プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
IT/イット”それ”が見えたら、終わり。
『IT/イット”それ”が見えたら、終わり。』公式サイト


ちょっと気になってた作品で、ようやく観にいけたのですが…
ビックリ系ホラーとしてはオーソドックスな作りなのか、観てて謎の安心感が。
あと、尺の問題か続編が控えてるせいか、事件の発端などベースの部分が軽く触れられてるだけで
妙に物足りなく感じました。そのせいか観終えた後は、アトラクション的な映画だったなぁ、という
印象でしたね…
ベースが結構ダークなわりには、ビックリ系ホラーの枠を抜けられてないというか。

“IT”が子供の集団にいいようにボコられちゃうのも、妙に矮小化があって脱力でしたし。
これは映画を観る前に、原作を読んどいた方が良かったかな、と思える作品でした。

ベースが、アメリカローティーン青春ムービーなので、そっちが好きな方には合いそうですけど。
(自分はわりと苦手な方なので、余計につらいものが^^;)

続編が始まるまでに、原作を読んでおきましょうかねぇ…





スポンサーサイト
カンフー・ヨガ
『カンフー・ヨガ』公式サイト




映画『カンフー・ヨガ』 本予告


「カンフーとヨガが出会う時、1400年の秘宝が蘇る!」
…という、なんだかアレなキャッチコピーに釣られて観に行きました。
いやもう最高でしたね。ヨガあんまり関係無かったですけど^^;
あと、出てくる女優さんが軒並み美人さん。ジャッキーの趣味なんですかねぇw

序盤はわりとまとも(そう)な雰囲気で進行しますが、雪山で狼を追い払うのに
「カンフーの稽古を見せつけよう」(??????)
って言い出すあたりからが本領発揮ですかねぇ。
まぁ、とにかくテンポ良く話が進みます。細かい説明を抜きにして、いきなり場面転換しちゃう
大胆な箇所もチラホラ。
展開もスピーディーですか、ジャッキーもさすがですね。年を感じさせないキレのある動きを
見せてくれます。

一番の見どころは、ドバイでのカーチェイスシーンですかね。
スーパーカーも走り回る、無駄にゴージャスでド派手なカーアクション!
ジャッキーの乗る車には、なぜかライオンも乗ってるよ!って何故ライオンw ドバイ半端ないw




映画『カンフー・ヨガ』本編映像 "ドバイのカーチェイス”



Youtubeで公開されてる動画には収録されてませんが、カーチェイス最後のアクション、クラッシュ
してすっ飛ぶ車から事も無げに脱出する敵ボスも、かなり無茶苦茶でカッコ良いので推せます。
(無茶苦茶カッコ良いとは言ってない)

敵ボスとジャッキーの対決も、なかなか良かったです。
パワーと持久力で押されるジャッキーですが、トリッキーな動きで嫌らしく相手の足を狙いまくって
翻弄するところ、堪らんかったですね。


私利私欲で秘宝を手に入れようとする敵ボスと、歴史的な遺産は人類みんなのものだ、という
ジャッキーの対決だったんですが、二人の対決は、衝撃の結末を迎えます…
ええ… ものすごくナマステでした…


とにかく、脳死しそうなレベルでツッコミどころ満載な映画なのに、ラストであんな事されたら
完全にトドメを刺されちゃいますねw

まぁ、とにかくハッピーな気分で楽しめる愉快な作品でした。
なんかクセになったので、機会があればもう1回くらいは観ておきたいんですが…





ジオストーム
『ジオストーム』公式サイト



GEOSTORM - OFFICIAL TRAILER 2



なんとも無茶な大災害が連発する予告を見かけて、これ絶対バカ映画だなぁ、どうしたもんかなぁと
悩みつつ観に行きましたが、これがなかなか良作のエンターテイメント作品でした。
(おバカ映画なのは否定しない。落雷で建物が大爆発するシーンなど腹筋がヤバかった…)

てっきりディザスター・パニックムービーだと思ってたのですが、蓋を開けてみれば、気象コントロール
衛星の暴走に仕組まれた陰謀とは?的なサスペンスムービー。
しかもストーリーも、意外と作り込まれてる。主人公ジェイクに至っては、最後の肝心なところで
メチャクチャお間抜けなドジをするんですが、何気にその辺りの伏線というか、キャラ描写も序盤から
きっちり積み上げてるあたり、妙なこだわりを感じましたw
あのシーン、助けに来たウーテさんジェイクの事良く分かってんなー、そういやジェイクがデータ
ドライブを回収した時も彼女にだけその事を知らせてたし、以前にジェイクが衛星の管理をしてた時に
良い関係を築いてたんだろうな、という事を匂わせてくるあたりも芸が細かい。

