プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
シャーペンのカラー芯を
久しぶりのブログ更新。
YKライブのセットリストなども纏めたいんですが、体調が微妙だったりそうでもなかったり←
Macを立ち上げると部屋の気温も一気に上がるので、どうしても億劫になりますねぇ…^^;

ってなわけで、今日はどうでもいい小ネタをひとつ。

IMG_7388.jpg

仕事で赤鉛筆を使う機会があるんですが、社内の在庫管理が適当で、備品を使うのが
非常に面倒。ついでにいうと鉛筆を削るのも面倒だったので、数年前にシャーペンの
カラー芯を試した事がありました。
当時取引先の方が使われてたんですけど、何か書くたびにポキポキ折れてたので
よっしゃ、0.7の芯なら少しはマシじゃろ、と思って試してみたのが、上の画像右側の

『uni COLOR 0.7』

…これがまぁ、ポッキポキ折れるんですわ(白目
ノックしたそばから、先が砕ける。いつの間にやら、シャーペンの中で折れてる。
当然、何かを書くたびにポキポキと… 正直、使い物にならなかったですね…

この時はここで諦めたんですが、つい最近、リベンジしようと色々と調べて辿り着いたのが


『建築用シャープ替芯 0.9』

0,9なら多少はマシなのでは?と思って購入、今日早速試してみたんですが
これが折れない。
芯を長めに出して、強めに筆圧をかけても全然大丈夫。
っていうか、普通の黒芯よりも強くない?ってレベル。
「木材やコンクリにも書ける」という謳い文句だったんですが、確かに強度がないと
引っかかりの多い素材には書けないですよね。ポキポキ折れて。
書き味も良いし、自分の用途には十分過ぎるレベル。いい買い物をしました。


『uni COLOR』は消しゴムで消せるタイプですが、そのあたりの関係で、芯自体の強度が
全然違うんでしょうね。ちなみに『建築用シャープ替芯』は全然消せません。
(普通の色鉛筆よりも、ずっと消えにくい)

どれくらいの需要がある製品なのか分かりませんが、製造中止になりませんように…





スポンサーサイト
パシフィック・リム:アップライジング
『パシフィック・リム:アップライジング』公式サイト



Pacific Rim Uprising - Official Trailer 2 [HD]



パシリム最新作、ようやく観てきました。
せっかくの巨大ロボットアクション映画、IMAXの大画面で観損ねたのは残念でしたけど
塚口サンサン劇場でのマサラ上映で観てきたので、非常に盛り上がって楽しかったですw
個人的に一番面白かったのは、トッピングのシーンかなw
客席からツッコミ入りまくった後に、劇中でもネイトにツッコまれるのw
基本的にマサラ上映って、クラッカーのタイミングとか予習した方が色々と捗るんですけど
初見のテンションでないと味わえないものもありますね。「イエッサー!」連呼のシーンなど
結構胸熱で叫んでましたw


映画の内容ですけど、個人的に不満だったのは、マコの扱いくらいかなぁ…
あっさり死に過ぎでしょ(-。-;
せめて戦いの中で死なせて欲しかった… 今回の事件について残してくれたものはあったけど
そこに至るまでの経過が皆無だったので、扱いがもの凄く悪く感じちゃったんですよね。

他にも、一部を除いてキャラが薄いとか(前作のロシア組とか、見た目だけで濃かったのに)
ロボの武装やアクションに外連味が足りないなど、気になる点はがあるにはあるんですけど
まぁこの辺りは趣味の問題かな、と。

東京都心の裏手にありそうな勢いの富士山(火口はマグマでグツグツ)は、ツッコむのは
野暮なんでしょうかw
最近の映画ではあまり見かけなくなった、このなんちゃってニッポンっぷりは良いですねw


ニュートについては… 思い切った事しましたね^^; それなりにファンも多そうなのに。
この件については数年前にデルトロ監督が既に発言していたらしいんですけど、全く知らな
かったので、あの展開は驚きでしたわ… アリス初登場のシーンは、まだ笑って観てましたw


とりあえず、イェーガーvsイェーガーやKAIJUとのバトルが観られたので十分満足です。
贅沢を言えば、vsイェーガー戦は相手も有人操縦だったらもっと熱かったんですけど。

一応続編も作れそうな引きでしたし、次回作にも期待したいところです。
その時は、シャオ社長には是非続投願いたいw
終盤、髪を振り乱してイェーガーを操るシーンが(ってか、ドリフト適正あったの?)
すっごく可愛かったので。





レッド・スパロー
『レッド・スパロー』公式サイト



『レッド・スパロー』日本版予告 (2018年)



