プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
アナと雪の女王で、気になるところ
アナと雪の女王。
よく動き表情も豊かな3Dキャラ、美しい風景、愉快なオラフ、そして愉快なオラフ。
とっても楽しい映画で、ウチの中では今年上半期ナンバー1映画確定なんですが
未だ納得が出来ない、腑に落ちない点がいくつか(作品の評価には関係無いものばかりだけど)。



・ひと房の白い髪
  幼い頃にエルサの魔法を喰らった影響で、ひと房だけ髪が白いアナ。
  ラストで、自力(?)でエルサの魔法を解いた後は、髪の色は完全に元通りになってたけど
  これひょっとして、子供の頃パビーに治療してもらって時点では、魔法の影響が
  完全に抜けて無かったのでは?
  あのひと房分、心にわだかまりが残っていたような気がしないでもない。

  というか、パビーがあそこで両親+エルサをビビらせ過ぎたのが、そもそもの発端じゃないのかと^^;

・ハンスは鏡
  初見の時から、どうにもキャラが掴めなかったハンス。
  「ハンスは鏡」という、制作側の発言に基づいた考察記事を発見して色々と得心したんだけど
  それでも疑問の残るシーンが2つ。
  
   氷の城にて、エルサに向けられたボウガン。それに気付いたハンスが、とっさに飛びつき
   的を逸らさせる。
   エルサではなく、飛びつく直前に確認した、エルサの頭上にあるシャンデリアに向けて。


  なんでしょう、このシーン。エルサを殺したくなかったにしては、狙い所も微妙。
  シャンデリアなんて直撃したら、エルサ普通に死にそうだし。うーん、分かんない。
  何にせよこの行動は、誰かの意思を反映したというよりは、自己の意思で動いてるように見える。


  そしてもうひとつ、気になるシーンが

   エルサにアナの死を伝えるハンス。失意で崩れ落ちるエルサに、ハンスが斬りかかる…!

  ここも、誰かの意思を反映した行動には見えない。てか殺る気マンマンの顔してるじゃん、ハンス!!

  「ハンスは鏡」は制作側が言ってる以上事実なんだろうけど、絶対それだけじゃないよね、彼。
  自己の意思を明確に持ったキャラクターなのは、間違いないと思う。


…小説版読めば、こういうった疑問はいくらか解消するのかな。そのうち読んでみようかな。


続きを読む


スポンサーサイト
マットレス
And did those feet in ancient time〜♪


…てなわけで(どんなわけだ)、マットレスを新調。高反発タイプで、そこそこ厚みのあるやつを購入。

長年使い込んだせんべい布団+へたってペラペラのマットレスで
床の硬さを感じながら眠るという、劣悪な環境から一変。

硬過ぎず柔らか過ぎず、仰向け、うつ伏せ、横向きのどの姿勢でもナチュラルに
身体が保持される感じ。素晴らしい。

何となく、寝起きも良くなった気がする。

ただ問題は、部屋が狭過ぎて取り回しが…
あかん、汚部屋の片付けを進めないと…



呪禁捜査官―訓練生ギア
呪禁官シリーズの1作目。
実は「百怪ト夜行ス」の発売を知った時点でポチってて、発売までに読む気だったんだけど
結局今の今まで放置してたという^^;
電子書籍って、積ん読してても圧迫感がないのが弱点ですよね←


・呪禁捜査官―訓練生ギア
「百怪〜」で活躍した葉車俊彦の息子、葉車創作が主人公(愛称は、父親と同じく『ギア』)。

父親と同じ道を歩むべく、呪禁官養成学校に通う小ギアのお話。
暗所恐怖症な小ギアが、どこかしら大きな欠点を持った仲間たちと一緒になって
上級生のイビリに耐えつつ養成所生活を送る、といった感じのお話。

なんとなく物足りないなー、という感じがしたけど、これきっと
「オカルトアクション系のお話なのに、主人公たちが弱っちくって余り活躍してない」
とこから来てるんだろうな^^;
(ロケットおっぱい龍頭姐さんとか、大活躍だったけど)