終盤には派手なカーチェイス・アクションもあるんですが、これ絶対、災害描写よりも遥かに気合いを
入れて撮影されてると思いますw
ここでは、それまでこれといった出番のなかったシークレット・サービスのサラさんが大活躍。
むしろ彼女が主役なのでは?と言いたくなるレベルの無双っぷり。
「小さな問題を排除します」とかクールに言って、180°ターン、バックで高速走行しながら追跡車の
乗員を、事も無げに拳銃で的確に撃ち抜くシーン、あれだけでBD出たら買おうと決意しましたw
つよすぎるw

この後、先行してた黒幕のデッコムさんが、サラたちを迎え撃つために車のトランクからRPG(!)を
取り出すシーンがあるんですが、ここてっきりデッコムさんが直々にRPG撃つのかと思いましたけど
ちゃんと部下に撃たせてました。そこまで無茶な展開はさすがに避けて来ましたか…
(政府高官がサラッとRPGを持ち運んでた事から目を逸らしながら)
あと久しぶりにエド・ハリスさん拝見しましたけど、やっぱり格好良いですわぁ…
もっかい観に行こうかな←

最初に「おバカ映画なのは否定しない」と書きましたが、宇宙ステーションの自爆機能がONになる
シーンで、ちゃんと作中で「何でそんなもん付いてんの」と突っ込ませるなど、荒唐無稽なとこは
分かっててやってる節もあります。
「いいんだよ細けぇこたぁ!」
って人なら絶対楽しめる映画だと思います。


(追記)
たいがいいい年をしたデッコムさん、ジオストームを引き起こす計画に「ゼウス計画」などと
厨二丸出しなネーミングをしてましたけど、ゼウスと言えば雷。
大統領が演説を行うオーランドに雷で大災害を起こすとか、単純な陰謀だけじゃなくって
大統領に対する私怨もあったのか、とか妄想しちゃいますね。
まぁそもそも、ゼウスって天候を操る事が出来るし、そんな深読みする映画でもないしで
これは的外れでしょうけどw





ゴジラ対メカゴジラ
塚口サンサン劇場での、一連のゴジラ映画上映。
前回の『ゴジラ』『キングコング対ゴジラ』に引き続き、『シン・ゴジラ』『ゴジラ対メカゴジラ』も
観てきたので、『ゴジラ対メカゴジラ』の感想を。

これはまぁ… 結構酷かったですね。ストーリーはいちいち突っ込んでいったらキリが無いレベルだし
特撮周りもどうも… 工場地帯の爆発シーンは迫力がありましたけど、建物が壊れるシーンなどは
ミニチュアというよりハリボテといった感じで、先日観た、10年以上も前の旧作よりも見劣りする
レベルなのは結構辛いものがありました。
日本返還直後の沖縄が見られたのは貴重でしたけど、沖縄の扱いもなんとも微妙な気が。
キングシーサーを目覚めさせる歌とか、沖縄感ゼロだわ「2コーラス目も歌うんかい」とツッコミたく
なるわでもう、何が何だか。レコード売りたかったんですかねぇ。

昭和ゴジラ末期の作品ということですが、確かに末期感ありましたね…





Kalafina 10th Anniversary LIVE 2018
Kalafina10周年記念ライブに行ってきました。
前日がかなりの大雪だったので、移動など多少の不安があったのですが、この日は天気も良く
なかなか過ごしやすい状況で助かりました。
ただ雪はそこそこ残っていたので、武道館までの道が凍っており歩くのは少し大変でしたけど。
そのおかげか、物販の方も大盛況だったようです。自分は仕事があったので開場前に着いたのですが
それでも長蛇の列でした。
スタッフさんがパンフレットを会場内で売り歩いてたり、開演後に入場する羽目になった方も
いらっしゃったようで。武道館で1dayのみのライブは初めてだし、10th記念という事でいつもより
物販に人が殺到したんでしょうね… いやぁビックリしました。

というわけで、この日は物販は諦めてとっとと入場。
ただフォロワーさんがパンフレットとリストバンドを買っておいてくれたおかげで助かりました。
せっかくのアニバーサリーライブ、やっぱり10thのリストバンドを着けて挑みたいですもんね。

