プロフィール

しゃーきち

Author:しゃーきち
Kalafina大好き。ライブ会場にしばしば出没します
美術鑑賞、映画鑑賞、写真なども少々

※基本、ネタバレ等アリアリの内容でいきたいと思います

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

繰り返す日々の中
Fate/Grand order「亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」クリア
FGO1.5部、第3弾。
いやぁ、時代伝奇モノは良いですねぇ。別に歴史に詳しいわけじゃないのに、何故か妙にそそるものがw

今回の舞台はちょっと変則的で、どこかの特異点にレイシフトするわけではなくマスターの『夢』から
誘われる亜種並行世界。我々の世界と異なった時間軸での、下総国が舞台となっております。
そういうわけで、カルデアとの連絡は取れず、更に序盤ではサーヴァントの召喚も出来ないという
困った状況下でストーリーは進んでいく異色の展開。
基本的に武蔵ちゃんがメインのお話になっており、カルデアからの介入もほとんど無いおかげで
マスターの傍観者的な役割が、極めて大きくなっております。
今回は、武蔵ちゃんの最後の方のセリフにあるような「見届ける者」として、あの世界に喚ばれたのかも
しれませんね。

難易度の方は… 幾つかのクエストでゲストサーヴァントの武蔵ちゃんが強制出撃となり、フレンドさんの
サポートに頼れなかったりするので、戦力の整っていないカルデアでは苦戦するかもしれません。
あと、4・5番勝負はちょっとキツかったですね。あと一歩が削り切れずにコンティニューする羽目に。
衆合地獄さんのNP減少が痛かったですね。宝具レベル1の面子ばかりだったので、宝具が撃てずにガンガン
削られちゃいました。
他は3番勝負で長期戦になった程度で、それほど苦労はしなかったです。
ストーリーも面白かったし、林檎の配布もあったおかげで一気にクリアしちゃいました。
次回のセイレム、クトゥルフ的な展開を期待しても良いんでしょうかw 楽しみです。



IMG_3303.jpg
えっ、武蔵ちゃん橙子さんとあった事あんの!?


IMG_3309.jpg
一人称が「拙僧」で、穢土城作っちゃうとか言い出すから、てっきり天海さんが正体かと…


IMG_3320.jpg
姫さま怖可愛いw


IMG_3321.jpg
武蔵が出てくるんだから、もちろんこの人も登場。


IMG_3330.jpg
「空」は今回の重要なワードの一つですね。あとは「刃」かな。


IMG_3332.jpg
サラッとエンピレオ殿の正体をネタバレする段蔵ちゃん。


IMG_3336.jpg
終盤になってようやく、カルデアとの通信が!ホッとしましたねこれ


IMG_3364.jpg
IMG_3365.jpg
お正月の武蔵ちゃん体験イベントでは「おぬしが最高の敵に会う事など不可能」とか言われていましたが…


IMG_3350.jpg
(英霊剣豪との対決、だいたい最初に武蔵ちゃんが戦線離脱してたのは内緒だ)




スポンサーサイト
Kalafina with Strings in 奈良興福寺
先週の日光東照宮に引き続き、奈良興福寺、中金堂落慶再建記念ライブへ。
2日間、両日参加してきました。
気候の方はさすがに日光と大違いで、特に初日は寒いどころかムシムシするといった状況。
終演の頃には両日とも、多少冷え込んでましたけど。

ロケーションとしては結構開けた場所で、客席後方に東金堂と五重塔、ステージ後ろに再建中の
中金堂工事現場があるだけだったので、日光と比較すれば少し寂しい感じになるのかな、と思って
いたんですが… 座席がステージ側方で、ステージも五重塔も東金堂も全て見える場所という
なかなかの好ポジション。ステージ横に設置してあった、使ってるのか使ってないのかよく分からん
ライトと柱が邪魔で、演者が見にくいという難点はありましたけどw
(2日目はライトの配置が少し変わっていて、ある程度見やすくなってました)

奈良でもリハはあったんですが、日光よりかなり時間を取っていました。曲数も多めでネタバレの
度合いがすごかったです^^;
カメラも入っていて、ステージ入りのところなどもリハをしていたようなので、どこかで放映でも
してくれるんでしょうか?期待しちゃいます。

ストリングス隊は3日とも編成が変わってましたね。
ヴィオラとチェロは、3日ともそれぞれ長石さん、西方さんでしたが、ヴァイオリンは
日光:1st今野さん、2nd森本さん
奈良1日目:1st藤堂さん、2nd森本さん
奈良2日目:1st今野さん、2nd藤堂さん
という編成でした。