他にも
・世界観の紹介
・養成所生活で一皮むける主人公
・父親を殺した、因縁の相手と邂逅
あたり、長編シリーズの第1巻的な話だったのも一因かな。


それにしても、パパギア殉職シーンから物語が始まるとか、百怪から入った自分には
いきなりの衝撃展開(TOT)
というか、油断してたにしろあっさり死にすぎですよ、パパギアさん…_ノ乙(、ン、)_

最後にひとつ、大きな疑問が。
呪禁官の武器の一つ「硬貨」
百怪で「銀貨」だったり「金貨」だったりしてたけど、本作では「銅貨」の記述も。
場合で使い分けでもしてるのかな?



こっそりと
某所に、某アーティスト新曲のシングルの噂が出てたけど
なんでこの手のネタって、いっつも海外サイトなんだろ^^;
社会の仕組みがわからない^^;


「呪禁官 百怪ト夜行ス」「ヨグ=ソトース戦車隊」
元々ファンタジーやオカルト系は嫌いじゃなかったので、クトゥルーの名前は知っていたけど
関連作品を読んだのは、実はごく最近の話。CMFシリーズで復刊された「崑央の女王」を
表紙買いしたのがファーストコンタクト。
(細かいネタを含めば、夢幻紳士怪奇編の「蜘蛛」になるのかもしれないけど)

それ以来、CMFの新刊を定期的にチェックするようになり、ラブクラフト全集にも手を出したり…

そんなわけで^^; 今日はCMF(Cthulhu Mythus Files)の先月〜今月刊行分を、一気読み。

・呪禁官 百怪ト夜行ス
 魔術と科学が共存する世界で、魔術による犯罪を取り締まる「呪禁官」たち。
 そんな彼らが多大な犠牲を払って捕らえた、魔女集団「アラディアの鉄槌」のリーダー相沢螺旋香を
 重魔術犯専用の監獄施設「グレイプニル」まで日没までに護送する、というお話。
 当然一筋縄でいくわけも無く、妨害に次ぐ妨害、バトルそしてバトル。
 あとがきにある通り、ノンストップで楽しめる作品。
 作中に出てくる魔術も、カバラ十字、密教のマントラ、符術などバリエーションが豊富で
 否が応でも燃えてくる!
 螺旋香と一緒に護送される囚人たちもクセ者揃いで、物語に彩りを添えてくる。
 (ただし黒田リーは除くw あっさり死んだと見せかけて何かしでかす、と思いきや、普通に死んでたしw)
 序盤から怪しさ爆発だった古里織課長が、普通に悪い人だったのも、個人的には意表を突かれたw

 主人公の葉車(通称ギア)と龍頭のコンビも魅力的で、この二人をメインにしてシリーズ展開して欲しいところですね。
 あと出来れば、呪術戦を映像で見てみたい^^;

・ヨグ=ソトース戦車隊
 粗筋の「たとえ化け物でも、すがってくる赤ん坊は殺させねえ」のフレーズが印象的w
 そして、唐突に始まる物語。1台の戦車に乗り込んだ、国籍の違う5人の男たち。
 全く違う言語を話している筈なのに、何故か可能な意思疎通。
 全員過去の事は全く思い出せず、分かっている事はただ一つ
 「ヨグ=ソトースの赤ん坊を、とある神殿まで連れて行く」
 という事のみ。なんてミステリアス。
 クトゥルーや、それに追随した国々の妨害を受けながらも、神殿に向かう5人の男たち。
 そして赤ん坊を連れていた、謎の女の正体とは?
 (いやまぁ、結構分かりやすいんですけどね^^; 呪禁官読んだ直後だと、余計に^^;)
 少々強引な導入もなんのその、勢い良く最後まで読めちゃいました。

