プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
日光
日光Kalafinaライブに行った際、ライブ前に軽く観光して来ました。

DSC_7616
年季の入った電話ボックス。後で気づきましたがこの建物、国の登録有形文化財でした。日光物産商会。


DSC_7620
神橋。日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)の建造物だそうです。水も綺麗でいい眺めでした。


DSC_7621
神社の入り口に到着。まだ足の方は体力が回復してないので、いきなりの階段で若干引きましたw


DSC_7627

DSC_7629
東照宮。ライブの看板も出てました。


DSC_7633
ステージは既に設営済み。参拝時間の17時が過ぎた頃に、椅子も並べられました。


DSC_7640
三猿。このアングルだとユーモラスさが際立つ気がします。


DSC_7646
陽明門。まだ養生のビニール?が残っていたのが残念。


DSC_7655

DSC_7656
眠り猫と雀。


奥宮まで上がりましたが、階段が長い&急。さすがに今の体調では結構厳しかったです。
おかげで下りはふらふらで、必死に手すりに摑まりながら降りて来ましたw


DSC_7665

DSC_7666
すっかり疲れ果てたけど、何とか二荒山神社へ。なんか、萌えキャラが出迎えてくれましたw


DSC_7670
縁結びの狛犬と大黒様。なんか怖いよw


DSC_7674
刃渡り180cm、重量7.2kgの大太刀!デカイ(小並感


DSC_7679
良い縁の剣。光が反射してるところをカメラに収めると良い事があるとの事で、頑張ってみましたw


DSC_7682
無数の刀傷が残る、化灯篭。この灯篭、いろんな姿に変化したりしてたのを侍たちが刀で斬りつけて折檻。
無事普通の灯篭になったという言い伝えがあるそうです。


この後、出来れば中宮祠の方へも行きたかったのですが、時間が微妙なのと足に不安があったので断念。
でも、このままホテルに帰るのも勿体ないと思い、修復中の輪王寺三仏堂へ。
…いやー、まさか階段で7階まで上がる羽目になるとは思わなかったですw 景色は良かったんですけど^^;


DSC_7714
ふらふらになりながらも、二荒山神社のあたりまで戻って大猷院へ。


さすがにもう限界かなと思い、まだお昼だったのでホテルへ撤退する事に… したんですけど、駅前で
フォロワーさんとばったり。
「オススメの場所がある」という事で、まぁ歩きやすい場所らしく、お昼を食べてから連れて行ってもらう事に。


DSC_7736
たどり着いたのは田母沢御用邸記念公園。天皇陛下のご静養地として使われていたそうです。


DSC_7739

DSC_7753
いやーもう、実に静かで綺麗な場所でした。落ち着く… これ、また違う季節に来てみたいですね。


DSC_7765
敷地の至る所に防空壕が。


この後は東照宮に戻って、ライブまで待機。思ってたよりも歩けたし、綺麗なところも多かったしで
良いところですね、日光。今回山の方へは行けなかったので、また機会を作ってリベンジしたいですね…





スポンサーサイト
「そうだ、富山に行こう」
連休直前のお昼休み、ふと「ああ、お寿司食べたいなぁ… お寿司といえば富山か…」とか思いついて
何気にホテルをチェック。空いてる。しかも連休後半だとそんなにお高くない。電車もまだ席が空いてる。
というわけで、急遽富山まで小旅行する事にしました。
体力的にはまだ不安があるので、どれだけ動き回れるかの確認をメインにして、予定は軽めで。
前回富山に来た際に行くつもりだった、魚津の水族館と埋没林博物館を回る事に。
まぁ、美味しいものが食べられたらそれでOK、というノリの旅行です。


魚津水族館 公式サイト
魚津埋没林博物館 公式サイト



・1日目


IMG_5631
富山に到着。以前から気になってた、とやマルシェのお店で早速お昼ご飯。海鮮丼を。
お味噌汁に魚のアラががっつり入っていて、かなり満足度高かったです。
お昼ですけど、当然お酒も。満寿泉の雄町。フルーティでスッキリさっぱり。これは美味しいですわ…


ホテルに荷物を預けた後は、富山環水公園へ。昨年の10月に一度来てるんだけど、その時は大雨と
Kalafinaのイベント待機で、全然見て回る余裕が無かったのでリベンジ。


