プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
Kalafina 10th Anniversary LIVE 2018
Kalafina10周年記念ライブに行ってきました。
前日がかなりの大雪だったので、移動など多少の不安があったのですが、この日は天気も良く
なかなか過ごしやすい状況で助かりました。
ただ雪はそこそこ残っていたので、武道館までの道が凍っており歩くのは少し大変でしたけど。
そのおかげか、物販の方も大盛況だったようです。自分は仕事があったので開場前に着いたのですが
それでも長蛇の列でした。
スタッフさんがパンフレットを会場内で売り歩いてたり、開演後に入場する羽目になった方も
いらっしゃったようで。武道館で1dayのみのライブは初めてだし、10th記念という事でいつもより
物販に人が殺到したんでしょうね… いやぁビックリしました。

というわけで、この日は物販は諦めてとっとと入場。
ただフォロワーさんがパンフレットとリストバンドを買っておいてくれたおかげで助かりました。
せっかくのアニバーサリーライブ、やっぱり10thのリストバンドを着けて挑みたいですもんね。

バンド編成はFBMにストリングスカルテット、フルートにアコーディオン、パーカスと豪勢でしたが
ステージ構成や演出は非常にシンプル。武道館の大舞台とはいえ、今までライブハウスでやっていた
周年記念ライブを踏襲したものとなっておりました。…ステージからちょっと距離のある場所で見て
いたので、物足りない感じは多少ありましたが。

セットリストは、事前に行われた、ファンによる楽曲投票を反映した選曲。
インスト曲とアンケート後にリリースされた新曲2曲以外は、アンケートの上位曲から選ばれた
ものでした。カップリング曲やアルバム曲が多めでマニアックな時間帯もありましたが、意外と
バランスの良い選曲になっていたのではないでしょうか。
MCを極力減らし、ひたすら曲を詰め混んだおかげでライブの時間は3時間弱。実に濃い3時間でした。
序盤は3人の調子が少し気になりましたけど、途中からはほとんど気になりませんでした。

収録用カメラが入っている旨のアナウンスがあったので、きっと映像化もしてくれるんでしょうね。



ライブはほぼ定時通りに開始。overtureの『ring your bell(in the silence)』に合わせ、ステージ
後ろにある、大きく「X」の意匠が描かれた旗が開いて行く演出。やっぱりまたここに旗を、それも
「10」を意味する文字の入った旗を立てに、戻ってきてくれたのかと感慨深いものが。
節目になる10th記念ライブは、『ring your bell』からスタートしました。


最初のMC後は、ブロックはカップリング曲、アルバム曲多めのマニアックなパートでした。
『lirica』の選曲は、案の定でしたねー^^;
アンケートの「ライブで聴きたい楽曲」でも、皆さん良く書かれてますし、FJCイベントでの
人気投票ライブでも、上位でしたしね。それにしたって、15位はさすがの結果です。
個人的には、終盤の低音パートが物足りない印象だったのは、少し残念でしたけど。

久しぶりに聴く『屋根の向こうに』も堪らないものがあったんですが、直後の『光の旋律』に
全てを持っていかれました。このライブで絶対聴けるとは思っていたのですが、Kalafinaとの
出会いの曲という事で、思っていたより破壊力高かったですね… ライブでも、あれだけ何度も
聴いてる曲なのに。
自分としてはそんなに意識してはいないつもりだったんですが、10周年というシチュエーションの
影響は、相当大きかったようです。

生フルートと生パーカスが入った『夏の林檎』も、やっぱり強いですねw
一度豪華な演奏陣を経験すると、いつもの編成だとちょっと物足りなく感じるようになるのは難点^^;

『serenato』はちょっとご無沙汰の曲ですかね。かとうかなこさんのアコーディオンからの入りが
新鮮。造語パートは、以前のようにHikaruさんメインって感じでなくなったのは残念ですけど、終盤の
ハーモニーは非常に良かったですね。

このパートは『ARIA』『sprinter』の2曲で終了。
直後のMCではHikaruさんが「自分は途中参加で、この曲から始まりました」といったような事を
言われていたと思います。