セットリストは、日光を含めて3日とも同じでした。
結構飛行機が飛んでたので、『満天』の時などいつ撃墜されちゃうのかとヒヤヒヤしながら
聴いたりしてましたが←
『百火撩乱』では、日光と同じく赤いライトで色んなものが焼き尽くされていましたw
MCでも「ロケーションを考えて決めた1曲」とか「咲き乱れる火」みたいな事を言っていたので
燃やす気満々じゃないですかやだーもう、ってなりましたw
(中金堂、6回焼失しているのにw)

あとセットリストが同じとはいえ、気候やロケーションが大きく違うと、受ける印象もやはり
大違いになりますね。これは面白い体験でした。

MCは日光よりも多めで、公演時間も2日とも15分オーバーという状況でした。
シャトルバスを走らせていたりした日光と違って、時間的な余裕が幾分あったんでしょうね。
覚えてるものとしては

・突然の変顔で、Wakanaさんに寄っていくKeikoさん。どうもカメムシが衣装に付いてたようで
 普通に素手で取ってました、Keikoさん。そのあとめっちゃ、手の匂いを嗅いでましたけどw

・MCの途中でいきなり、大量に焚かれるスモーク。Keikoさん結構むせてましたけど
 あれ大丈夫だったんですかね…

・公演中ずっと東金堂は開扉されてて、中に安置されている薬師如来像などが見える状況だったので
 Hikaruさんが「今、見ていいタイム」とか言って、中を見るようお客さんを促してましたw
 「○○タイム」って言い回し、好きですよねHikaruさん。

・再建中の中金堂を見学に行った時、中にいた鹿と戯れたWakanaさん。
 この時の写真が公式ブログに上がっていて、めっちゃ可愛いので皆様ご覧くださいw






最後に、一応セットリストを書いておきます。

1.storia
2.未来

 MC

3.fairytale
4.満天
5.symphonia

 MC

6.百火撩乱
7.とんぼ
8.far on the water

 MC

9.sandpiper
10.Magia
11.五月の魔法
12.夢の大地

 MC

13.into the world

 アンコール

14.やさしいうた



どうでも良い追記
 2日目終演後のアナウンス、なんかエロくなかったです?←




日光
日光Kalafinaライブに行った際、ライブ前に軽く観光して来ました。

DSC_7616
年季の入った電話ボックス。後で気づきましたがこの建物、国の登録有形文化財でした。日光物産商会。


DSC_7620
神橋。日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)の建造物だそうです。水も綺麗でいい眺めでした。


DSC_7621
神社の入り口に到着。まだ足の方は体力が回復してないので、いきなりの階段で若干引きましたw


DSC_7627

DSC_7629
東照宮。ライブの看板も出てました。


DSC_7633
ステージは既に設営済み。参拝時間の17時が過ぎた頃に、椅子も並べられました。


DSC_7640
三猿。このアングルだとユーモラスさが際立つ気がします。


DSC_7646
陽明門。まだ養生のビニール?が残っていたのが残念。


DSC_7655

DSC_7656
眠り猫と雀。


奥宮まで上がりましたが、階段が長い&急。さすがに今の体調では結構厳しかったです。
おかげで下りはふらふらで、必死に手すりに摑まりながら降りて来ましたw


DSC_7665

DSC_7666
すっかり疲れ果てたけど、何とか二荒山神社へ。なんか、萌えキャラが出迎えてくれましたw


DSC_7670
縁結びの狛犬と大黒様。なんか怖いよw


DSC_7674
刃渡り180cm、重量7.2kgの大太刀!デカイ(小並感


DSC_7679
良い縁の剣。光が反射してるところをカメラに収めると良い事があるとの事で、頑張ってみましたw


DSC_7682
無数の刀傷が残る、化灯篭。この灯篭、いろんな姿に変化したりしてたのを侍たちが刀で斬りつけて折檻。
無事普通の灯篭になったという言い伝えがあるそうです。


この後、出来れば中宮祠の方へも行きたかったのですが、時間が微妙なのと足に不安があったので断念。
でも、このままホテルに帰るのも勿体ないと思い、修復中の輪王寺三仏堂へ。
…いやー、まさか階段で7階まで上がる羽目になるとは思わなかったですw 景色は良かったんですけど^^;


DSC_7714
ふらふらになりながらも、二荒山神社のあたりまで戻って大猷院へ。


さすがにもう限界かなと思い、まだお昼だったのでホテルへ撤退する事に… したんですけど、駅前で
フォロワーさんとばったり。
「オススメの場所がある」という事で、まぁ歩きやすい場所らしく、お昼を食べてから連れて行ってもらう事に。


DSC_7736
たどり着いたのは田母沢御用邸記念公園。天皇陛下のご静養地として使われていたそうです。


DSC_7739

DSC_7753
いやーもう、実に静かで綺麗な場所でした。落ち着く… これ、また違う季節に来てみたいですね。


DSC_7765
敷地の至る所に防空壕が。


この後は東照宮に戻って、ライブまで待機。思ってたよりも歩けたし、綺麗なところも多かったしで
良いところですね、日光。今回山の方へは行けなかったので、また機会を作ってリベンジしたいですね…





