プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
邪神決闘伝
fc2blog_20150127170203788.jpg
CMF新刊。

邪神の“夢”が産み出した無法者たちを追いかけ、賞金稼ぎ“シューター”と
日本人“シノビ”が西部をゆく!クトゥルー・ウェスタン開幕!

特に西部モノに馴染みが有るわけではないけど
(メル・ギブソンの『マーヴェリック』、あとはせいぜい皆川氏の『PAECE MAKER』くらいか)
興味はむしろある方だし、NINJAも出てくるとなってはもう手を出すしかない、ということで
今作も迷わず購入しました。

自分でも名前は知ってるガンマンたちが登場、ラストはあのOK牧場という
なかなかサービス満点な展開。
だけれども、分かりやすいガンアクションはファニングショットくらいしか出てこず
主人公の“シューター”も<教団>が施した防護魔法が強力過ぎて、いまいち凄さが伝わってこない。

代わりに出てくる「KAMI SIBARI」や「MAKIBISI」など、NINPOUの数々!
あとがきを見るに、こちらがメインでやりたかったようですね^^;
続編もクトゥルー抜き、シノビ主人公で書かれるとか。
凄腕ガンマンたちとのバトルアクションがメインになるのかな?
ひょっとしてひょっとしたら、インディアンの呪術師たちとJUTSUで対決もあり?
想像してたら萌えてきたw続編楽しみだなぁ。

“シューター”にポーラ、ルネンゴチーバやティハナのその後も非常に気になるので
クトゥルー有りの続編も、ぜひ読んでみたいですね。



スポンサーサイト
Yuki Kajiura LIVE Vol.#12 "7days special"、発券
サントラスペシャル、日本語オンリー、日本語封印ライブのセットを3公演、
7日間で3セットやるという鬼のような公演の、FC先行チケットの当落発表でした。

結果は5公演申し込んで、4公演当選。
一番のお目当てだった日本語封印が2公演取れたので、満足な結果に。
座席の方も、どの公演もなかなかで、昨年とは違って運が向いてきたような、気が^^;

6月、待ち遠しいですね…!


奈良公園
DSC_3678

今日は久しぶりに、奈良公園まで。
最初は興福寺の方も回ろうかな、とか思ってたけど出掛けた時間がちょっと遅めだったのと
足が謎の筋肉痛で、東大寺〜2月堂、そして奈良公園をちょっと回ったところでギブアップ^^;
なんとも情けない結果に。迂闊に春日大社に足を踏み入れたら、遭難するんじゃなかろうか…^^;

まぁ、また近いうちにリベンジしたいですね。


DSC_3663

DSC_3671
東大寺の広目天、多聞天。
東大寺に来るのは、この2体がお目当てですね。



DSC_3701
2月堂では、鹿がお出迎えしてくれました^^;



DSC_3640

DSC_3731
奈良公園の鹿。しょっちゅう鎖かじってますね。
鉄分を補給してるって噂は、本当なんでしょうか…?



衝動買い
先日ネットで見かけた、figmaマミさんに、すーぱーそに子水着ver.(アニメBD初回特典)の
ボディをつけた画像があまりのインパクトだったので、思わず即ポチり。
…何やってるんですかねー、自分^^;

早速首すげ替えて遊んでみましたw

DSC_3584

DSC_3587

DSC_3590

DSC_3592


…マミさんfigmaはどこかの奥地に眠っているので、ご友人のなぎささんにご登場いただきました。
まぁ、マミさんでやるよりこっちの方が面白いかなー、とか思ってみたり。

背景はMacの画面を利用。フィギュア自体は結構色々ポージングが出来て面白いかも。
浮き輪とかビーチボールの小物も付いてて、色々遊べるんじゃないかと思いました。



ラブジョイ彗星
1/7にラブジョイ彗星最接近、という事で、ちょっと表に出て双眼鏡片手に探してみました。

…全然見つかりませんでした^^;
ライブ用の双眼鏡(5×15)程度じゃあ、街中では厳しいみたいですね。

というわけで、目視は諦めてカメラで撮ってみることに。

DSC_3557

オリオン座が綺麗ですね。んで、肝心の彗星は… あれ、右のほうにぼんやりと…?


DSC_3576

ひょっとして、これ?


