プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
劇場版はいからさんが通る 前編
『劇場版はいからさんが通る』公式サイト

子供の頃に良くアニメは見てましたね。内容はほとんど覚えてなかったですけど。
それでも、キービジュアルが公開された時に「なんか紅緒さんのイメージが違うなぁ…」とか
思ったんですが、評判が結構よさげだったので観に行きました。
実際に動いて喋ってる紅緒さんを見た第一印象は「これ完全にはいからさんだ、ダメな娘だ()」
でしたねw アニメはやっぱり、動いてるとこ見ないとダメですね^^;
あと少尉が男前過ぎですねぇ、尊過ぎてツライですわこれ。

映画を観てすぐに漫画も全巻揃えて読んだんですが、話の方も短い尺で綺麗にまとめてますね。
変に今風にアレンジせずに、まだまだ女性の社会的地位が低かった時代を、そんな事をものともせず
生き生きと駆け抜けるはいからさんの姿が、しっかり描かれていたと思います。
後半は少尉の転勤、シベリア行きもあって少ししっとりしたトーンになりますが、だいたいの
シーンで笑いをこらえるのが大変だ、ってくらいに楽しい作品でしたね。

前編は、紅緒さんが満州に到着するところまで。
続きはもう漫画で読んじゃいましたけど、それでも後編の公開が待ち遠しいです。




スポンサーサイト
ダンケルク
『ダンケルク』公式サイト


『ダンケルク』トレイラー映像


1940年に実際にあった、撤退作戦をテーマにした作品。
もちろん109シネマズエキスポシティで、IMAX上映版を観てきました。
トリミングされていない、フルサイズの映像を観られるのは日本ではここだけなので、関西在住なら
他の選択肢は無かったですね。
特に、画面の上下に大きく海と空が広がる空戦シーンは、他のシアターで見るものとは別物といって
いいくらいでした。
臨場感があるというかなんというか。一度あの絵を体験すると、他所では物足りないですね。
実際かなり好評だったようで、結構長期間に渡ってIMAXシアターでの上映が続いてましたし
一旦上映が終了するも再び期間限定で再上映をするなど、下手に新作をやるよりも集客が期待
出来るんでしょうね…^^;

内容的にも個人的にはツボにハマりまくりました。
2014年公開で一番お気に入りの作品は『インターステラー』がぶっちぎりだったんですが、今年も
また、ノーラン監督のこの作品が一番のお気に入りになりそうです。
好きなポイントを挙げてくとキリが無いので止めときますが、なんというか戦時の英雄について
考えさせられる作品でした。
スピットファイアの燃料が切れるまで、戦い続ける決意をしたファリア。紛れもなく英雄的な
行動でしたが、でもきっとその事は誰に知られる事もなく、本人は敵の捕虜となって歴史の影に
埋もれてしまった事でしょう。
Mr.ドーソン親子に同行して、ダンケルクに向かったジョージ。勇敢な事は確かなんですが
ダンケルクへ向かった多くの民間人のなかの一人でしかなく、大した役割を果たす事もなく
不慮の事故で死んでしまいました。でも、ピーターのおかげで新聞に『英雄』と取り上げられる
事になります。
敗戦を喫して帰国した兵隊が、英雄的な扱いで迎え入れられた所も象徴的ですね。
「きっと唾を吐きかけられる」と終始陰鬱だったアレックスが、歓迎ムードに気を良くするのとは
対照的に、新聞から顔を上げたトミーが見せる表情の、なんとうつろな事か。

劇中はずっと緊迫したシーンが続き、最後にようやく一息つけたと思ったら、この顔ですよw
いまいちすっきりしない終わり方ではありますけど、ついつい何度も観に行ってしまう作品でした。
12月にはソフトも出ますし、まだしばらくはリピートしそうです。




Fate/Grand order「亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」クリア
FGO1.5部、第3弾。
いやぁ、時代伝奇モノは良いですねぇ。別に歴史に詳しいわけじゃないのに、何故か妙にそそるものがw

今回の舞台はちょっと変則的で、どこかの特異点にレイシフトするわけではなくマスターの『夢』から
誘われる亜種並行世界。我々の世界と異なった時間軸での、下総国が舞台となっております。
そういうわけで、カルデアとの連絡は取れず、更に序盤ではサーヴァントの召喚も出来ないという
困った状況下でストーリーは進んでいく異色の展開。
基本的に武蔵ちゃんがメインのお話になっており、カルデアからの介入もほとんど無いおかげで
マスターの傍観者的な役割が、極めて大きくなっております。
今回は、武蔵ちゃんの最後の方のセリフにあるような「見届ける者」として、あの世界に喚ばれたのかも
しれませんね。

