プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
パシフィック・リム:アップライジング
『パシフィック・リム:アップライジング』公式サイト



Pacific Rim Uprising - Official Trailer 2 [HD]



パシリム最新作、ようやく観てきました。
せっかくの巨大ロボットアクション映画、IMAXの大画面で観損ねたのは残念でしたけど
塚口サンサン劇場でのマサラ上映で観てきたので、非常に盛り上がって楽しかったですw
個人的に一番面白かったのは、トッピングのシーンかなw
客席からツッコミ入りまくった後に、劇中でもネイトにツッコまれるのw
基本的にマサラ上映って、クラッカーのタイミングとか予習した方が色々と捗るんですけど
初見のテンションでないと味わえないものもありますね。「イエッサー!」連呼のシーンなど
結構胸熱で叫んでましたw


映画の内容ですけど、個人的に不満だったのは、マコの扱いくらいかなぁ…
あっさり死に過ぎでしょ(-。-;
せめて戦いの中で死なせて欲しかった… 今回の事件について残してくれたものはあったけど
そこに至るまでの経過が皆無だったので、扱いがもの凄く悪く感じちゃったんですよね。

他にも、一部を除いてキャラが薄いとか(前作のロシア組とか、見た目だけで濃かったのに)
ロボの武装やアクションに外連味が足りないなど、気になる点はがあるにはあるんですけど
まぁこの辺りは趣味の問題かな、と。

東京都心の裏手にありそうな勢いの富士山(火口はマグマでグツグツ)は、ツッコむのは
野暮なんでしょうかw
最近の映画ではあまり見かけなくなった、このなんちゃってニッポンっぷりは良いですねw


ニュートについては… 思い切った事しましたね^^; それなりにファンも多そうなのに。
この件については数年前にデルトロ監督が既に発言していたらしいんですけど、全く知らな
かったので、あの展開は驚きでしたわ… アリス初登場のシーンは、まだ笑って観てましたw


とりあえず、イェーガーvsイェーガーやKAIJUとのバトルが観られたので十分満足です。
贅沢を言えば、vsイェーガー戦は相手も有人操縦だったらもっと熱かったんですけど。

一応続編も作れそうな引きでしたし、次回作にも期待したいところです。
その時は、シャオ社長には是非続投願いたいw
終盤、髪を振り乱してイェーガーを操るシーンが(ってか、ドリフト適正あったの?)
すっごく可愛かったので。





スポンサーサイト
レッド・スパロー
『レッド・スパロー』公式サイト



『レッド・スパロー』日本版予告 (2018年)



ロシアの女性スパイを描いたサスペンス作品。
叔父に才能を認められ、母と自分の生活を盾に利用される形で女性スパイとなったドミニカが
アメリカと通じているロシア政府高官(モグラ)を炙り出すために、CIAのエージェントと接触…
といった内容。
状況が状況だけに、ドミニカが祖国の為に動いているのか、それとも任務を利用して、叔父の
影響下から逃げようとしているのか、そのあたりがはっきりしないままストーリーが展開して
いくので、ハラハラ感が堪りませんでした。
前半の、スパイ養成学校でのシーンは割と退屈ではあるんですけど。

モグラ本人から「自分を突き出して、君が後を継いでくれ」などと言われたりもするんですが
結局最後は、叔父に濡れ衣を着せてモグラとして処分させ、CIAとのコネクションを保ったまま
ロシア内での自分の地位を確立する、という終わり方。
作中ではドミニカの思想など全く明かされてないので、モグラ氏と同じく親アメリカの反政府の
道へ進むのか、それとも…? といった、なんとも後味の悪い終わり方も最高でした。
実際、最後のモグラ氏も浮かない顔を見せてたように思えますし。

叔父を嵌めるのも、最初からそのつもりで動いてたのが作中で示されていたり、なかなか
不気味なキャラではあるんですよね、ドミニカ。
このあたりやら細かい展開はイマイチ初見ではついていけないところもあったので、原作を
読んで補完する事にします。

最後に、非常にどうでもいいんですけど、あのおっぱいでボリショイのプリンシパル設定は
無茶があるのでは←




ちはやふる -結び-
『ちはやふる -結び-』公式サイト


実写版ちはやふる完結編、観てきました。
原作のエピソードを上手くちりばめつつ、前2部作『上の句』『下の句』を綺麗に締めくくる
文句無しの内容でした。当初から3部作の構想だったのでは?と思えるまとまりの良さ。
前2部作を観て気に入った方なら、必見の作品だと思います。
原作よりかなりフライングですけど、話も一応きっちり締めてきてます。
さすがにもう、続編作るのは厳しいからはっきり完結しとけって事なんでしょうね^^;


キャストも前作からのメンツはもちろん、新規の役者さんも良かったですね。
個人的には、特に周防名人がハマってたなと思います。原作でも好きなキャラだったので、
ぶっちゃけもっと尺を取ってもらって、色々な周防さんが観たかったんですけどw
まぁ、話の軸がほぼ瑞沢かるた部(というか太一)なので、そもそも今回は他のキャラが
あんまり見せ場無かったんですけどね…