MCの後は、引き続き空の境界曲から。ufotableさんが編集された空の境界の映像を、背景に
流しながらの『oblivious』でした…!これ、演者さんよりも背景映像に目がいってしまいますね^^;
主な登場人物は、ほぼ登場してたと思います。何気にアルバさんも登場してたので、満足しましたw
『君が光に変えて行く』では、バックにパーカスが入ってたんですけど、あの曲はもっと静かに
聴きたかったかな…^^;

空の境界曲の後は、まさかの『カンタンカタン』が。バンド編成での披露は今回は初めてですかね?
その次は『symphonia』で、このパートは締め。
あてもなく漫然と未来に彷徨うかのような曲と、未来への希望に満ちた曲、実に対照的な2曲でした。


この次は、終盤の盛り上げパート。『red moon』から始まり『adore』『to the beginning』
『progressive』『音楽』『heavenly blue』と、過去のアッパーパート定番曲を含んだ構成。
『progressive』は、周年記念ライブでは割と定番ではあるんですけど、いきなり来られると若干
反応が遅れちゃいますね^^; 修行が足りぬ^^;
それにしても、シングル曲とは言えノンタイアップ曲で13位の人気っぷり。
もっとライブで披露してくれても良いと思うんですけど… 周年記念ライブを除けば、昨年のめざましと
2014年の君銀ライブ、それ以前となると、AEツアーにまで遡るのでは?


アッパーパートの後は、『into the world』でいったん一区切り。
3人が退場して、インストタイムに。
かとうさんの『君の銀の庭』モチーフのフレーズと、サクちゃんの『nightmare ballet』のメロディの
掛け合いから始まったこの曲、本当最高でしたね… 次に映像ソフトからインスト曲をカットしたら
本当に許さない。前はキャンセルが間に合わなかったけど、次はそれがはっきりするまで買わないよ…
とかいうモヤモヤした思いが沸いてたりもしましたが、良い時間でした。
最近よく見かける、インストタイムを休憩時間と勘違いしてスマホ触りーのお喋りしたりだのといった
人が近くに居なかったのは、幸いでしたよ本当…


インストの後は、白いドレスを着て、白いベールのようなものを着けた3人が再登場。
物販のリングを使って結婚式でも始まるのかな?と思ってたけど、普通に曲が始まって拍子抜け←
(SNSのTLを見ても、結婚式でもやるのかと揃って皆さん思っていた模様w)
でも、ここで聴けた『ひかりふる』は最高でした… クライマックス前に軽くブレイク入ってからの
強様ドラムの入りでドキッとさせられ、久しぶりに伸ばしまくった、Keikoさんの「眩しい朝」で
もうクラクラでしたね。
その後は、ドレスを脱いでからの『百火撩乱』
イントロで吹きまくってくれた、赤木さんのフルートがメチャクチャ格好良かったですね。
あのアレンジで再収録されたCDが出たら、買います私w


10周年記念ライブ最後の曲は『アレルヤ』でした。
前回のアリーナツアーではOP曲であり、今回の投票結果も1位だったこの曲で締めるとか
なんとも良い流れでした… 事前にKeikoさんが、ラジオか何かで「(投票結果)ミラクルだった」
とか言われてましたけど、納得。

それにしても、楽曲投票の結果が『アレルヤ』が1位でカップリングの『dolce』が最下位というのは
なんとも因果というか^^; 期間限定販売の『re:oblivious』収録曲よりも順位が低いって…
同時期に発売された君銀のあおりを食らったのか、プロモーション的にはちょっと扱いが悪かった
印象があるのですけど、そのせいもあるんですかねぇ(´・ω・`)
閑話休題。


3人の退場後は、PVを背景に楽曲投票の結果が流れ、3/30から公開予定のドキュメンタリー映画の
予告映像を流してライブ終了。新譜や次のワンマンライブの告知が無かったのは寂しいですね…
最後の曲が終わった後に、ギターの是永さんが深々とお辞儀をされていたのも印象的でした。