難易度の方は… 幾つかのクエストでゲストサーヴァントの武蔵ちゃんが強制出撃となり、フレンドさんの
サポートに頼れなかったりするので、戦力の整っていないカルデアでは苦戦するかもしれません。
あと、4・5番勝負はちょっとキツかったですね。あと一歩が削り切れずにコンティニューする羽目に。
衆合地獄さんのNP減少が痛かったですね。宝具レベル1の面子ばかりだったので、宝具が撃てずにガンガン
削られちゃいました。
他は3番勝負で長期戦になった程度で、それほど苦労はしなかったです。
ストーリーも面白かったし、林檎の配布もあったおかげで一気にクリアしちゃいました。
次回のセイレム、クトゥルフ的な展開を期待しても良いんでしょうかw 楽しみです。



IMG_3303.jpg
えっ、武蔵ちゃん橙子さんとあった事あんの!?


IMG_3309.jpg
一人称が「拙僧」で、穢土城作っちゃうとか言い出すから、てっきり天海さんが正体かと…


IMG_3320.jpg
姫さま怖可愛いw


IMG_3321.jpg
武蔵が出てくるんだから、もちろんこの人も登場。


IMG_3330.jpg
「空」は今回の重要なワードの一つですね。あとは「刃」かな。


IMG_3332.jpg
サラッとエンピレオ殿の正体をネタバレする段蔵ちゃん。


IMG_3336.jpg
終盤になってようやく、カルデアとの通信が!ホッとしましたねこれ


IMG_3364.jpg
IMG_3365.jpg
お正月の武蔵ちゃん体験イベントでは「おぬしが最高の敵に会う事など不可能」とか言われていましたが…


IMG_3350.jpg
(英霊剣豪との対決、だいたい最初に武蔵ちゃんが戦線離脱してたのは内緒だ)




Kalafina with Strings in 奈良興福寺
先週の日光東照宮に引き続き、奈良興福寺、中金堂落慶再建記念ライブへ。
2日間、両日参加してきました。
気候の方はさすがに日光と大違いで、特に初日は寒いどころかムシムシするといった状況。
終演の頃には両日とも、多少冷え込んでましたけど。

ロケーションとしては結構開けた場所で、客席後方に東金堂と五重塔、ステージ後ろに再建中の
中金堂工事現場があるだけだったので、日光と比較すれば少し寂しい感じになるのかな、と思って
いたんですが… 座席がステージ側方で、ステージも五重塔も東金堂も全て見える場所という
なかなかの好ポジション。ステージ横に設置してあった、使ってるのか使ってないのかよく分からん
ライトと柱が邪魔で、演者が見にくいという難点はありましたけどw
(2日目はライトの配置が少し変わっていて、ある程度見やすくなってました)

奈良でもリハはあったんですが、日光よりかなり時間を取っていました。曲数も多めでネタバレの
度合いがすごかったです^^;
カメラも入っていて、ステージ入りのところなどもリハをしていたようなので、どこかで放映でも
してくれるんでしょうか?期待しちゃいます。

ストリングス隊は3日とも編成が変わってましたね。
ヴィオラとチェロは、3日ともそれぞれ長石さん、西方さんでしたが、ヴァイオリンは
日光:1st今野さん、2nd森本さん
奈良1日目:1st藤堂さん、2nd森本さん
奈良2日目:1st今野さん、2nd藤堂さん
という編成でした。


セットリストは、日光を含めて3日とも同じでした。
結構飛行機が飛んでたので、『満天』の時などいつ撃墜されちゃうのかとヒヤヒヤしながら
聴いたりしてましたが←
『百火撩乱』では、日光と同じく赤いライトで色んなものが焼き尽くされていましたw
MCでも「ロケーションを考えて決めた1曲」とか「咲き乱れる火」みたいな事を言っていたので
燃やす気満々じゃないですかやだーもう、ってなりましたw
(中金堂、6回焼失しているのにw)

あとセットリストが同じとはいえ、気候やロケーションが大きく違うと、受ける印象もやはり
大違いになりますね。これは面白い体験でした。

MCは日光よりも多めで、公演時間も2日とも15分オーバーという状況でした。
シャトルバスを走らせていたりした日光と違って、時間的な余裕が幾分あったんでしょうね。
覚えてるものとしては