 ラストでは5人の過去も明らかになり、なかなかしんみりした展開で物語は幕を閉じる。
 …それにしても、ショゴスって美味しくいただけちゃうんですね(白目




どーにゃつ 4巻
たいがいいい年してますが、可愛い物が大好きです←唐突

魔まマ叛逆の物語が公開された時は、ベベのフィギュアがどうしても欲しくって
劇場のグッズ在庫情報をマメにチェックして、必死になってました。
ひこにゃんが流行った時期など、ちょくちょく彦根に足を運んで写真を撮りまくったりもしてました。

そんな自分が、今一番お気に入りのキャラが「どーにゃつ」
ドーナツの体をしたネコという、名前まんまなキャラでございます←基本ネコ系キャラに弱い

その原作漫画の最新刊が先日発売されたので、早速読んじゃいました。


とある事件により、遠くの土地へ飛ばされて仲間たちと離ればなれになってしまったどーにゃつ。
そこで待っていた、新たな出会いと漫才コンビの結成w
新キャラも色々登場したり、マチュマロたちの政権交代など、今後の展開が気になる内容。
次の巻が待ち遠しい♪


魔法少女まどか☆マギカ展 もう一度あなたに逢いたい…

  "Welcome to Cinema"

18MAY-01


今日は早朝から、魔まマ展へ。開場2時間半前に着いたけど、既にとんでもない行列。
白目を剥きながら、列の最後尾へ。…まぁ、物販やカフェはスルーのつもりだし問題ないよね。

10:00開場の予定が、えらく前倒しになって8:30から入場開始。
案の定、大半の人はカフェか物販の方へ。おかげで展示の方は、スムーズに見る事が出来た。
展示スペースの入り口で「譲り合って撮影ください〜」との注意があったけど
ホントにみんな、展示を見にきたというより撮影しにきた、という感じで(自分もそうだけど)
スマホを含めてカメラ持ってない人なんて、全然居ないという状況^^;
一脚&一眼レフなんて、かなり本気な方も。

展示の方は、雰囲気があって良かったですね。
BGMもBGMなので、カジウラーならかなり幸せになれるシチュエーションでしょうね。
等身大フィギュアの顔の造形は、まぁ以前よりは…というレベルでしたが。
画像は多少修正してるけど、顔色も割と白っぽかったり。



18MAY-02
ほむほむ

18MAY-11
マミさん。

18MAY-12
マミさんのおっぱいアップ…もとい、ベベ。

18MAY-19
あんさや

18MAY-18
チーズが食べたかっただけの子

18MAY-21
アルまど


…とまぁ、フィギュアはこんな感じですね。ただベベの可愛さは異常。

それ以外の展示はもう言う事無しですね。このクオリティで、また同様の展示をやって欲しい。




18MAY-04

18MAY-05
ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット()


18MAY-09

18MAY-08
偽街の子供たち。…怖いよ


18MAY-15
BGM「absolute configuration」


18MAY-16
「魔女になってやる!」


18MAY-17
「この結界が私の死に場所になるでしょう…」


18MAY-22
死ななかった



展示を2周回ってから、トークショーへ。キャストは喜多村英梨、野中藍のお二人。
登場のセリフで、いきなり噛んじゃう野中さん。開場爆笑w
「朝イチはツラいですよね…」とかいいつつ、登壇後再度セリフを^^;

かろうじて覚えてる、トークネタ
・野中さんが昨日、展示を見にきてた一般客に「どのキャラが好きですか?」と聞いた話を。
 その後、そのエピソードがTwitterに上がってる事を、スタッフさんに教えてもらう
 「10,000RTとかされてて… 私そんなにRTされた事ないです」
・叛逆の物語BDのオーディオコメンタリ、喜多村さんは最初斉藤さん・悠木さんと3人でやると
 聞かされてたけれど、土壇場で一人でやる事に。非常に戸惑ったそうです。
・さやかのブレイクダンスシーン、台本に「ハートブレイクさやか」と書かれていたらしい。
・ステージ上での会話が、実はステージ上では聞き取りにくい、との話から
 野中さん「皆さんはちゃんと聞こえてますか?」
 喜多村さん「ばーかばーか!…あ、ちゃんと聞こえてるみたいです」
 …お客さんにばかとか行っちゃダメ^^; キタエリ0点!←作品違う
・最後の挨拶では、野中さんの「あたしってホントバカ」喜多村さんの「一人じゃ寂しいもんな」
 が聞ける。序盤では野中さんの「かばん持ちみたいなもんですわぁ」も聞けた。