Kalafina with Strings in 日光東照宮
日光東照宮、陽明門平成の大修理竣工記念ライブに行ってきました。
夜間、それも山の方でのライブだったので気温が心配だったんですけど、思った程には
寒くならなくて(とはいえ結構寒い)、自分はパーカー1枚羽織るだけでなんとかしのげました^^;
ライブ前には貼るカイロも配布されたので、気温に関しては運営側も結構気を使っていたようです。

ちょっと面白かったのが、仮設トイレ。
祝日など人出の多そうな日は普段から置いてあるのか、ライブがあるので設置したのかは不明ですが
これ、電気が来てなかったんですよね。
ライブ前には既に日が落ちてるので、真っ暗闇の中で用を足すという状況にw
まぁ今時はスマホのライトがあるので、そこまで困りはしないんですけど。
ちょっと離れた所に、普通に公衆トイレもありましたしね…^^;

今回自分は物販には並ばなかったんですけど、どうやらグッズ全部売り切ったようです。
(過去ツアー分のグッズは除く)
グッズ完売、初めて見たような気がしますわ…



以下、セットリストと雑感。

1.storia
2.未来

 MC

3.fairytale
4.満天
5.symphonia

 MC

6.百火撩乱
7.とんぼ
8.far on the water

 MC

9.sandpiper
10.Magia
11.五月の魔法
12.夢の大地

 MC

13.into the world

 アンコール

14.やさしいうた



今回のセットリスト、場所柄を意識したのか、歴史秘話ヒストリア曲を全部やっちゃいました。
全14曲中4曲が同番組のED曲ということで、カラーの似た曲が多くなったのは個人的に微妙でした。
でもまぁ、こういう機会でも無いと一気に聴く機会ってなかなか無いので、それはそれで貴重だった
かもしれません。
(最後のMCで、セットリストについて「全部がクライマックス」とか言ってましたw)


音響的には、屋外ということで反響音がほとんどなく、特にストリングスは生々しい感じの音が
楽しめました。気温の影響やアレンジの効果もあるのか『満天』など、かなりソリッドでタイトな
雰囲気になっていて面白かったですね。
幸い天気もよく、曲名通り満天の星空も楽しめました。
終始分厚い雲に覆われて月すら見えなかった、唄の降る夜コンサートのリベンジを果たせた気分ですw


オリジナルアレンジでは北九州とめざましでしかやってない(多分)『百火撩乱』も披露。
ストリングスが入っていたので印象は変わりましたが、曲の展開自体はビルボードでのアレンジと
同じ感じだったと思います。

『fairytale』の時に、光輝く妖精(ライトを受けて光る虫)がKeikoさんの顔に飛び込んでいったのも
野外ライブならではのハプニングでした。


あと公演時間が1時間15分で14曲も詰め込んだので、MCは少なめでしたね。終演時間を少し
オーバーしたおかげで、最後の挨拶は結構駆け足でしたw

MCでは、Wakanaさん結構畏まった雰囲気でのトークだったんですが、Hikaruさんはフリーダム。
「みんな寒くない?スリスリしましょう、スリスリターイム!」
とか言い出して、みんなで体をさする時間にw
なんでかKeikoさんだけは、スリスリせずにスクワットしてましたけど。
まぁその直後、Wakanaさんに抱きつきにいって背中をさすってもらってましたけどねw
何なんだこの展開w


気温的に奈良興福寺はもっと緩い環境ですので、また違った雰囲気のライブになるのでしょうか?
楽しみです。





Kalafina“Harmony”~Premium LIVE vol.1~ in ビルボードライブ大阪
Kalafina公式ファンクラブ、Harmony会員限定のライブへ行ってきました。
この日は2回公演だったのですが、自分は2回目のみ参加。

お料理ワンプレート+カクテル(アルコール入りorノンアルコール)付きチケットという事で
美味しいお食事を楽しみながら、ゆったりと音楽を… とか思っていたのですが、なんというか

濃い。

こんな濃いライブは、かつてなかったんじゃなかろうか。
ドリンクの追加もしそびれたまま、ライブに没頭しちゃいました。
ライブ中は食事が出来なかったお客さんがほとんどだったみたいで、MCでもネタにされてました。
セットリストを考える時は、食事が出来るかどうかは全く考慮しなかったともw
それはさておき、時間は普段のライブよりも短めでしたけど満足度はそれ以上でした。