・突然の変顔で、Wakanaさんに寄っていくKeikoさん。どうもカメムシが衣装に付いてたようで
 普通に素手で取ってました、Keikoさん。そのあとめっちゃ、手の匂いを嗅いでましたけどw

・MCの途中でいきなり、大量に焚かれるスモーク。Keikoさん結構むせてましたけど
 あれ大丈夫だったんですかね…

・公演中ずっと東金堂は開扉されてて、中に安置されている薬師如来像などが見える状況だったので
 Hikaruさんが「今、見ていいタイム」とか言って、中を見るようお客さんを促してましたw
 「○○タイム」って言い回し、好きですよねHikaruさん。

・再建中の中金堂を見学に行った時、中にいた鹿と戯れたWakanaさん。
 この時の写真が公式ブログに上がっていて、めっちゃ可愛いので皆様ご覧くださいw






最後に、一応セットリストを書いておきます。

1.storia
2.未来

 MC

3.fairytale
4.満天
5.symphonia

 MC

6.百火撩乱
7.とんぼ
8.far on the water

 MC

9.sandpiper
10.Magia
11.五月の魔法
12.夢の大地

 MC

13.into the world

 アンコール

14.やさしいうた



どうでも良い追記
 2日目終演後のアナウンス、なんかエロくなかったです?←




日光
日光Kalafinaライブに行った際、ライブ前に軽く観光して来ました。

DSC_7616
年季の入った電話ボックス。後で気づきましたがこの建物、国の登録有形文化財でした。日光物産商会。


DSC_7620
神橋。日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)の建造物だそうです。水も綺麗でいい眺めでした。


DSC_7621
神社の入り口に到着。まだ足の方は体力が回復してないので、いきなりの階段で若干引きましたw


DSC_7627

DSC_7629
東照宮。ライブの看板も出てました。


DSC_7633
ステージは既に設営済み。参拝時間の17時が過ぎた頃に、椅子も並べられました。


DSC_7640
三猿。このアングルだとユーモラスさが際立つ気がします。


DSC_7646
陽明門。まだ養生のビニール?が残っていたのが残念。


DSC_7655

DSC_7656
眠り猫と雀。


奥宮まで上がりましたが、階段が長い&急。さすがに今の体調では結構厳しかったです。
おかげで下りはふらふらで、必死に手すりに摑まりながら降りて来ましたw


DSC_7665

DSC_7666
すっかり疲れ果てたけど、何とか二荒山神社へ。なんか、萌えキャラが出迎えてくれましたw


DSC_7670
縁結びの狛犬と大黒様。なんか怖いよw


DSC_7674
刃渡り180cm、重量7.2kgの大太刀!デカイ(小並感


DSC_7679
良い縁の剣。光が反射してるところをカメラに収めると良い事があるとの事で、頑張ってみましたw


DSC_7682
無数の刀傷が残る、化灯篭。この灯篭、いろんな姿に変化したりしてたのを侍たちが刀で斬りつけて折檻。
無事普通の灯篭になったという言い伝えがあるそうです。


この後、出来れば中宮祠の方へも行きたかったのですが、時間が微妙なのと足に不安があったので断念。
でも、このままホテルに帰るのも勿体ないと思い、修復中の輪王寺三仏堂へ。
…いやー、まさか階段で7階まで上がる羽目になるとは思わなかったですw 景色は良かったんですけど^^;


DSC_7714
ふらふらになりながらも、二荒山神社のあたりまで戻って大猷院へ。


さすがにもう限界かなと思い、まだお昼だったのでホテルへ撤退する事に… したんですけど、駅前で
フォロワーさんとばったり。
「オススメの場所がある」という事で、まぁ歩きやすい場所らしく、お昼を食べてから連れて行ってもらう事に。


DSC_7736
たどり着いたのは田母沢御用邸記念公園。天皇陛下のご静養地として使われていたそうです。


DSC_7739

DSC_7753
いやーもう、実に静かで綺麗な場所でした。落ち着く… これ、また違う季節に来てみたいですね。


DSC_7765
敷地の至る所に防空壕が。


この後は東照宮に戻って、ライブまで待機。思ってたよりも歩けたし、綺麗なところも多かったしで
良いところですね、日光。今回山の方へは行けなかったので、また機会を作ってリベンジしたいですね…