りを間違えるなど^^;
それにしても空の境界パートは燃えますね。『in the garden of sinners 』の出だしから
もうブワッと来るものが^^;


2回目のMCでは、お約束のお題トーク歌姫ズ編。
このライブでのお題は「最近封印しているもの」について。

わかな:ここ7〜8年封印してるのが、前髪(ずっとおでこを出す髪型なので)。
    わ「ここ7〜8年ほど、封印してるものがあるんですよ!」
    梶さん「えー、なんだろう」
    わ「なんだと思います!?(西宮でもやってた、マンガっぽいポーズでw)」
 …可愛過ぎかw

    わ「前髪、どこかへ行っちゃったんですよ!」
    梶「え?でもちゃんと(前髪)あるよね?」
    わ「…はい、あります」
 とかいう謎のやりとりや、投げキッスならぬ投げデコで締めてたのが可愛かったですねw

ゆり姐:お酒
 別にそんなに飲まないけど、お酒の席とかは大好きだそうです。
 あと、寝る時に喉が渇かよう、口元を絆創膏でバッテン作って貼り付けちゃう
 『ミッフィー』のお話も久しぶりに。

けいこ:ツアーの間は、音楽番組を見ないようにする。
 撮り溜めして、後日見るそうです。

かおり:お酒を控える…(だったっけ?^^;)
 ゆり姐のお酒封印話の時とか、妙に神妙な面持ちでした、かおりさんw

戸丸さん:我慢すること。自分の主張を言うようにするとか。
    梶さん「華江、解き放つ」
    戸丸さん「私、結構腹黒なので…」
    梶さん「結局アーティストって、どうやったって最後は『ワガママ』呼ばわり
     されちゃうわけですよ。それなら最初からワガママにやった方がいい!」
    戸丸さん「…それでは皆さん、私のワガママ聞いてください♡」

(…今回そんなにメモ取ってないので、色々と曖昧ですw)

次のパートは、戸丸さん&ゆり姐の『I miss you』からスタート。
生歌で聴くと、あのシーンの虚ろな感じが倍増しですね。
けいこ、かおりが出てきて(多分この二人だった←)『lotus』を。戸丸さんゲストのライブでは
マストの曲ですね!
そしてわかなin、何故か戸丸さん退場されて『absolute configuration』
せっかくだから、戸丸さんのお声で聴きたかったですね。

次のMCはFBMズのお題トーク。

ジュニアさん:某カップ焼きそば。ライブが終わったら解禁します
 てっきり某ペ◯ン◯かと思いきや、丸い方でした(ご本人のツイートより)

強様:お酒
 やっぱりお酒を飲むと、調子崩れるみたいですね。

師匠:スピード
 後ろでわーけーが、ハンドルを握るジェスチャーで「車?」「車」と言い合ってました
 …またやらかしたんですかね、師匠w
 (数年前も飛ばし過ぎで、しばらく『喪に服してました』という時期があった師匠w)

是永さん:エスプレッソコーヒー
 メーカーが壊れたそうで^^;

大平さん:マンガ
 続きが気になるので、まとめて一気に読みたい派だそうです。
 今封印してるのは、ジョジョの奇妙な冒険。梶さんは読んだ事ないとの事。


この後は英語曲パート。
前の時も思ったけど、『I swear』はもっと歌い方変えても面白いと思うんだけどなぁ、けこさま。
『everytime you kissed me』は、サントラインスト曲が元曲ということで転調多め。
(後のMCによると、きっかり8小節ごとに転調しているそうですw)

英語曲パート後のMCは、赤木さん&Remiさんのお題トーク

赤木さん:お酒(多いなお酒封印!)
 昔は各地の地酒(日本酒)を飲まれてたそうですけど、29歳になってお酒に弱くなって飲まなくなったとの事。
 ラム酒や焼酎なら、ちょっとはいけるそうですけど。

Remiさん:ディ◯ニーチャンネル
 見だすと止まらなくなるそうで。でも昨日、とある作品の最終回を見逃したのは悲しかったそうです。
 梶浦さんは梶浦さんで、洋楽MV特集などは、見始めると止まらないそうで。
 MVなるものが出始めた頃はダサい出来のものが多くって、2割が「何か光るものを感じる」
 4割が「まぁ普通の出来」(ここで「何割までいったっけ」と数えだす梶浦さんw)
 残りの4割が「ダサい出来」だと。自分もある程度は80’sのMVを見て育ったので
 アレとかソレとか、幾つかのMVが頭に浮かんできましたw


そしてライブも後半戦に突入。『Rainbow 〜main Theme〜』のRemiさんが天使でしたね!
先日リリースされたライブCDで音源化されましたけど、生で聴くのはやっぱり、感動が違いますw
それと、絶対来ると思ってた『zodiacal sign』ポジションチェンジで途中から、けこさまがずっと目の前で
歌い踊ってくれてて、もうなんか独り占めしてる気分でしたw
この曲の時はいつも、梶浦さんガン見なんですけど、この日ばかりはほとんど歌姫ズ(というかわかなけいこ)に
視線釘付けでしたw