DSC_7295
環水公園。前に来た時は、正面橋の近く、左側の岸がイベント待機組で死屍累々といった有様でしたねw
いやぁあれは不幸な出来事であった…(豪雨とか荒天とかで)


DSC_7335
牛島閘門。有形文化財らしいです。


夜はバスに乗って、少し駅前から離れたお店までお寿司を食べに行って、この日は終了。
日本酒があまりなかったのと、ノドグロが品切れだったので不完全燃焼。翌日別のお店で
リベンジをする事にしましたw



・2日目


この日は朝から、魚津の方までお出かけ。


DSC_7354

DSC_7356
せっかくだからオーバードホールとポートラムの鉄道むすめの写真を撮りに寄り道。


DSC_7358
あいの風とやま鉄道、東滑川駅で下車。無人駅だけど、ICカードは使えるんですね。便利な世の中。


DSC_7365
駅から水族館まで、のんびり徒歩で。途中にあった早月川、水の色が本当に淡い水色で、大変綺麗でした。


DSC_7374
魚津水族館。もう看板からし美味しそうな魚しかアピールしてないw さすが富山w


DSC_7386
富山エビとか色々。


DSC_7413

DSC_7415

DSC_7416
カエルや爬虫類も結構いました。


DSC_7411
サメの水槽。


DSC_7403
リュウグウノツカイの標本!さすがに大きい。


DSC_7431
大きなウミガメも。この水族館で、47年もの間飼育されてるそうです。
水が出てくるところがお気に入りなのか、お顔が全然撮れませんでした。


DSC_7433
館内の展示を見終えると、ちょうどアザラシのショーが終わったところでした。ハルちゃん可愛い。


この後は、魚津の埋没林博物館まで徒歩で移動。
(バスもあったんですが、1時間に1本程度)


DSC_7436
少し歩いたところで、米騒動発祥の地なんていう看板が。せっかくだから寄ってみようw


DSC_7439

DSC_7441
到着。当時の蔵が残されており、石碑などが建っているだけ。まぁこんなものですかね…


DSC_7443

DSC_7445
すぐ近くに諏訪神社が。たてもん祭りという祭祀があるんですね。8月最初の週末に来れば、見れてたのか…


神社から多少歩いて、埋没林博物館に到着。


DSC_7454

DSC_7456
埋没林の展示。触ってもOKなブースも。触られまくってもうツルッツルでしたw


DSC_7460
水中展示。上から見下ろすと結構不気味な感じ。


DSC_7471
でも水槽の横から見ると、結構幻想的。


今回は行けなかったのですが、この博物館で紹介されていた洞杉とやらを一度見に行きたいですね。
山の方なので、結構大変みたいですけど…
他にも、蜃気楼の町という事で、蜃気楼に関する展示も色々とありました。


朝から8kmほど歩いたのかな?思ってたよりは歩けたので満足。
でも、さすがにほどほどに疲れたので、ここでホテル近くまで戻って今日もお寿司←
この日は無事ノドグロも食べられたので満足♪


夜に環水公園で花火大会があったので、再度出撃。前日まで天気予報が結構怪しかったんですけど
特に雨も降らず、無事開催されました。時間は10分ほどでしたけど、打ち上げ場所が結構近いおかげで
結構迫力ありました。


DSC_7481

DSC_7491

DSC_7497
本当は対岸から見るようになっているんですけど、結構人が多かったので横から。



最終日はホテルでゴロゴロ。富山ブラックだけ食べて早めに帰宅しました。

IMG_5677
めちゃくちゃ塩辛い。これは結構キッツイですね…


2泊3日の日程でしたけど、行きたいお店など全部行けたわけではないので、またライブとか関係無しに
行きたい土地ですね、富山。




興福寺〜春日大社あたりを適当に散歩
手術後初めて、カメラを持ち出してお出かけ。
(ユーフォニアムパネル撮りに行った事はあったけど)