以下、セットリストと雑感。

1.百火撩乱

 MC

2.sapphire
3.red moon

 MC


4.夏の林檎
5.むすんでひらく
6.monochrome

 MC

7.君が光に変えていく[acoustic ver.] 〜Wakanaソロ
8.ARIA 〜Hikaruソロ
9.風の街へ 〜Keikoソロ

 MC

10.oblivious
11.interlude #2
12.sprinter
13.アレルヤ

 アンコール

14.夏の朝



今回はピアノ伴奏のみでのライブでした。プレイヤーはもちろん櫻田泰啓氏。
当然全曲がピアノアレンジver.なんですが、1曲目は、まさかの新曲『百火撩乱』
確かバンド生演奏ではまだ1回しか披露してないこの曲を、いきなりピアノアレンジで披露するとか
結構インパクトありましたね。
ピアノ1本だからって、無難なアレンジが出来る曲でお茶を濁すのではなく、出だしからこれですわ。
またこの曲に限らず、どのアレンジも「たまにはこういうのもいいよね」ってレベルではなく
「これはもっと聴きたい!音源化して!」ってレベルなのも何気に凄いですよねぇ…

そしてMCを挟んで、2ndアルバムから2曲。
『sapphire』はかなり久しぶりに演るのでは?レア曲が飛び出すのも、FCイベントの醍醐味でしょうか。
生で聴くのは、もしかしたらAfter Edenツアー以来かも。

MCを挟んで次のパートは、夏の曲からスタート。
客席の1ヶ所に封筒が仕込んであって、お客さんがそこに書かれた3曲から1曲を選ぶ、という方式でした。
封筒に書かれていたのは

・夏の朝
・夏の林檎
・屋根の向こうに

の3曲ですが、選ばれたのは『夏の林檎』
(前の部では『屋根の向こうに』だったそうです)
お客さんが考えてる間の

Keiko「慌てなくて大丈夫、そのために時間はとってあるから」
Hikaru「せやで」

ってやりとりが可愛かったですw

ここのパートは、次の『むすんでひらく』『monochrome』が印象深かったですね。
シンプルな伴奏と緩急のおかげか、通常ver.よりも疾走感があった『むすんでひらく』
跳ねたリズムでジャジーな雰囲気がアップした『monochrome』
どちらもグッと来ましたね。特に『むすんでひらく』の方は、涙無しでは聴けなかったですね…


次のパートは、なんとKalafina史上初のソロ歌唱コーナー。
1曲目はWakanaさんの『君が光に変えていく[acoustic ver.]』
これ、限定販売されたシングル『Re:oblivious』だけに収録された、結構レアなバージョンなんですよね。
(今ではmoraなど、音楽配信サイトで普通に手に入りますが)
さすがにKalafinaライブでソロ歌唱は聴けないだろうと思ってたので、これが生で聴ける日が来るとは
思ってもなかったですね。

2曲目はHikaruさんの『ARIA』
MCの「昔の声で歌いたいな、って思う事はあるけど」など、もう歌う前から込み上げて来るものが。
この日はソロ歌唱、伴奏もシンプルだという事で、普段では出来ない抑揚のつけ方や歌い方をする等
「今のARIA」をしっかりと聴かせてもらえました。
確かにあの頃の声も大事な宝物だけれど、年月をかけて積み上げてきたものは、それ以上に素敵な
宝物ですよね… 今までで最高の『ARIA』でしたよ…

3曲目はKeikoさんの『風の街へ』
これだけKalafina曲ではないんですよね。クリスマスライブとフェス系イベントを除けば、非Kalafina曲を
歌うのは to the beginningライブの『nowhere』以来になるんでしょうか。
自分は生で聴くのはこれが初めてですね。
今の歌い方ならどうなるんだろう、と気になる曲ではありましたが… ようやく聴けました。
いやぁ、この曲も心にグッと染み渡るものが…

ここの3曲、選曲はもちろんMCや雰囲気など、FCイベントならではのものだったのではないでしょうか。
プレミアムライブ、と銘打ってましたが、正直そんな陳腐化した言葉は使って欲しく無かったな、と
思えるくらいに素晴らしい時間でした。

最後はデビュー曲の『oblivious』から始まって、空の境界曲で締め。
1部ではアンコールは無かったそうですが、2部ではアンコールも。
夏の曲コーナーで出来なかった2曲から、客席の拍手で決める事になったんですが…
拍手してる人数は『屋根の向こうに』が多かったのですが「圧が違った」という事で『夏の朝』を
演る事にw 実際音量はそっちの方が大きかったですw どうやら、1部の参加者が頑張っていたそうでw
もう、自分は『屋根の向こうに』が聴きたかったのにw いや『夏の朝』もいい曲だなんですけどw


最後はそんな事もありましたが、最高のひと時が過ごせました。櫻田さんのピアノも素敵でしたしね…
こういうピアノ1本で演るライブ、もっと機会が増えれば嬉しいですね。