この後のMCでは、グッズ紹介でコーラススコアのお話を。
Historia: OP Theme、パートが5段あるんですが、実際に歌う時は4段目は抜きで歌う方が良いそうです。
若干不協気味のパートで、CDだと良いけど生だと綺麗に響かないので、ライブでやる時もオミットしてるとの事でした。

本編ラストは『heigen』『maybe tomorrow』を。
『heigen』は「絶対呼べないところにいらっしゃいますので、録音で」という事でJohanさんのパートは音源から。


アンコールも盛り上がる曲をこれでもか!と叩きつけてくる怒涛の展開!
締めは以前からずっと聴きたかった『Historia: closing theme』が。わーさんの歌唱も素晴らしくって
涙腺が緩みました…




Yuki Kajiura LIVE Vol.#12 "7days special" 4DAY〜日本語オンリーSpecial
fc2blog_20150616002639acb.jpg


1年と2ヶ月ぶりのYKライブ!
全部で9公演ありますが(日本語封印、日本語オンリー、サントラSPの3本3セット)
今回自分は、東京の5公演目以降に参加、日本語オンリーSpecialからの
スタートとなりました。
この日、座席は前の方ではあったんですが、ド上手端の見切れ席でした。
今野師匠の姿が、照明機材の向こうにかろうじて確認出来る程度で
ストパーでイメチェンされた是永さんの姿はほとんど拝見出来ず…^^;
CD先行でチケット取った席だったからかな^^;
まぁ以降の公演は割といい席が多いので、今後に期待ですね。



以下、セットリストと感想など。

セットリスト
 1.overture 〜 eternal blue
 2.storytelling

  MC

 3.ひとりごと
 4.星屑
 5.storm
 6.秘密
 7.elemental

  MC

 8.distance
 9.here we stand in the morning dew
 10.dream scape

  MC

 11.黄昏の海
 12.記憶
 13.君がいた物語

  MC

 14.光の行方
 15.銀の橋
 16.時の向こう 幻の空
 17.stone cold

  アンコール

 18.overture 〜 edge
 19.Prallel Hearts

  MC

 20.ユメノツバサ



初っ端から立たせる曲が続く流れ。特に、梶浦さん曲では珍しく←
疾走感と爽快感のある『storytelling』はぜひ、定番曲化して欲しいですね。

最初のMCでは挨拶とライブの概要など。
普段のライブでは日本語曲がかなり少なくって、3曲程度が普通。
5曲もあると「多すぎる」とお叱りを受けるとか^^;
梶浦さんが書かれた曲で、日本語曲(1行でも日本語詩があれば日本語曲認定)は
5%にも満たないんだそうで。
そんな薄い層の中から選曲されたライブが、日本語オンリーライブなんですね…

あと、ライブ前の円陣組んでの掛け声は「日本語でGo!」だったそうです。


そんなMCの後は、出だしとはうってかわって静かな曲タイム。
『ひとりごと』『星屑』あたりではけこさま、だいぶん滑舌を意識していたような。
『storm』の夫婦曲の後は、貝田さんメインボーカルの『秘密』を。
何気に貝田さんメイン曲って貴重な気がするので、ありがたい選曲。
(ぶっちゃけオリジナルの『secret game』の方が好きなのは内緒^^;)
緑の照明が効果的に使われてましたけど、歌姫ズの肌が緑に染まって
こっそり「オリオン女か」とか思ってしまいました^^;
後ろにいらした、トレッキー赤木さんの感想も、ぜひ聞いてみたいとこです←

2回目のMCでは、お約束のお題トーク歌姫ズ編。
このライブでのお題は「日本に生まれてよかった・日本の良いところ」について。

わかな:海外でお会いした方に、日本の事を褒められたり、好きだという
    話を聞くと、嬉しくなる。
    後は、電車が決まった時間・停車位置にぴったり来る事
ゆり姐:納豆好きになれて良かった。毎日食べてる
(この後客席に、納豆嫌いな人・好きな人のアンケートを取ったら
 嫌いな人が圧倒的少数。…関西でアンケートを取ってくれたら、結果も違うだろうに^^;)
けいこ:掃除が趣味で、掃除用具をよく買いに行くんだけど、売り場の人の
    説明が凄い。1を聞いたら10返ってくる、みたいな。
かおり:白黒付けたがる性格に見られるけど実際は、結構グレーゾーンでいたい
    ところがあるので、日本語の曖昧な表現が多いのが良い

…と、こんな感じだったかな?