楽曲投票の結果は、ライブが終わった後すぐにFCサイトでも記載されましたね。以下リンク。

「Kalafina 10th Anniversary LIVE 2018」楽曲投票結果


ちなみに、自分が投票した曲は

1.光の旋律
2.ring your bell
3.into the world

の3曲。最初は「この際だからライブで聴く機会の少ない曲を!」と思って考えてたんですが
これ選びきれるもんじゃねぇな、と気付いて方針変更w
「節目の記念ライブで、絶対聴いておきたい曲はなんだろう」
と思って考えると

Kalafinaを知るきっかけになった『光の旋律』
初めての武道館公演で、初聴で衝撃を受けるくらい好きになった『ring your bell』
近年のヒストリア曲ではダントツにお気に入りで、これまでの歩みとこれからを感じさせる
『into the world』

の3曲がスッと浮かんできて、すんなりと決まりました。
タイアップ曲かつ人気曲ばかりという事もあり、無事全曲聴けたので良かったです。




セットリスト(カッコ内は楽曲投票結果の順位と得票数)

1.ring your bell (16位 247票)
2.未来 (23位 185票)

 MC

3.lirica (15位 254票)
4.満天 ( 6位 332票)
5.屋根の向こうに (10位 272票)
6.光の旋律 ( 4位 368票)
7.storia (18位 240票)
8.夏の林檎 (17位 245票)
9.serenato (19位 234票)
10.ARIA ( 7位 323票)
11.sprinter ( 2位 535票)

 MC

12.oblivious ( 3位 444票)
13.傷跡 (12位 270票)
14.君が光に変えて行く (11位 270票)
15.カンタンカタン
16.symphonia (22位 192票)

 MC

17.red moon (14位 263票)
18.adore ( 5位 333票)
19.to the beginning (20位 218票)
20.progressive (13位 270票)
21.音楽 (24位 182票)
22.heavenly blue ( 9位 284票)

 MC

23.into the world ( 8位 314票)
24.君の銀の庭 Accordion solo ver. 〜nightmare ballet
25.ひかりふる (21位 209票)
26.百火撩乱

 MC

27.アレルヤ ( 1位 590票)


以上




スポンサーサイト
Kalafina with Strings Xmas Premium LIVE 2017 in ザ・シンフォニーホール
Kalafinaストリングスツアー2017を締めくくるクリスマスライブ、大阪公演に行ってました。
1日目はほぼセンター付近の良席、2日目は端の方、スピーカー近くの席でした。
1日目はさすがに聴きやすい、良い音でしたね。ライブ会場のスピーカーってパンはほとんど
振ってないと思うんですけど、それでも3人の声が上手、下手、センターにキッチリ定位して
聴こえてきましたし。
2日目の座席は悪かったですけど、さすがはシンフォニーホール。聴きづらいという事はほとんど
なく、しっかりKalafinaの音楽を堪能出来ました。聴き手である自分のメンタルも良かったのか
2日目の方が好印象なライブでした。
座席の良し悪しだけでは、ライブの印象の良し悪しは決まらいのも面白いところですね。
ライブは生ものという事を実感出来たし、2017年のライブ納めは、良いものとなりました。



セットリスト

1.dolce
2.we wish a merry Christmas

 MC

3.sapphire
4.sandpiper
5.Magia
6.blaze

 MC

7.oblivious
8.seventh heaven
9.カンタンカタン
10.Lacrimosa

 MC

11.from heaven above (1st day) / In Dulci Jubilo (2nd day)
12. deck the halls
13.Jingle Bells

 MC

14.花束
15.満天
16.百火撩乱

 MC

17.ひかりふる
18.光の旋律
19.into the world

 MC

20.Winter Wonderland

 アンコール

21.snow falling

 MC

22.have yourself a merry little Christmas





Kalafina Acoustic Tour 2017 “+ONE” in 仙台電力ホール
Kalafinaストリングスツアー2017、仙台公演。
個人的には初めての仙台…なんですが、全くのノープランで現地入りw
とりあえずライブ前に仙台城跡と瑞鳳寺・瑞鳳殿を回って、牛タンを堪能してきました。