ロシアの女性スパイを描いたサスペンス作品。
叔父に才能を認められ、母と自分の生活を盾に利用される形で女性スパイとなったドミニカが
アメリカと通じているロシア政府高官(モグラ)を炙り出すために、CIAのエージェントと接触…
といった内容。
状況が状況だけに、ドミニカが祖国の為に動いているのか、それとも任務を利用して、叔父の
影響下から逃げようとしているのか、そのあたりがはっきりしないままストーリーが展開して
いくので、ハラハラ感が堪りませんでした。
前半の、スパイ養成学校でのシーンは割と退屈ではあるんですけど。

モグラ本人から「自分を突き出して、君が後を継いでくれ」などと言われたりもするんですが
結局最後は、叔父に濡れ衣を着せてモグラとして処分させ、CIAとのコネクションを保ったまま
ロシア内での自分の地位を確立する、という終わり方。
作中ではドミニカの思想など全く明かされてないので、モグラ氏と同じく親アメリカの反政府の
道へ進むのか、それとも…? といった、なんとも後味の悪い終わり方も最高でした。
実際、最後のモグラ氏も浮かない顔を見せてたように思えますし。

叔父を嵌めるのも、最初からそのつもりで動いてたのが作中で示されていたり、なかなか
不気味なキャラではあるんですよね、ドミニカ。
このあたりやら細かい展開はイマイチ初見ではついていけないところもあったので、原作を
読んで補完する事にします。

最後に、非常にどうでもいいんですけど、あのおっぱいでボリショイのプリンシパル設定は
無茶があるのでは←




ちはやふる -結び-
『ちはやふる -結び-』公式サイト


実写版ちはやふる完結編、観てきました。
原作のエピソードを上手くちりばめつつ、前2部作『上の句』『下の句』を綺麗に締めくくる
文句無しの内容でした。当初から3部作の構想だったのでは?と思えるまとまりの良さ。
前2部作を観て気に入った方なら、必見の作品だと思います。
原作よりかなりフライングですけど、話も一応きっちり締めてきてます。
さすがにもう、続編作るのは厳しいからはっきり完結しとけって事なんでしょうね^^;


キャストも前作からのメンツはもちろん、新規の役者さんも良かったですね。
個人的には、特に周防名人がハマってたなと思います。原作でも好きなキャラだったので、
ぶっちゃけもっと尺を取ってもらって、色々な周防さんが観たかったんですけどw
まぁ、話の軸がほぼ瑞沢かるた部(というか太一)なので、そもそも今回は他のキャラが
あんまり見せ場無かったんですけどね…

それでもかるたクイーンの詩暢ちゃんは、原作にもあった突然の雷雨のシーンで圧倒的な
存在感を示してましたけどw あれ、劇場内の空気が一変しましたもんw
原作を読んでたらあの展開は予想がつくんですけど、それでもインパクト凄かったですわ…w

そんなアレなシーンもありますけど、熱血あり、甘酸っぱい展開ありの良き青春映画でした。





石川智晶『裏窓からみえるモノ2018〜終盤のシークエンス』 in日本橋三井ホール
久しぶりに智晶さんのライブへ。
ここしばらく、平日の東京ばかりでなかなか行けなかったんですよねぇ…
2年前のFCイベント以来の、智晶さんの生歌。相変わらず、素敵な歌声でした。

まだライブでしかやってない新曲や、大好きな『GIFT』も久々に聴けたし、ラテンな雰囲気の
イントロから始まった『不完全燃焼』も堪りませんでした。

MCでは、新年の挨拶(今年初めてのイベントだったので)や、そのうち『終盤のシークエンス』
というタイトルの曲を書くと思うというお話、最近お仕事で海外に行かれた際、更新期限間近の
パスポートだったせいか顔の確認で引っかかり、「smile?」と言われて「マクドナルドか!」と
ツッコミそうになったお話、「ザビエルと藤原竜也の話、どっちが聞きたい?」から始まった
ザビエルの子孫の方のお話などが聞けました(現在は福岡で宣教師をされているとの事)。
トークの方も相変わらずな感じでした、智晶姉さん。

今年はもっと、智晶さんの歌を聴きに行きたいですね…
次のやつは早速行けない日程でしたけど(白目




セットリスト

1.私のココロはそう言ってない
2.青の中の青
3.兄妹〜aniimouto〜

 MC

4.逆光
5.読む
6.アンインストール

 MC

7.スワンの夢が意味するものは
8.Art of Fashion
9.不完全燃焼

 MC

10.landscape
11.Little Bird
12.物語の最初と最後はいらない〜左目〜
13.Respect Me 〜last message〜

 アンコール

14.GIFT