バンド編成はFBMにストリングスカルテット、フルートにアコーディオン、パーカスと豪勢でしたが
ステージ構成や演出は非常にシンプル。武道館の大舞台とはいえ、今までライブハウスでやっていた
周年記念ライブを踏襲したものとなっておりました。…ステージからちょっと距離のある場所で見て
いたので、物足りない感じは多少ありましたが。

セットリストは、事前に行われた、ファンによる楽曲投票を反映した選曲。
インスト曲とアンケート後にリリースされた新曲2曲以外は、アンケートの上位曲から選ばれた
ものでした。カップリング曲やアルバム曲が多めでマニアックな時間帯もありましたが、意外と
バランスの良い選曲になっていたのではないでしょうか。
MCを極力減らし、ひたすら曲を詰め混んだおかげでライブの時間は3時間弱。実に濃い3時間でした。
序盤は3人の調子が少し気になりましたけど、途中からはほとんど気になりませんでした。

収録用カメラが入っている旨のアナウンスがあったので、きっと映像化もしてくれるんでしょうね。



ライブはほぼ定時通りに開始。overtureの『ring your bell(in the silence)』に合わせ、ステージ
後ろにある、大きく「X」の意匠が描かれた旗が開いて行く演出。やっぱりまたここに旗を、それも
「10」を意味する文字の入った旗を立てに、戻ってきてくれたのかと感慨深いものが。
節目になる10th記念ライブは、『ring your bell』からスタートしました。


最初のMC後は、ブロックはカップリング曲、アルバム曲多めのマニアックなパートでした。
『lirica』の選曲は、案の定でしたねー^^;
アンケートの「ライブで聴きたい楽曲」でも、皆さん良く書かれてますし、FJCイベントでの
人気投票ライブでも、上位でしたしね。それにしたって、15位はさすがの結果です。
個人的には、終盤の低音パートが物足りない印象だったのは、少し残念でしたけど。

久しぶりに聴く『屋根の向こうに』も堪らないものがあったんですが、直後の『光の旋律』に
全てを持っていかれました。このライブで絶対聴けるとは思っていたのですが、Kalafinaとの
出会いの曲という事で、思っていたより破壊力高かったですね… ライブでも、あれだけ何度も
聴いてる曲なのに。
自分としてはそんなに意識してはいないつもりだったんですが、10周年というシチュエーションの
影響は、相当大きかったようです。

生フルートと生パーカスが入った『夏の林檎』も、やっぱり強いですねw
一度豪華な演奏陣を経験すると、いつもの編成だとちょっと物足りなく感じるようになるのは難点^^;

『serenato』はちょっとご無沙汰の曲ですかね。かとうかなこさんのアコーディオンからの入りが
新鮮。造語パートは、以前のようにHikaruさんメインって感じでなくなったのは残念ですけど、終盤の
ハーモニーは非常に良かったですね。

このパートは『ARIA』『sprinter』の2曲で終了。
直後のMCではHikaruさんが「自分は途中参加で、この曲から始まりました」といったような事を
言われていたと思います。


MCの後は、引き続き空の境界曲から。ufotableさんが編集された空の境界の映像を、背景に
流しながらの『oblivious』でした…!これ、演者さんよりも背景映像に目がいってしまいますね^^;
主な登場人物は、ほぼ登場してたと思います。何気にアルバさんも登場してたので、満足しましたw
『君が光に変えて行く』では、バックにパーカスが入ってたんですけど、あの曲はもっと静かに
聴きたかったかな…^^;

空の境界曲の後は、まさかの『カンタンカタン』が。バンド編成での披露は今回は初めてですかね?
その次は『symphonia』で、このパートは締め。
あてもなく漫然と未来に彷徨うかのような曲と、未来への希望に満ちた曲、実に対照的な2曲でした。


この次は、終盤の盛り上げパート。『red moon』から始まり『adore』『to the beginning』
『progressive』『音楽』『heavenly blue』と、過去のアッパーパート定番曲を含んだ構成。
『progressive』は、周年記念ライブでは割と定番ではあるんですけど、いきなり来られると若干
反応が遅れちゃいますね^^; 修行が足りぬ^^;
それにしても、シングル曲とは言えノンタイアップ曲で13位の人気っぷり。
もっとライブで披露してくれても良いと思うんですけど… 周年記念ライブを除けば、昨年のめざましと
2014年の君銀ライブ、それ以前となると、AEツアーにまで遡るのでは?