最後に、展示スペース付近にあった市販フィギュアのサンプルを。デビほむがなかなかいい感じで
物欲が…^^; 欲しいけど、飾るところがないよね^^;


18MAY-23

18MAY-24

18MAY-25




ブログタイトルについて
わざわざこのブログを見に来てくれる方には説明は不要でしょうが、一応。

Kalafina 1stアルバム「seventh heaven」収録
「明日の景色」
より、一番好きなフレーズの一部を拝借しております。

アルバム曲なうえ、ライブでもあまりやらないおかげでファン以外にはあまり馴染みのない曲ですが
紛れもなく名曲です。Kalafina曲では1~2を争うレベルで気に入っております。



…なぜ、突然このようなネタでブログ更新したかというと、単純にヒマだったからです←
魔まマ展の待機列で、ヒマを持て余していたもので、ついつい←


Kalafina ベスト盤発売決定
某鮫神様がブログを更新あそばしたので、自分も適当に書いてみる←

Kalafinaのベスト盤(赤盤、青盤の2種類)の発売が、とうとう公式に発表されました。
なんというか、まだアルバム4枚しか出てないのにベスト盤2枚出しちゃうとか
収録内容が色のイメージと全然合ってないよ
(青盤にred moonは仕方ないとして、Magiaやttbまで。
 そして赤盤にひかりふるとか、全くわけがわからないよ)
とか色々疑問はありますが、新曲が1曲づつ収録されてるとか
初回盤にはライブ映像収録のBDが付いてくるとか、単純に嬉しい←チョロいな君は

そして一番気になるのは、ライブ映像の選曲。
赤盤は5th記念ライブ、青盤はリスアニLIVE-4からとの事だけど全く予想がつかない。
屋根の向こうに、を入れてくれると嬉しいんだけどな。セットリストを見ながら妄想する事にしよう^^;



Kalafina、全世界待望の初ベスト盤『THE BEST』を2枚同時リリース決定!

<参考>
・5th記念ライブセットリスト
  oblivious
  love come down
  明日の景色
  夏の林檎
  interlude#01
  傷跡
  fairytale
  serenato
  ARIA
  屋根の向こうに
  ムーンフェスタ
  seventh heaven
  満天
  to the beginning
  また風が強くなった
  音楽
  君が光に変えて行く
  ひかりふる
  未来
  sprinter

・リスアニLIVE-4 セットリスト
  misterioso
  君の銀の庭
  seventh heaven
  sprinter
  音楽
  アレルヤ


続きを読む


ブログ開設〜ひとりごと
ブログを作ってみた。元々日記等書く習慣はなかったのだけれど、SNSで色々書きなぐっていると
案外、後々役に立つ事もあるんだな、と気付いた。
ただ、T○i○t○rなどではネタバレ系の書き込みは避けたいし、また文字数の制限で長文ネタも書き辛い。

その辺りはm○x○の日記を使っていたけど、あれはあれで写真の貼付けが微妙。
アルバム機能もあるけど、アップが結構面倒だったりもするのでほとんど使わなくなったし。
そして何が一番気に入らなかったというと、自分の日記に検索をかけるのが
有料サービスだけだという点。あかんこれ。

そんなこんなで、ものは試しでこのブログをやってみる事に。
初投稿は、せっかくだから梶フェス1年後の今日を狙ってみた。
色々試行錯誤して、便利に使えるようになればいいんだけど。

めざせ、K○l○f○n○某W嬢以上の更新頻度←ダメじゃん