まぁリハビリなので、ある程度勝手が分かる春日大社まで行ってきました。
秋には興福寺でKalafinaライブもありますし、下見がてらちょうど良いかなと。

興福寺を見た後、春日大社をぐるっと回って鹿の写真を撮るまでを目標にしてましたが
そこから更に、若草山のあたりから二月堂を回って、なんとか東大寺まで降りてこられました。
写真も撮りながらなので、さすがに結構疲れましたけど。
さすがに以前通りとはいきませんけど、軽く足の麻痺が出てたわりに、思ってたより動けたのは
良かったかな。
9月末には東照宮まで行く予定なので、それまでにはもっと体力回復しておきたいですねぇ…


DSC_7212
再建中の中金堂


DSC_7226

DSC_7236

DSC_7271
角が立派な牡鹿。秋には切られちゃうんですけどね^^;
今年はKalafinaライブがある頃に、角切り行事があるみたい





新春!クトゥルー初め2017
創土社さん、クトゥルー・ミュトス・ファイルのイベントへ行ってきました。
この日は小池一夫先生と菊地秀行先生の対談。実に3〜40年ぶりにお話されたとの事で、なかなか
貴重な体験が出来たと思います。
...というか、そんなレアかつ豪華なセッティングが出来るとか、創土社さん、あなたが神か。

個人的にツボだったポイントは
「まだ見ぬものを信ぜよ(by 水木しげる)」
あたりのお話ですね。お寺で胆石の痛みを消してもらった話とか、寝たきりになるんじゃないかと
言われてる状態で、寝ぼけてた勢いで普通に歩いてしまえた話とか…^^;

確かに世の中、不合理だろうが不可思議だろうが「まさか」って事は往々にしてありますもんね...
「信じる者は救われる」「あきらめたらそこで試合終了」とは良く言ったもので←


予定よりも少し早めの終了だったのはちょい残念でしたけど、良いお話が聞けました。


この後のビンゴゲームでは、これまた貴重なグッズがいただけて、何とも嬉しいイベントでした。

またそのうち、大阪でもイベントやって欲しいですね...


IMG_4697.jpg
左が現場で購入した新刊2冊。『大江山異聞』には、サイン会で菊地先生のサインをいただきました。
右がなんと、鷹木骰子先生手書きのイラストが入ったトートバッグ。洗濯してもOKとの事なので
バンバン使っていきます。




伏見稲荷、宵宮祭。
DSC_6694


毎年この時期に行われる万灯神事目当てに、伏見稲荷大社の宵宮祭に行ってまいりました。
その名の通り境内中に大量の提灯が提げられて、辺り一面真っ赤に染まるという、なんとも幽玄な
お祭り。
基本人混みが嫌いなのと、タイミングが合わなくてこれまで行けてなかったんですが、今年は
思い切って行ってみたんですが… やっぱりすごい人出でした^^;

楼門〜本殿辺りはまだよかったんですが、千本鳥居に向かう道が完全に詰まっていて、そこでしばらく
足止めを食らいました。この日はまだ気温が高くなくて助かったんですが、そうじゃなければ
道中の水分補給は必須でしたね。油断してました^^;

あと、提灯に照らし出される楼門や千本鳥居などは確かに壮観ではあるんですが、スマホの画面など
余計な光源が多いのは若干興ざめですね。
千本鳥居の中みたいな場所では、仕方ないとはいえスマホで撮影する際のライトや画面とかも
結構目に入りますし。
(某ライブみたいに、千本鳥居の中は光りもの禁止とか出来ないんですかね←)

それでもこれだけの光景はそう見られないので、機会があれば再度行きたいと思います。
今回は千本鳥居で力尽きたので、次回は山頂の方にも行ってみたいですし、翌日の本宮祭も
合わせて覗いてみたいですね。



DSC_6662
『いなり、こんこん、恋いろは。』の飛び出しいなり&うか様が。
原作も完結しちゃいましたけど、未だにこういうの置いてくれてるんですねぇ。


DSC_6714
日が暮れてきて、いい感じになってきました。


DSC_6718

DSC_6799
提灯だけでなく、数多くの行灯画も。


DSC_6748
千本鳥居の中。入り口は完全に詰まってましたけど、ここまでくればちゃんと流れてました。


DSC_6818
完全に日が暮れて、提灯に照らし出される楼門。


DSC_6836
明るいうちには無かった、うか様のパネルが!いなりのパネルも、どこかに出てたのかなぁ…