アッパーパートの後は、『into the world』でいったん一区切り。
3人が退場して、インストタイムに。
かとうさんの『君の銀の庭』モチーフのフレーズと、サクちゃんの『nightmare ballet』のメロディの
掛け合いから始まったこの曲、本当最高でしたね… 次に映像ソフトからインスト曲をカットしたら
本当に許さない。前はキャンセルが間に合わなかったけど、次はそれがはっきりするまで買わないよ…
とかいうモヤモヤした思いが沸いてたりもしましたが、良い時間でした。
最近よく見かける、インストタイムを休憩時間と勘違いしてスマホ触りーのお喋りしたりだのといった
人が近くに居なかったのは、幸いでしたよ本当…


インストの後は、白いドレスを着て、白いベールのようなものを着けた3人が再登場。
物販のリングを使って結婚式でも始まるのかな?と思ってたけど、普通に曲が始まって拍子抜け←
(SNSのTLを見ても、結婚式でもやるのかと揃って皆さん思っていた模様w)
でも、ここで聴けた『ひかりふる』は最高でした… クライマックス前に軽くブレイク入ってからの
強様ドラムの入りでドキッとさせられ、久しぶりに伸ばしまくった、Keikoさんの「眩しい朝」で
もうクラクラでしたね。
その後は、ドレスを脱いでからの『百火撩乱』
イントロで吹きまくってくれた、赤木さんのフルートがメチャクチャ格好良かったですね。
あのアレンジで再収録されたCDが出たら、買います私w


10周年記念ライブ最後の曲は『アレルヤ』でした。
前回のアリーナツアーではOP曲であり、今回の投票結果も1位だったこの曲で締めるとか
なんとも良い流れでした… 事前にKeikoさんが、ラジオか何かで「(投票結果)ミラクルだった」
とか言われてましたけど、納得。

それにしても、楽曲投票の結果が『アレルヤ』が1位でカップリングの『dolce』が最下位というのは
なんとも因果というか^^; 期間限定販売の『re:oblivious』収録曲よりも順位が低いって…
同時期に発売された君銀のあおりを食らったのか、プロモーション的にはちょっと扱いが悪かった
印象があるのですけど、そのせいもあるんですかねぇ(´・ω・`)
閑話休題。


3人の退場後は、PVを背景に楽曲投票の結果が流れ、3/30から公開予定のドキュメンタリー映画の
予告映像を流してライブ終了。新譜や次のワンマンライブの告知が無かったのは寂しいですね…
最後の曲が終わった後に、ギターの是永さんが深々とお辞儀をされていたのも印象的でした。


楽曲投票の結果は、ライブが終わった後すぐにFCサイトでも記載されましたね。以下リンク。

「Kalafina 10th Anniversary LIVE 2018」楽曲投票結果


ちなみに、自分が投票した曲は

1.光の旋律
2.ring your bell
3.into the world

の3曲。最初は「この際だからライブで聴く機会の少ない曲を!」と思って考えてたんですが
これ選びきれるもんじゃねぇな、と気付いて方針変更w
「節目の記念ライブで、絶対聴いておきたい曲はなんだろう」
と思って考えると

Kalafinaを知るきっかけになった『光の旋律』
初めての武道館公演で、初聴で衝撃を受けるくらい好きになった『ring your bell』
近年のヒストリア曲ではダントツにお気に入りで、これまでの歩みとこれからを感じさせる
『into the world』

の3曲がスッと浮かんできて、すんなりと決まりました。
タイアップ曲かつ人気曲ばかりという事もあり、無事全曲聴けたので良かったです。




セットリスト(カッコ内は楽曲投票結果の順位と得票数)

1.ring your bell (16位 247票)
2.未来 (23位 185票)

 MC

3.lirica (15位 254票)
4.満天 ( 6位 332票)
5.屋根の向こうに (10位 272票)
6.光の旋律 ( 4位 368票)
7.storia (18位 240票)
8.夏の林檎 (17位 245票)
9.serenato (19位 234票)
10.ARIA ( 7位 323票)
11.sprinter ( 2位 535票)

 MC

12.oblivious ( 3位 444票)
13.傷跡 (12位 270票)
14.君が光に変えて行く (11位 270票)
15.カンタンカタン
16.symphonia (22位 192票)

 MC

17.red moon (14位 263票)
18.adore ( 5位 333票)
19.to the beginning (20位 218票)
20.progressive (13位 270票)
21.音楽 (24位 182票)
22.heavenly blue ( 9位 284票)

 MC

23.into the world ( 8位 314票)
24.君の銀の庭 Accordion solo ver. 〜nightmare ballet
25.ひかりふる (21位 209票)
26.百火撩乱

 MC

27.アレルヤ ( 1位 590票)


以上