それでもかるたクイーンの詩暢ちゃんは、原作にもあった突然の雷雨のシーンで圧倒的な
存在感を示してましたけどw あれ、劇場内の空気が一変しましたもんw
原作を読んでたらあの展開は予想がつくんですけど、それでもインパクト凄かったですわ…w

そんなアレなシーンもありますけど、熱血あり、甘酸っぱい展開ありの良き青春映画でした。





恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』公式サイト


3月いっぱいで日本での上映権が切れるという事で、数カ所の映画館で再上映されてたので
観に行ってきました。

ポップな雰囲気のポスターなどを見てると、嬉し恥ずかしラブコメディな映画なのかな、と
思ってたんですけど、結構ガチなサスペンス復讐劇でしたわ…
とは言っても序盤は普通にラブコメ要素強めだし、全体的にコミカルな作りではありましたけど。


映画の内容は、めちゃくちゃツボでした。まずヒロインが可愛い。めちゃくちゃ可愛い。
終盤のアレも凄みと目力が半端なかったですし、可愛いだけじゃないのも良いですね。

お話の展開も、かなり好みなんですよね。喪失感のあるお話が大好きなもので←
好きになった女性が実は既婚者で子供も出来てたとか、切な過ぎますわ…
ってか、既婚女性がシンドゥールと呼ばれるメイクをする習慣がある国でこんな目に遭ったら
きっとトラウマになります私w
また、オームが死ぬシーンもめちゃくちゃ悲しい。
オーム役のシャー・ルク・カーンが良いキャラクターしてて、ものすごく魅力的だったんですよね。
一発でファンになりました←チョロい


復讐劇ではあるんですけど、視聴後明るい気持ちになれるのも、この作品の良いところです。
前半の緩いパートの存在はもちろん、エンドロールがめっちゃ楽しげなんですよね。
出演者はもちろんスタッフさんも登場して、歓声を浴びながらレッドカーペットの上を
練り歩くという非常に楽しい映像になっておりまして…
編集さんやメイクさんなど、本当に大勢のスタッフさんが楽しそうに登場されて、ほっこりします。
こういうの、もっと一般的になりませんかね^^;


エンドロール



上映権が切れるに伴い、ソフトの方も廃盤になるという話を見かけたので、慌ててBDも買いました。
Amazonではまだ普通に手に入るみたいですけど…
また劇場で観られる機会が出来れば嬉しいんですけどね。




(18.04.18追記)
BD特典のメイキング映像を観たんですが、劇中に登場する撮影スタジオのエピソードがビックリでした。
作中では

 ・70年代に建設されるが、ムケーシュが燃やす→現代編では廃墟化。オームが改修して再利用

という流れで、てっきり撮影は廃墟化前・改修後のシーンを撮った後に、実際に燃やしてから廃墟化した
スタジオのシーンを撮ったんだと思ってたんですが、実際の撮影でも

 ・スタジオのセットを作って撮影→燃やして廃墟化したシーンを撮影→セットを改修して撮影

という流れだったそうで… メイキング映像でシャー・ルクが「セットには投資した」と言ってましたが
手間暇掛けてるんですねぇ… こだわりがすごい。





リンガー

『リンガー』予告編



『ムトゥ〜踊るマハラジャ』で有名な、ラジニカーントの主演作品。
塚口サンサン劇場さんで上映されたので、観てきました。

主人公リンガーの登場シーンが、大勢の美女を従えたいきなりのダンスシーンだったり、序盤は
コミカルな展開だったりで、バーフバリ以前の自分がインド映画に持ってたイメージ通りの内容で
「そう、これこれこういうの」って感じで観てたんですけど、中盤から始まる、主人公の祖父
ラージャ・リンゲーシュワランのエピソードから、急にシリアスな内容に。
英国占領下のインドで、さまざまな妨害を受けながらも私財を投げ打ち、宗教や階層の違う人たちを
まとめて治水ダムを作ったラージャのお話なんですが、このパートは見応えありましたねぇ。
(ここがメインかってくらいに、尺もたっぷりと取ってました)

最後は現在に戻って、ダムを爆破しようとする連中とのド派手… というか、色々と無茶なアクション
バトルものに^^; 「そう、これこれこういうの」って感じで以下略


…とまぁ、割とバリエーション豊かというかごった煮感はあるんですけど、どこか筋の通った所も
感じられて、不思議とまとまりはありますね。インド映画の懐の深さなんでしょうか。
インド映画、もっと色々と観たくなりました。塚口サンサン劇場さんで色々やってくれるので
チェックしていきたいと思います。




Mona Gasolina Video Song | Lingaa | Movie Version | Rajinikanth, Anushka Shetty
現代編ヒロイン。『バーフバリ』でデーヴァセーナさんを演じられてた方ですね。
色んなコスプレが見られて良いですね (*´Д`)



En Mannavva Video Song | Lingaa | Movie Version | Rajinikanth, Sonakshi Sinha
過去編ヒロイン。こちらも素敵な方ですね (*´Д`)