次のパートでは、以前から聴きたかった『here we stand in the morning dew』が。
ゆり姐のボーカルが素敵で可愛くって、もう堪りませんでしたねw
あとこの曲では、けこさまも相当可愛かったですね。
ゆり姐の「ぼっくっ、らーのっ♪」のメロに合わせて首を傾げるところとか
ゆりかおハモパートで、2人が目線を合わせやすいよう後ろに下がってみたりとか…
『dream scape』も、今のかおりのボーカルで聴けたのは良かったです。
直後のMCで梶浦さん言われてましたけど、以外とやってる回数少ないんですよね。

3回目のMCではまず、dream scapeのお話(前述の話と、JKかおてぃが制服で
レコーディングにやってきた話を)。
その後は、FBMズのお題トーク。

ジュニアさん:治安とメシと仕事。真面目な仕事っぷりが良いそうです。
(梶浦さん曰く「見た目はこうですが、結構マジメなんです」がひどかったw)
強様:ワビとサビ。あと「イエーイ、ハイターッチ」みたいなノリが苦手。
    ジュニアさんがやってるみたいな。そういうチャッチイの嫌い
(横ですっかり拗ねるジュニアさんと、慌てる歌姫ズが可愛かったですw)
師匠:食べ物。美味しくないものは食べたくない方だそうで。
是永さん:震災の時の助け合いを見て、良い国だな、と。
大平さん:繊細な味付け
(ここで梶浦さんが「日本人は味蕾の数が多い」という豆知識を披露。オフマイクで
 思いっきり「あー、そう!」と言ってるけこさま可愛かったです。
 その後の「ダシ万歳!」発言の時も万歳してましたしw)
赤木さん:温泉
(梶浦さんの「耳元で温泉、って言われただけでも癒されるよね」という発言で
 一斉に「温泉」と耳打ちしあう歌姫ズ)

この後はカバー曲パート。see-sawの曲が続けて3曲。『君がいた物語』は
前ツアーでも演ってましたが『黄昏の海』『記憶』は今回が初めてですかね?
この2曲、わかなとけいこがいい仕事してました。けいこの歌い方、智晶さんの曲に
結構合ってる気がしますね。わかなもいつの頃からか、歌い方に風格というか
芯のあるところが出てきてて、これも曲によくマッチしてました。
『君がいた物語』冒頭の、かおりの造語シャウトもヤバかったですね。
自分の場合、智晶さんの声と歌い方が大好きなので、どうやったってある程度の
不満は感じちゃうんですが、それでも「他の曲のカバーも色々聴いてみたい!」
と思える歌唱でした。

カバーコーナーの後はMCを挟んで、本編最後のパート。
ピアノ伴奏だけのシンプルな『水の証』から始まって『時の向こう 幻の空』
『stone cold』でフィニッシュのパターン。
曲の途中、ステージ後方からアヘ顔ダブルピースで歩いてくるゆり姐可愛かったですw

アンコールはまたまた、see-sawのカバー『edge』から。
(最後のMCで言われてたけど、意識せずにセットリストを組んだら
 .hackの曲ばかりになった、と^^;)

ラス曲の『ユメノツバサ』は、みんなで合唱するパートもあって良かったですね。
最後の最後ではかおりの呼びかけで、客席全員ジャンプで締め。
(最後の挨拶時に『落ちてこなくて良かったよ、2F3Fの人』とか言ってて
 ひどかったですがw)


実は日本語オンリーライブ自体初めてだったんですが、母国語礼賛ライブも
なかなか良いものですね^^;

次回は日本語封印ライブ。ゲストさんたちのボーカルが非常に楽しみです。




春日大社 国宝御本殿特別公開
DSC_5041

奈良の春日大社で、式年造替による御本殿と御本殿磐座の公開をやっていたので行ってまいりました。

春日大社公式サイト

御本殿の公開は20年に1度、磐座に至っては初公開という事です。
(当初は5月いっぱいで終了の予定だったのですが、好評だったのか6月いっぱいまで公開延長になってます)


磐座はサイズが結構小さいのも意外でしたが、何より白い漆喰で塗り固められたその外観!
同様の磐座は、ここと摂社の水谷神社にしかないという、非常に珍しいものだそうで。
公式サイトにも書かれていますが、春日大社に伝わる文書、絵巻などにも記載がない謎の磐座だとか。
この日は水谷神社には行かなかったので、またそのうちそちらの方も確認しに行きたいと思います。

御本殿は撮影禁止だったので一切写真が無いんですが、旅情報サイトに記事があったので、参考までに
そちらのリンクを。

Travel.jp[たびねす] 〜謎の磐座が初公開!『国宝御本殿特別公開』春日大社「第六十次式年造替特別公開」
(さすがに磐座は内覧会取材でも撮影禁止だったという事で、スケッチのみの掲載)


以下、御本殿以外の写真を適等に。

DSC_5069
プロフィール画像、実はここの狛犬でした。以前撮った時より、お顔の苔が増えてますね…^^;


DSC_5046
奈良といえば鹿。この日も大勢の観光客が、鹿せんべい目当てに襲われていましたw


DSC_5099
神苑の萬葉植物園へ。菖蒲が見ごろでした。