ライブの方は… 前回参加した和田山が色々と良かったおかげで、少し物足りなかったです。
まず座席がスピーカー近くで、最後まで音のバランスがイマイチだったのが一番大きかったです。
あとは『ring your bell』のF#が出てなかったり、調子の方も微妙でしたね。
他の公演でも同様な事があったらしいので、今回もやっぱりスケジュール的には厳しかったん
ですかねぇ… 今年はXmasの枠も外したんだから、そこまで詰め込まなくても良かったのでは?
というのが正直な感想です。


セットリストは和田山公演と同じ。

MCもちょっと少なめだったかな?
Hikaruさんのご当地MCでは、仙台城跡にある護国神社と、青葉城資料展示館に行った話が。
展示館のCGシアターで見られる資料映像、10数分程度の長さだけどメチャクチャ勉強になって
オススメだそうです。
自分も前を通ったんですが、入館料がちょっとお高いかな、と思ったのでスルーしちゃいました^^;
ちなみに資料館の入り口に「ナレーターがあの神!若本規夫御大」なんて張り紙もあったので
若本ファンの方なら必見かもしれませんw

あとはグッズ(Tシャツ)のトークで、やっぱり進撃の巨人ネタがw
「急所の所は、隠したくても隠さないでください(Kalafinaのロゴが入ってるので)」
グッズトークの間、横でKeikoさんが『髪が長いと邪魔でロゴが見えない、じゃあどうする?
髪をかき上げる』みたいな事をずっとやってたのも面白かったですw
それを受けてHikaruさん
「(後ろ向きで髪をかき上げて)セクシー!と見せかけてKalafina(のロゴ)」
みたいな事も言い出して、何が何だかw
グッズの紹介トーク、いつも面白いので一度まとめて音源化・映像化してくれませんかねぇw




Kalafina Acoustic Tour 2017 “+ONE” in 和田山ジュピターホール
Kalafinaストリングスツアー2017、行ってきました。
和田山、関西ではあるけど不便な場所で、頑張れば日帰り出来そうってレベルの場所だっだので
話のネタになるかな、と思い行く事に←
残響時間2秒を謳ったホールなんですけど、でも結構お古いんでしょ?とあまり期待せずに
いたんですが、実際すごく聴きやすくて良いホールでした。後方端の席だったんですけど
全然気にならなかったですね。
ライブ中のMCでも「拍手が振ってくるよう」とか言ってたんですが、アンコールの手拍子など
後方席でもそれが体感出来ました。
ステージは低めで、前方席でも見上げる形にならず見やすそうでした。
客席にしっかり勾配がついてるので、後ろの席でも問題なし。
座席がちょっと狭いのを除けば、遠征しがいのある最高のホールでしたね。
次回また和田山公演があるなら、ちょっと無理してでも行こうと思います。


あと、ライブと関係ないんですが朝来市の市歌。
作曲と補作詩が小椋佳氏でビックリしました^^;



以下セットリストと雑感など。



セットリスト

1.storia
2.君の銀の庭

 MC

3.sapphire
4.sandpiper
5.Magia
6.blaze

 MC

7.oblivious
8.seventh heaven
9.カンタンカタン
10.Lacrimosa

 MC

11.花束
12.満天
13.百火撩乱

 MC

14.ひかりふる
15.光の旋律
16.into the world

 MC

17.believe
18.ring your bell

 アンコール

19.とんぼ

 MC

20.やさしいうた


音が良くて聴きやすかった影響もあるのか、昨年よりもはるかに完成度が上がってる気がしました。
まぁ昨年は、結構お疲れな感じの公演が多かった事もあるんですけど…^^;
セットリストも、最近おなじみの曲から久しぶりの曲までバリエーションに富んでて良かったです。
とにかく満足度の高いライブでした。

MCでは、ライブの前に竹田城へ行ってきたWakanaさんHikaruさんのお話が。
特にお城好きなHikaruさん、野面積みの石垣を見て「ヤバい、テンション上がる」とめっちゃ早足で
坂を登っていって、写真も撮りまくって来たそうですw
ライブ前日にはHikaruさん、会場近くにある焼き肉屋『太田屋』で一人焼き肉をして、やはり近くの
日帰り温泉『奥香の湯』に行かれたそうで。
地方公演のたびに、地元のお店や食を堪能して帰るHikaruさん、さすがです。