DSC_3576_2

っぽいですね。撮影成功!



lovejoy.jpg
念のため天文ソフトで確認。これだけ尾を引いてたら、分かりやすいのになぁ^^;


狂気山脈の彼方へ
kyoki.jpg

テケリ・リ!ということで、12月のCMF新刊。
今回もまず最初に、元ネタの『狂気の山脈へ』を読んで予習を。
体長180cmメートルの未発見種とはいえ、ペンギンをやたらと
グロテスク、と表現しまくるあたり、御大はペンギンお嫌いだったのかな^^;
逆に、クトゥルー神話のクリーチャー自体、実はペンギン並みに
可愛いんじゃないか、って説もどこかで見かけたけどw

以下、雑感など適当に。


・頭山脈
 ひょんな事から、大学祭の手伝いをする事になった主人公。
 細かいところが曖昧な、過去の追憶や夢の記憶がベースに話が進んで行くために
 読んでいるこっちまで、夢の中を彷徨うような、ぼうっとした感覚になってくる。
 (登場人物のセリフ全部に鉤括弧が付いておらず、セリフと情景の境界が
  曖昧というか、そんな感じがして余計に)
 なかなか不思議な読書感で、非常に面白かったです。
 そしてあのオチ。
 「あー、なるほどそう来たかー」と思ったのも一瞬。色々と悩みだしたら
 止まらなくなってきた。
 どこまでが実際にあった事で、どこからがそうで無かったのか?
 男が小説家として暮らしてた日々は、実際にあった事なのか
 それとも捏造された記憶なのか、などなど。
 あーもやもやする^^;



・恐怖学者羅文蔵人の憂鬱なる二日間
 オカルト企画の取材で、青森県、恐山近くのとある村へ赴く鵺野と羅文。
 そこで起こっていた、霊能力者の連続変死事件の謎に挑む!
 南曲村に伝わる民謡に隠された秘密とは!
 …という、オカルトミステリー。
 日本の神話や現地の歴史を扱って、クトゥルフものに仕立て上げるという
 何それ最高じゃん!な作品。
 大阪には、秦氏由来(と思われる)星を祀った神社や、作中にも
 名前だけ登場した天棚機比売、栲機千々比売を祀った神社があるので
 ネタ的にも親近感が湧きました。
 鵺野と羅文のキャラクターもなかなかいい感じで
 短編というより中編と言っていい文章量でしたけど、全然読み足りない!
 これは是非、長編で続編を読みたいですね。

 あと、ショゴスが食用になるネタが、ヨグ=ソトース戦車隊に引き続いて再びw



・レーリッヒ断章の考察
 ニューヨークで起きた、異端の狂信者達による大量殺人事件。
 その犯人による手記に示唆された、ショゴスの存在。
 バレエ『春の祭典』に隠された、恐るべき真実!
 ストーリーとしては、王道と言える展開でしたね。
 ロスの街で目覚めたショゴスが、人間の体を乗っ取り
 最終的には大量殺人事件に発展し…
 ゲームブック作品でしたが、なるほどそういうやり方もあるのか、と。
 これ、次に飛ぶパラグラフを初回プレイ時から自分で選択するって
 遊び方でも、それなりに楽しめそう。
 それにしても、あのイラストで「14へ」とか言われると、元ピップとしては
 うんざりしつつも懐かしさを感じてしまいますね^^;


今回も3編、ガッツリと楽しませていただきました。
ところで、『頭山脈』『恐怖学者〜』の2編で、それぞれヘドラ、ビオランテとか
ゴジラネタが出てきたのは、邪神の導きによるシンクロニシティなんですかね←
それとも『ゴジラ vs クトゥルー』の布石なんでしょうか←

そんなバカ話はどうでもいいとして。
今月末刊行予定の『邪神決闘伝』も、予告からしてもう楽しさしか伝わってこないので
実に楽しみ!



雪の京都
前々から、雪の金閣寺を見に行きたいなー、とは思ってたんですが

京都で61年ぶり積雪22センチ

…という事で、またまた京都まで写真を撮りに行ってまいりました。
バスだと遅延の可能性があるので、電車と徒歩で金閣寺まで移動、開門前に
たどり着いたのですが、既にかなりの行列が。自分が入場する頃には
めぼしい撮影ポイントはかなりの人だかりで、最前を確保したまま
全然動かない人も多い事!

それでもなんとか頑張って

DSC_3331

のような写真は撮れました。
今回は池も完全に凍ってたけど、雪化粧の金閣寺が水面に映って…
みたいなのも、そのうち撮りに行きたいですね。

雪で道が悪い中、金閣寺以外もちょろちょろ回ってたせいで、すっかり筋肉痛になりました^^;


以下、他の場所の写真や詳細など(画像多いです)


続きを読む