自分も太田屋さんは行きたかったのですが、タイミングが悪く準備中で入れませんでした。
次に和田山公演があれば、ぜひリベンジしたいです^^;




Kalafina with Strings in 奈良興福寺
先週の日光東照宮に引き続き、奈良興福寺、中金堂落慶再建記念ライブへ。
2日間、両日参加してきました。
気候の方はさすがに日光と大違いで、特に初日は寒いどころかムシムシするといった状況。
終演の頃には両日とも、多少冷え込んでましたけど。

ロケーションとしては結構開けた場所で、客席後方に東金堂と五重塔、ステージ後ろに再建中の
中金堂工事現場があるだけだったので、日光と比較すれば少し寂しい感じになるのかな、と思って
いたんですが… 座席がステージ側方で、ステージも五重塔も東金堂も全て見える場所という
なかなかの好ポジション。ステージ横に設置してあった、使ってるのか使ってないのかよく分からん
ライトと柱が邪魔で、演者が見にくいという難点はありましたけどw
(2日目はライトの配置が少し変わっていて、ある程度見やすくなってました)

奈良でもリハはあったんですが、日光よりかなり時間を取っていました。曲数も多めでネタバレの
度合いがすごかったです^^;
カメラも入っていて、ステージ入りのところなどもリハをしていたようなので、どこかで放映でも
してくれるんでしょうか?期待しちゃいます。

ストリングス隊は3日とも編成が変わってましたね。
ヴィオラとチェロは、3日ともそれぞれ長石さん、西方さんでしたが、ヴァイオリンは
日光:1st今野さん、2nd森本さん
奈良1日目:1st藤堂さん、2nd森本さん
奈良2日目:1st今野さん、2nd藤堂さん
という編成でした。


セットリストは、日光を含めて3日とも同じでした。
結構飛行機が飛んでたので、『満天』の時などいつ撃墜されちゃうのかとヒヤヒヤしながら
聴いたりしてましたが←
『百火撩乱』では、日光と同じく赤いライトで色んなものが焼き尽くされていましたw
MCでも「ロケーションを考えて決めた1曲」とか「咲き乱れる火」みたいな事を言っていたので
燃やす気満々じゃないですかやだーもう、ってなりましたw
(中金堂、6回焼失しているのにw)

あとセットリストが同じとはいえ、気候やロケーションが大きく違うと、受ける印象もやはり
大違いになりますね。これは面白い体験でした。

MCは日光よりも多めで、公演時間も2日とも15分オーバーという状況でした。
シャトルバスを走らせていたりした日光と違って、時間的な余裕が幾分あったんでしょうね。
覚えてるものとしては

・突然の変顔で、Wakanaさんに寄っていくKeikoさん。どうもカメムシが衣装に付いてたようで
 普通に素手で取ってました、Keikoさん。そのあとめっちゃ、手の匂いを嗅いでましたけどw

・MCの途中でいきなり、大量に焚かれるスモーク。Keikoさん結構むせてましたけど
 あれ大丈夫だったんですかね…

・公演中ずっと東金堂は開扉されてて、中に安置されている薬師如来像などが見える状況だったので
 Hikaruさんが「今、見ていいタイム」とか言って、中を見るようお客さんを促してましたw
 「○○タイム」って言い回し、好きですよねHikaruさん。

・再建中の中金堂を見学に行った時、中にいた鹿と戯れたWakanaさん。
 この時の写真が公式ブログに上がっていて、めっちゃ可愛いので皆様ご覧くださいw






最後に、一応セットリストを書いておきます。

1.storia
2.未来

 MC

3.fairytale
4.満天
5.symphonia

 MC

6.百火撩乱
7.とんぼ
8.far on the water

 MC

9.sandpiper
10.Magia
11.五月の魔法
12.夢の大地

 MC

13.into the world

 アンコール

14.やさしいうた



どうでも良い追記
 2日目終演後のアナウンス、なんかエロくなかったです?←